「ビッグバンの以前はどのようであったか」「背景放射とビッグバンとビッグバンの以前の球体」

1. 質量密度=ラブの質量÷自転軌道とする。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項1)

原子の電子のラブの質量は9.1095×1031Kgで、自転軌道は4.175×1018mです。

原子の電子のラブの質量密度は、

9.1095×1031Kg÷(4.175×1018m)=2.182×1013Kg/mです。

中性子の電子のラブの質量は9.1095×1031Kgで、自転軌道は5.05×1023mです。

中性子の電子のラブの質量密度は、

9.1095×1031Kg÷(5.05×1023m)=1.804×108Kg/mです。

原子の陽子のラブの質量は1.67265×1027Kgで、自転軌道は4.18×1018mです。

原子の陽子のラブの質量密度は、

1.67265×1027Kg÷(4.18×1018m)=4×1010Kg/mです。

中性子の陽子のラブの質量は1.67265×1027Kgで、自転軌道は9.232×1020mです。

中性子の陽子のラブの質量密度は、

1.67265×1027Kg÷(9.232×1020m)=1.812×108Kg/mです。

2. ラブのエネルギーは質量密度に比例する。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項2)

原子の電子ラブの質量密度は、2.182×1013Kg/mです。エネルギーは、8.187×1014Jです。

中性子の電子のラブの質量密度は、1.804×108Kg/mです。エネルギーは、6.791×109Jです。

原子の陽子のラブの質量密度は、4×1010Kg/mです。エネルギーは、1.5033×1010Jです。

中性子の陽子のラブの質量密度は、1.812×108Kg/mです。エネルギーは、6.791×109Jです。

エネルギー=K×質量密度とすると、

原子の電子のラブの場合。

K=エネルギー÷質量密度=8.187×1014J÷(2.182×1013Kg/m)=3.752×101Jm/Kg

中性子のラブの場合。

K=エネルギー÷質量密度=6.791×109J÷(1.804×108Kg/m)=3.764×101Jm/Kg

原子の陽子のラブの場合。

K=エネルギー÷質量密度=1.5033×1010J÷(4×1010Kg/m)=3.758×101Jm/Kg

中性子の陽子のラブの場合。

K=エネルギー÷質量密度=6.791×109J÷(1.812×108Kg/m)=3.748×101Jm/Kg

よって、K=3.75×101Jm/Kgです。

ラブのエネルギー=K×質量密度

ラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×質量密度

ラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量÷自転軌道

この事によって、ラブのエネルギーは質量密度に比例する事が理解できる。

エネルギーの高い素粒子は、質量密度が高い。

陽子のラブのエネルギーは、電子のラブのエネルギーの1836倍ですから、

陽子のラブの質量密度は、電子のラブの質量密度の1836倍です。

陽子のラブの質量密度÷電子のラブの質量密度=4×1010Kg/m÷(2.182×1013Kg/m)=1833

3. ラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量÷自転軌道の式はどのような事を現しているのか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項3)

ラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量÷自転軌道

E=ラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量÷自転軌道

E×自転軌道=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量

ラブのエネルギー×自転する距離=ラブが1自転する仕事=ラブの質量×3.75×101Jm/Kg

3.75×101Jm/Kgはどのようなことを意味するのか。

ラブ1Kgは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。

ラブ1Kgの自転軌道エネルギーは3.75×101Jmです。

Kgの陽子のラブは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。

Kgの陽子のラブの自転軌道エネルギーは3.75×101Jmです。

Kgの電子のラブは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。

Kgの電子のラブの自転軌道エネルギーは3.75×101Jmです。

・陽子のラブの自転軌道エネルギーはいくらか。

陽子のラブの自転軌道エネルギーは、陽子のラブ1個の質量は、1.67265×1027Kgですから、

3.75×101Jm/Kg×1.67265×1027Kg6.2724×1028Jmです。

この事によって、陽子のラブのエネルギーは、自転軌道によって異なる事が理解できる。

陽子のラブのエネルギー=6.2724×1028Jm÷自転軌道

陽子のラブの自転軌道が4.18×1018mのとき、陽子のラブのエネルギーは、

陽子のラブのエネルギー=6.2724×1028Jm÷自転軌道=6.2724×1028Jm÷(4.18×1018m)=1.5×1010Jです。

陽子のラブの自転軌道が1020mのとき、陽子のラブのエネルギーは、

陽子のラブのエネルギー=6.2724×1028Jm÷自転軌道=6.2724×1028Jm÷1020m=6.2724×108Jです。

・電子のラブの自転軌道エネルギーはいくらか。

電子のラブの自転の軌道エネルギーは、

3.75×101Jm/Kg×9.1095×1031Kg3.416×1031Jmです。

この事によって、電子のラブのエネルギーは、自転軌道によって異なる事が理解できる。

電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷自転軌道

電子のラブの自転軌道が4.18×1018mのとき、電子のラブのエネルギーは、

電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷自転軌道=3.416×1031Jm÷(4.18×1018m)=8.172×1014Jです。

電子のラブの自転軌道が1020mのとき、電子のラブのエネルギーは、

電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷自転軌道=3.416×1031Jm÷1020m=3.416×1011Jです。

・陽子のラブの公転の軌道エネルギーはいくらか。

自転軌道の式から公転軌道の式を導く。

E3.75×101Jm/Kg×陽子のラブの質量÷自転軌道

陽子のラブの自転軌道=3.14×公転軌道÷1公転するときの自転数=3.14×公転軌道÷(4.34×104

E3.75×101Jm/Kg×陽子のラブの質量÷自転軌道=3.75×101Jm/Kg×陽子のラブの質量÷{3.14×公転軌道÷(4.34×104)}=5.183×103Jm/Kg×陽子のラブの質量÷公転軌道

陽子のラブのエネルギー=5.183×103Jm/Kg×陽子のラブの質量÷公転軌道

陽子のラブのエネルギー×公転軌道=5.183×103Jm/Kg×陽子のラブの質量

この事によって理解できる事。

Kgの陽子のラブの公転の仕事は5.183×103Jmである。

Kgの陽子のラブの公転の軌道エネルギーは、5.183×103Jmである。

1個の陽子のラブの公転軌道エネルギーはいくらか。

陽子のラブ1個の質量は、1.67265×1027Kgですから、

陽子のラブのエネルギー×公転軌道=5.183×103Jm/Kg×陽子のラブの質量=5.183×103Jm/Kg×1.67265×1027Kg8.669×1024Jm

陽子のラブの公転軌道エネルギーは、8.669×1024Jmです。

・電子のラブの公転の軌道エネルギーはいくらか。

自転軌道の式から公転軌道の式を導く。

E3.75×101Jm/Kg×電子のラブの質量÷自転軌道

電子のラブの自転軌道=3.14×公転軌道÷1公転するときの自転数=3.14×公転軌道÷(7.96×107

E3.75×101Jm/Kg×電子のラブの質量÷自転軌道=3.75×101Jm/Kg×電子のラブの質量÷{3.14×公転軌道÷(7.96×107)}=9.506×106Jm/Kg×電子のラブの質量÷公転軌道

電子のラブのエネルギー=9.506×106Jm/Kg×電子のラブの質量÷公転軌道

電子のラブのエネルギー×公転軌道=9.506×106Jm/Kg×電子のラブの質量

この事によって理解できる事。

Kgの電子のラブの公転の仕事は9.506×106Jmである。

Kgの電子のラブの公転軌道エネルギーは、9.506×106Jmである。

1個の電子のラブの公転の軌道エネルギーはいくらか。

電子のラブ1個の質量は、9.10938×1031Kgですから、

電子のラブのエネルギー×公転軌道=9.506×106Jm/Kg×電子のラブの質量=9.506×106Jm/Kg×9.10938×1031Kg8.659×1024Jm

電子のラブの公転軌道エネルギーは、8.659×1024Jmです。

これを表に示す。但しE=ラブのエネルギーです。

 

電子のラブ

陽子のラブ

3.75×101Jm/Kgの意味

Kgの電子のラブは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。

Kgの電子のラブの自転の軌道エネルギーは3.75×101Jmです。

Kgの陽子のラブは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。

Kgの陽子のラブの自転の軌道エネルギーは3.75×101Jmです。

E=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量密度

電子のラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×電子のラブの質量÷自転軌道

陽子のラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×陽子のラブの質量÷自転軌道

1個のラブの自転軌道エネルギー=E×自転軌道=3.75×101Jm/Kg×ラブの質量=ラブの自転軌道エネルギー

電子のラブのエネルギー×自転軌道=3.75×101Jm/Kg×9.1095×1031Kg3.416×1031Jm

陽子のラブのエネルギー×自転軌道=3.75×101Jm/Kg×1.67265×1027Kg6.2724×1028Jm

E3.75×101Jm/Kg×ラブの質量÷(3.14×公転軌道÷1公転するときの自転数)

電子のラブのエネルギー=9.506×106Jm/Kg×電子のラブの質量÷公転軌道

陽子のラブのエネルギー=5.183×103Jm/Kg×陽子のラブの質量÷公転軌道

E×公転軌道=3.75×101Jm/Kg÷3.14×1公転するときの自転数=ラブの公転軌道エネルギー

電子のラブのエネルギー×公転軌道=9.506×106Jm/Kg×電子のラブの質量=9.506×106Jm/Kg×9.10938×1031Kg8.659×1024Jm

陽子のラブのエネルギー×公転軌道=5.183×103Jm/Kg×陽子のラブの質量=5.183×103Jm/Kg×1.67265×1027Kg8.669×1024Jm

4. ラブのエネルギーは質量密度に比例する。ラブのエネルギー=3.75×101Jm/Kg×質量密度です。この事は何を意味するか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項4)

ラブのエネルギー=K×質量密度

質量密度=ラブのエネルギー×1/K

1/Kはラブのエネルギーが質量密度に変換する変換率です。

1/K1÷(3.75×101Jm/Kg)=2.667K/Jm

2.667K/Jmはラブのエネルギーが質量密度に変換する変換率です。

質量密度=ラブのエネルギー×1/K=ラブのエネルギー×2.667K/Jm

ラブの質量÷自転軌道=ラブのエネルギー×2.667K/Jm

ラブのエネルギー×自転軌道=ラブの質量÷2.667K/Jm

ラブのエネルギー×自転軌道=ラブの質量×0.375J/Kg

ラブの質量=ラブのエネルギー×自転軌道×2.667K/Jm

陽子のラブの場合。

ラブの質量=ラブのエネルギー×自転軌道×2.667K/Jm

ラブの質量=3.416×1031Jm×2.667K/Jm9.11×1031Kg

即ち、2.667K/Jmが意味することは、自転軌道エネルギー1Jm2.667Kgに変換するということです。

5. 質量はどのようにしてできたか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項5)

宇宙の原初質量はなかった。エネルギーはあったが質量はなかった。それでは質量はどのようにしてできたのか。

質量はエネルギーから生まれた。ビッグバンの以前、存在したのはエネルギーだけであった。それが、ビッグバンによって、エネルギーは絶対0度の空間に放出した。エネルギーは、急に冷えたので、固体になり、質量に変身した。

ビッグバンの以前、存在したのは光子のエネルギーであった。

そして、ビッグバンの時、光子のエネルギーは質量に変換した。

Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換した。

ビッグバンの以前1Jmの自転軌道エネルギーの光子が、ビッグバンの時2.667Kgの質量になった。

6. 質量は普遍である。質量普遍の法則。陽子のラブの質量は1.67265×1027Kgで普遍です。電子のラブの質量は9.10938×1031Kgで普遍です。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項6)

ビッグバンの以前光子であったエネルギーが、ビッグバンの時、絶対0度の空間に放出したので、質量に変換した。それで、陽子のラブの質量ができた。電子のラブの質量ができた。それ故、質量はビッグバンの以前のエネルギーをポテンシャルエネルギーとしてその中に持っている。

ビッグバンの時できた質量(陽子のラブの質量と電子のラブの質量)は再びエネルギーには換元されない。その質量をエネルギーに換元するためには、ビッグバンの以前のエネルギーに成る必要があるからです。

この事によって、陽子のラブの質量は一定であり、質量普遍の法則が成立します。電子のラブの質量は一定であり、質量普遍の法則が成立します。

7. ビッグバンの以前のエネルギーが存在しなかったら、陽子のラブの質量は誕生できなかった。電子のラブの質量は誕生できなかった。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項7)

陽子のラブの質量はビッグバンの以前の光子のエネルギーをその中にポテンシャルエネルギーとして持っている。

電子のラブの質量はビッグバンの以前の光子のエネルギーをその中にポテンシャルエネルギーとして持っている。

8. もし、ビッグバンの時、陽子のラブのエネルギーが1Jであったとしたならば、陽子のラブの自転軌道はいくらで、どれ位の質量ができたか。電子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらで、どれ位の質量ができたか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項8)

・もし、ビッグバンの時、陽子のラブのエネルギーが1Jであったとしたならば、陽子のラブの自転軌道は、

陽子のラブの自転軌道エネルギー÷エネルギー=6.2724×1028Jm÷1J=6.2724×1028mです。

その時できた質量は、1Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換するから、

J×6.2724×1028m÷1Jm×2.667Kg1.6728×1027Kgです。

・もし、ビッグバンの時、陽子のラブのエネルギーが1Jであったとしたならば、

電子のラブのエネルギーは、1J÷18365.446×104Jです。

電子のラブの自転軌道は、

電子のラブの自転軌道エネルギー÷エネルギー=3.416×1031Jm÷(5.446×104J)=6.2725×1028mです。

その時できた質量は、1Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換するから、

5.44×104J×6.2725×1028m÷1Jm×2.667Kg9.11×1031Kgです。

この事によって、ビッグバンの時できた陽子のラブの自転軌道と電子のラブの自転軌道は等しいことが理解できる。

・ビッグバンの時できた陽子のラブのエネルギーを1Jとすると、地上の陽子のラブのエネルギーの何倍のエネルギーであるか。

地上の陽子のラブのエネルギーは1.5×1010Jですから、

J÷(1.5×1010J)=6.667×109倍のエネルギーです。

この陽子のラブの自転軌道は地上の陽子のラブの自転軌道の何分の1か。

地上の陽子のラブの自転軌道は4.18×1018mですから、

6.2724×1028m÷(4.18×1018m)=1.5×1010

1÷(1.5×1010)=6.667×109分の1です。

しかし、陽子のラブの質量は、ビッグバンの時も、現在の地上でも同じです。

・ビッグバンの時できた電子のラブのエネルギーを5.446×104Jとすると、地上の電子のラブのエネルギーの何倍のエネルギーであるか。

地上の電子のラブのエネルギーは8.187×1014Jですから、

5.446×104J÷(8.187×1014J)=6.652×109倍のエネルギーです。

この電子のラブの自転軌道は地上の電子のラブの自転軌道の何分の1か。

地上の電子のラブの自転軌道は4.18×1018mですから、

6.2725×1028m÷(4.18×1018m)=1.5×1010

1÷(1.5×1010)=6.667×109分の1です。

しかし、電子のラブの質量は、ビッグバンの時も、現在の地上でも同じです。

9. もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1010倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらか。何Kgの質量ができたか。電子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらか。何Kgの質量ができたか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項9)

・もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1010倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは、1.5×1010J×10101.5Jです。

この陽子のラブの自転軌道は、

陽子のラブの自転軌道エネルギー÷陽子のラブのエネルギー=6.2724×1028Jm÷(1.5J)=4.182×1028mです。

この自転軌道エネルギーで、何Kgのラブの質量ができるか。

Jmの自転軌道は2.667Kgに変換するから、できる陽子のラブの質量は、

陽子のラブのエネルギー×陽子のラブの自転軌道÷1Jm×2.667Kg1.5J×4.182×1028m÷1Jm×2.667Kg1.673×1027Kgです。

よって、もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1010倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは1.5Jで、自転軌道は4.182×1028mで、この自転軌道エネルギーは1.673×1027Kgに変換する。

・もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1010倍であるとすると、電子のラブのエネルギーは、8.187×1014J×10108.187×104Jです。

この電子のラブの自転軌道は、

電子のラブの自転軌道エネルギー÷電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷(8.187×104J)=4.172×1028mです。

このエネルギーで、何Kgのラブの質量ができるか。

Jmの自転軌道は2.667Kgに変換するから、できる電子のラブの質量は、

電子のラブのエネルギー×電子のラブの自転軌道÷1Jm×2.667Kg8.187×104J×4.172×1028m÷1Jm×2.667Kg9.110×1031Kgです。

よって、もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1010倍であるとすると、電子のラブのエネルギーは8.187×104Jで、自転軌道は4.172×1028mで、この自転軌道エネルギーは9.11×1031Kgに変換する。

10. もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1011倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらか。何Kgの質量ができたか。電子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらか。何Kgの質量ができたか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項10)

私は、2005118日に提出した特願2005352642において、電子のラブの公転軌道を104才の宇宙の場では1019m、103才の宇宙の場では1020m、としています。そして、ビッグバンの以前の電子のラブの公転軌道は1021mとしています。

もし、ビッブバンの時、電子のラブの公転軌道が1021mであるとすると、その場のエネルギーは地上の、1011倍です。

・もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1011倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは、1.5×1010J×10111.5×10Jです。

この陽子のラブの自転軌道は、

6.2724×1028Jm÷15J4.182×1029mです。

この自転軌道エネルギーで、何Kgのラブの質量ができるか。

Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換する。

できる質量=ラブの自転軌道エネルギー÷1Jm×2.667K

陽子のラブの自転の軌道エネルギーは、6.2724×1028Jmですから、この自転軌道エネルギーはどれ位の質量に変換するか。

6.2724×1028Jm÷1Jm×2.667Kg1.6728×1027Kg

1.6728×1027Kgに変換する。

よって、もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1011倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは15Jで、自転軌道は4.182×1029mで、この自転軌道エネルギーは1.6728×1027Kgに変換する。

・もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1011倍であるとすると、電子のラブのエネルギーは、8.187×1014J×10118.187×103Jです。

この電子のラブの自転軌道は、

3.416×1031Jm÷(8.187×103J)=4.172×1029mです。

この自転軌道エネルギーで、何Kgのラブの質量ができるか。

Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換する。

電子のラブの自転軌道エネルギーは、3.416×1031Jmですから、この自転軌道エネルギーはどれ位の質量に変換するか。

3.416×1031Jm÷1Jm×2.667Kg9.11×1031Kg

9.11×1031Kgに変換する。

よって、もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1011倍であるとすると、電子のラブのエネルギーは8.187×103Jで、自転軌道は4.172×1029mで、この自転軌道エネルギーは9.11×1031Kgに変換する。

11. もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1013倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらか。何Kgの質量ができたか。電子のラブのエネルギーはいくらで、自転軌道はいくらか。何Kgの質量ができたか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項11)

私は、2005118日に提出した特願2005352642において、電子のラブの公転軌道を、104才の宇宙の場では1019m、103才の宇宙の場では1020mとしています。それで、102才の宇宙の場では1021m、10才の宇宙の場では1022m、1才の宇宙の場では1023mとし、ビッグバンの時は1023mとします。

もし、ビッブバンの時、電子のラブの公転軌道が1023mであるとすると、その場のエネルギーは地上の、1013倍です。

・もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1013倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは、1.5×1010J×10131.5×103Jです。

この陽子のラブの自転軌道は、

6.2724×1028Jm÷(1.5×103J)=4.182×1031mです。

この自転軌道エネルギーで、何Kgのラブの質量ができるか。

Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換する。

陽子のラブの自転の軌道エネルギーは、6.2724×1028Jmですから、この軌道エネルギーはどれ位の質量に変換するか。

6.2724×1028Jm÷1Jm×2.667Kg1.6728×1027Kg

1.6728×1027Kgに変換する。

よって、もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1013倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは1.5×103Jで、自転軌道は4.182×1031mです。この自転軌道エネルギーは1.6728×1027Kgに変換する。

もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1013倍であるとすると、電子のラブのエネルギーは、8.187×1014J×10138.187×101Jです。

この電子のラブの自転軌道は、

3.416×1031Jm÷(8.187×101J)=4.172×1031mです。

この自転軌道エネルギーで、何Kgのラブの質量ができるか。

Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換する。

電子のラブの自転軌道エネルギーは、3.416×1031Jmですから、この自転軌道エネルギーはどれ位の質量に変換するか。

3.416×1031Jm÷1Jm×2.667Kg9.11×1031Kg

9.11×1031Kgに変換する。

よって、もし、ビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1013倍であるとすると、電子のラブのエネルギーは8.187×101Jで、自転軌道は4.172×1031mです。この自転軌道エネルギーは9.11×1031Kgに変換する。

12. ビッグバンの時、陽子のラブの質量となった自転軌道エネルギーを陽子のラブの光子と名づける。電子のラブの質量になった自転軌道エネルギーを電子のラブの光子と名づける。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項12)

ビッグバンの時、陽子のラブの質量となったエネルギーには質量が無かった。質量の無いエネルギーの粒子は光子です。それ故、ビッグバンの時、陽子のラブの質量となったエネルギーは光子です。この光子を陽子のラブの光子と名づける。

ビッグバンの時、電子のラブの質量となったエネルギーには質量が無かった。質量の無いエネルギーの粒子は光子です。それ故、ビッグバンの時、電子のラブの質量となったエネルギーは光子です。この光子を電子のラブの光子と名づける。

ビッグバンの以前、存在したのは、陽子のラブの光子と電子のラブの光子です。

陽子のラブの光子は自転していた。電子のラブの光子は自転していた。

陽子のラブの光子の自転軌道エネルギーが陽子のラブの質量になった。

電子のラブの光子の自転軌道エネルギーが電子のラブの質量に成った。

陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jmが陽子のラブの質量になった。

電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jmが電子のラブの質量になった。

13. 陽子のラブの光子と電子のラブの光子はどのようにできたか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項13)

石を溶かし蒸発させる電気光子の束(集合体)が陽子のラブの光子になったと考える。石を溶かし蒸発させる電気の光子の束(集合体)が電子のラブの光子になったと考える。

珪素の融点は1412℃で、沸点は3266℃です。

それで、石を溶かし沸騰させる電気の光子1個のエネルギーを電気の光子1個のエネルギーとする。

電気の光子1個のエネルギー×電気の光子1個のエネルギー=3266

(電気の光子1個のエネルギー)23266

電気の光子1個のエネルギー=(3266℃)1/2=5.351×10

1℃=274K274×1.38065×1023J=3.783×1021J

よって、電気の光子1個のエネルギー=5.351×10℃×3.783×1021J2.024×1019J

この石を溶かす電気の光子のエネルギー(2.024×1019J)を電気の光子1個のエネルギーとする。この電気の光子が束になって(集合して)、陽子のラブの光子と電子のラブの光子ができたと考える。

それでは、例えば、ビッグバンの時、陽子のラブのエネルギーが1Jで、電子のラブのエネルギーが5.446×104Jであったとします。

ビッグバンの以前、陽子のラブの光子のエネルギーは、2.024×1019Jの電気の光子が何個集まったものか。

電気の光子が、1J÷(2.024×1019J)=4.941×1018個集まったものです。

ビッグバンの以前、電子のラブの光子のエネルギーは、2.024×1019Jの電気の光子が何個集まったものか。

電気の光子が、5.446×104J÷(2.024×1019J)=2.691×1015個集まったものです。

電気の光子の数=ラブの光子のエネルギー÷(2.024×1019J)です。

14. 陽子のラブの秒速と電子のラブの秒速はどのような式で求められるか。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項14)

陽子のラブの秒速=3.14×陽子のラブの公転軌道×1秒間の公転数=3.14×8.665×1024Jm÷陽子のラブのエネルギー×4.34×104×7.96×107回=9.4×1011Jm÷陽子のラブのエネルギー

電子のラブの秒速=3.14×電子のラブの公転軌道×1秒間の公転数=3.14×8.665×1024Jm÷電子のラブのエネルギー×(7.96×107回)21.724×107Jm÷電子のラブのエネルギー

陽子のラブの秒速=3.14×陽子のラブの公転軌道×1秒間の公転数=3.14×陽子のラブの公転軌道×4.34×104×7.96×107回=1.085×1013×陽子のラブの公転軌道

電子のラブの秒速=3.14×電子のラブの公転軌道×1秒間の公転数=3.14×電子のラブの公転軌道×(7.96×107回)21.990×1016×電子のラブの公転軌道

陽子のラブの秒速=9.4×1011Jm÷陽子のラブのエネルギー=1.085×1013×陽子のラブの公転軌道

電子のラブの秒速=1.724×107Jm÷電子のラブのエネルギー=1.990×1016×電子のラブの公転軌道

15. 電子のラブの秒速は陽子のラブの秒速の何倍か。(20061230日に提出した、特願2006357550.「請求項15)

電子のラブの公転軌道は、陽子のラブの公転軌道の1836倍ですから、

電子のラブの秒速÷陽子のラブの秒速=1.990×1016×電子のラブの公転軌道÷(1.085×1013×陽子のラブの公転軌道)=1.990×1016×陽子のラブの公転軌道×1836÷(1.085×1013×陽子のラブの公転軌道)=3.368×106=(1.835×1032

電子のラブの秒速は常に陽子のラブの秒速の3.368×106倍です。これは、質量比の2乗分の1です。引力比分の1です。

これらの事を表にして示す。

ビッグバンのときの場の様子。

ビッグバンの場は、地上の何倍のエネルギーか。

6.67×109

1010

1011

1013

陽子のラブのエネルギー

J

1.5J

15J

1.5×103J

陽子のラブの自転軌道

6.272×1028

4.182×1028

4.182×1029

4.182×1031

できた陽子のラブの質量

1.6728×1027Kg

1.673×1027Kg

1.6728×1027Kg

1.6728×1027Kg

陽子のラブの秒速

9.4×1011

6.267×1011

6.267×1012

6.267×1014

電子のラブのエネルギー

5.446×104J

8.187×104J

8.187×103J

8.187×101J

電子のラブの自転軌道

6.2725×1028

4.172×1028

4.172×1029

4.172×1031

できた電子のラブの質量

9.11×1031Kg

9.11×1031Kg

9.11×1031Kg

9.11×1031Kg

電子のラブの秒速

3.166×104

2.106×104

2.106×105

2.106×107

ビッグバンの以前の様子。

陽子のラブの光子のエネルギー

J

1.5J

15J

1.5×103J

2.024×1019Jの電気の光子は何個か。

4.941×1018

7.411×1018

7.411×1019

7.411×1021

電子のラブの光子のエネルギー

5.466×104J

8.187×104J

8.187×103J

8.187×101J

2.024×1019Jの電気の光子は何個か。

2.691×1015

4.045×1015

4.045×1016

4.045×1018

 

16. 宇宙の場において、エネルギーと軌道の関係はどのようなグラフで現されるか。(2007326日に提出した、特願2007112389)

ラブのエネルギー×軌道=8.665×1024Jmです。

ラブのエネルギーを10Jとし、ラブの公転軌道を10mとする。

10J×10m=8.665×1024Jm

x+y=−24+log8.665=240.931

x+y≒−23

y=−x−23

ラブのエネルギーを10Jとし、ラブの公転軌道を10mとすると、その関係のグラフは、y=−x−23です。

17. 宇宙のエネルギーと軌道の関係のグラフで何が理解できるか。(2007326日に提出した、特願2007112389)

@その場のエネルギーが、宇宙のどの点に属するのかを理解できる。

・地表の電子のラブは、公転軌道は1.058×1010mで、エネルギーは8.187×1014Jですから、y≒−10で、x=−140.91≒−13です。

・電子の崩壊は、−273℃ですから、その場の電子のラブの公転軌道は、1.058×1010m×16.5221.748×109mですから、y=−9+log1.748=90.24=−8.76

x=−238.7614.24 です。

・中性子星の電子のラブの公転軌道は、1.080×1015mです。(これは、200737日提出した特許願「請求項13」に記した。)

それで、y≒−15で、x≒−8です。

・ブラックホールの電子のラブの公転軌道は、8.639×1016mです。(これは、200737日提出した特許願「請求項12」に記した。)

それで、y=−16log8.639=160.94≒−15で、x=−8です。

・地球の中心は、電子のラブの公転軌道は、1.058×1010m÷85.61.236×1012mです。

それで、y=−12log1.236=−120.1335=−11.87で、x=−2311.87=−11.13

・太陽の中心は、電子のラブの公転軌道は、1.058×1010m÷(3.873×103)=2.732×1014mです。

それで、y=−14log2.732=140.436=−13.56で、x=−2313.56=−9.44

このように、具体的に、その場のエネルギーが、宇宙のどの点に属するのかを理解できる。

Ax=0の時、ビッグバンがおきたと推察できる。

Bビッグバンがおきた以前の宇宙が有る事が予想できる。その宇宙は、エネルギーは8.665Jより大きい。公転軌道は1024mより小さい。

18. x=0のとき、ビッグバンがおきたと仮定すると、その場の電子のラブの質量になる光子のエネルギーはいくらか。その場の陽子のラブの質量になる光子のエネルギーはいくらか。(2007326日に提出した、特願2007112389)

x=0の場合。

その場の電子のラブの質量になる光子のエネルギーは、8.665×100J8.665Jです。

その場の陽子のラブの質量になる光子のエネルギーは、1836倍ですから、8.665J×18361.591×104Jです。

この場のエネルギーは、地表の、1.591×104J÷(1.5×1010J)=1.06×1014倍です。

この場はビッグバンがおきた場で、ビッグバンの以前の場であり、ここに存在するのは光子だけです。

19. ビッグバンの場で存在した光子のエネルギーはどのように質量と成ったか。

この問題に関して、私は、20061230日提出した、特願2006357550の「請求項5」で、(質量はエネルギーから生まれた。ビッグバンの以前、存在したのはエネルギーだけであった。それがビッグバンによって、エネルギーは絶対0度の空間に放出した。エネルギーは急に冷えたので、固体になり、質量に変身した。

ビッグバンの以前、存在したのは光子のエネルギーであった。そして、ビッグバンの時、光子のエネルギーは質量に変換した。1Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換した。)と記した。

エネルギーから質量に変わるとき、たくさんのエネルギーが使われると考える。

例えば、水蒸気が水になるとき、エネルギーを放散して水に成ります。

低エネルギーの物になるためには、エネルギーを減少させる必要があります。

それで、エネルギーから質量になるためには、エネルギーを減少させて質量になった。

エネルギーが質量になるために必要なエネルギー=エネルギーが質量に変換するために必要なエネルギー=エネルギーが質量になるために消費されるエネルギー

これを「ラブ生成エネルギー」と名づける

「ラブ生成エネルギー」はラブのエネルギーの1000倍であると考える。

エネルギーの1000分の1が質量に変換した。と考える。

例えば、1Jの光子のエネルギーが有った場合、質量になったエネルギーは0.001Jのエネルギーであると考える。

それで、

x=0のとき、ビッグバンがおきたと仮定する。

・その場の電子のラブの質量になる光子のエネルギーは8.665Jです。

この光子を1粒(1個)の光子と考える。

8.665J1粒(1個)の光子から電子のラブ1個ができたと考える。

電子のラブの質量になる光子1個の自転軌道は、

6.112×1057Jm÷光子1個のエネルギー=6.112×1057Jm÷8.665J7.054×1058mです。

・その場の陽子のラブの質量になる光子1個のエネルギーは、1.591×104Jです。

この光子を1粒(1個)の光子と考える。

1.591×104J1粒(1個)の光子から陽子のラブ1個ができたと考える。

陽子のラブの質量になる光子1個の自転軌道は、

1.211×1053Jm÷光子1個のエネルギー=1.121×1053Jm÷(1.591×104J)=7.046×1058mです。

ビッグバンの後。

ビッグバンの以前の光子の1000分の1のエネルギーが電子のラブになった。

ビッグバンの後、8.665J÷10008.665×103Jの光子のエネルギーが電子のラブの質量に成った。

1.591×104J÷100015.91Jの光子のエネルギーが陽子のラブの質量に成った。

特願2006357550の「請求項10」において、(もしビッグバンの時の場のエネルギーが、地上の1011倍であるとすると、陽子のラブのエネルギーは、1.5×1010J×10111.5×10Jです。)と記した。

よって、宇宙のエネルギーと軌道の関係のグラフで、x=0の点をビッグバンがおきた時、と仮定すると、その場の電子のラブの質量になる光子1個のエネルギーは8.665Jで、陽子のラブの質量になる光子1個のエネルギーは1.591×104Jです。

この光子1個のエネルギーの約1/1000がラブの質量になるエネルギーに成るとすると、電子のラブの質量に成る光子1個のエネルギーは8.665×103Jで、陽子のラブの質量に成る光子1個のエネルギーは15.91Jです。

陽子のラブの質量に成る光子1個のエネルギーを、15Jとする。

電子のラブの質量に成る光子1個のエネルギーを、8.187×103Jとする。

この場のエネルギーは、地表の1011倍である。

以下は特願2006357550と同じです。

これを表にします。

追伸。2009826日に記す。

自転軌道について誤っていたので、訂正する。。

電子のラブの質量になる光子1個の自転軌道は、

6.112×1057Jm÷光子1個のエネルギー=6.112×1057Jm÷8.665J7.054×1058mです。

陽子のラブの質量になる光子1個の自転軌道は、

1.211×1053Jm÷光子1個のエネルギー=1.121×1053Jm÷(1.591×104J)=7.046×1058mです。

この式は地上の自転軌道の軌道エネルギーをつかって計算している。

ビッグバンの以前の光子のエネルギーは、ラブの軌道エネルギーと同じです。

それで、公転軌道エネルギーは、8.665×1024Jmで、自転軌道エネルギーは次のようです。

電子のラブの場合は、公転軌道×3.14÷(7.96×107自転)=8.665×1024Jm÷光子1個のエネルギー×3.14÷(7.96×107)=3.418×1031Jm÷光子1個のエネルギー、です。

陽子のラブの場合は、公転軌道×3.14÷(4.34×104自転)=8.665×1024Jm÷光子1個のエネルギー×3.14÷(4.34×104)=6.269×1028Jm÷光子1個のエネルギー、です。

それで、

電子のラブの質量になる光子1個の自転軌道は、

3.418×1031Jm÷光子1個のエネルギー=3.418×1031Jm÷8.665J3.945×1032mです。

陽子のラブの質量になる光子1個の自転軌道は、

6.269×1028Jm÷光子1個のエネルギー=6.269×1028Jm÷(1.591×104J)=3.940×1032mです。

 

ビッグバンがおきた時=ビッグバンの以前の状態。

この場のエネルギーは、地表の何倍か。

1.06×1014

電子のラブの質量になる光子1個のエネルギー

8.665J

電子のラブの質量になる光子の自転軌道

3.945×1032

陽子のラブの質量になる光子1個のエネルギー

1.591×104J

陽子のラブの質量になる光子の自転軌道

3.940×1032

ビッグバンの後質量ができた。

この場のエネルギーは、地上の何倍か。

1011

電子のラブの質量に成る光子1個のエネルギー

8.187×103J

陽子のラブの質量に成る光子1個のエネルギー

15J

陽子のラブのエネルギー

15J

陽子のラブの自転軌道

4.182×1029

できた陽子のラブの質量

1.6728×1027Kg

陽子のラブの秒速

6.267×1012

電子のラブのエネルギー

8.187×103J

電子のラブの自転軌道

4.172×1029

できた電子のラブの質量

9.11×1031Kg

電子のラブの秒速

2.106×105

 

20. 宇宙背景輻射について。(2007418日に提出した、特願2007133476)

宇宙背景輻射は、波長は2×103mで、温度は2.73Kです。

・ビッグバンで放出した光子の軌道エネルギーはいくらか。

軌道は、2×103m÷2103mです。

エネルギーは、2.73K=1.38065×1023J×2.733.76917×1023Jです。

それで、宇宙背景輻射の光子の軌道エネルギーは、

103m×3.76917×1023J3.76917×1026Jmです。

この軌道エネルギーは、ラブの軌道エネルギー8.665×1024Jmが弱まったものです。

どれぐらい弱まったか。

3.76917×1026Jm÷(8.665×1024Jm)=4.35×103倍に弱まりました。

これは、137億光年間、走り続けているうち、光子の軌道エネルギーが衰弱したのです。

宇宙背景輻射の光子は137億年前、ラブの軌道エネルギーでした。

ビッグバンで放出した光子は、地表の光子とは全く異なるエネルギーの持ち主でした。

ビッグバンで放出した光子の軌道エネルギーは、8.665×1024Jmでした。

・ビッグバンの光子の軌道エネルギーは、地表の電気の光子の軌道エネルギーの何倍か。

地表の電気の光子の軌道エネルギーは、1.233×1041Jmですから、

8.665×1024Jm÷(1.233×1041Jm)=7.028×1017倍です。

  宇宙背景輻射の光子の軌道エネルギーは、地表の電気の光子の軌道エネルギーの何倍か。

3.76917×1026Jm÷(1.233×1041Jm)=3.057×1015倍です。

宇宙背景輻射によって、ビッグバンのときの光子の軌道エネルギーがラブの軌道エネルギーである事が証明される。

ビッグバンのとき、光子はラブの軌道エネルギーを持っていた。

この光子がラブの質量に変換した。

21. ビッグバンがおきたとき=ビッグバンの以前の光子について。(2007418日に提出した、特願2007133476)

電子のラブの質量に成る光子のエネルギーは、8.665Jです。

この光子の軌道エネルギーは、8.665×1024Jmです。

電子のラブの質量に成る光子の公転軌道は、8.665×1024Jm÷8.665J=1024mです。

電子のラブの質量に成る光子の自転軌道は、3.14×1024Jm÷(7.96×107)=3.945×1032mです。

陽子のラブの質量に成る光子のエネルギーは、1.591×104Jです。

この光子の軌道エネルギーは、8.665×1024Jmです。

陽子のラブの質量に成る光子の公転軌道は、8.665×1024Jm÷(1.591×104J=5.446×1028mです。

陽子のラブの質量に成る光子の自転軌道は、3.14×5.446×1028m÷(4.34×104)=3.940×1032mです。

22. ビッグバン後の光子について。(2007418日に提出した、特願2007133476)

ビッグバン後は、326日に提出した特許願のとおりです。

電子のラブの質量に成る光子は、−273℃の環境で、電子のラブの質量に変化しました。

電子のラブの質量は、9.11×1031Kgです。この質量は普遍です。

その場の電子のラブのエネルギーは、8.187×103Jです。

その場の電子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷(8.187×103J)=1.058×1021mです。

その場の電子のラブの自転軌道は、3.14×1.058×1021m÷(7.96×107)=4.174×1029mです。

その場の電子のラブの秒速は、自転軌道×1秒間の自転数=4.174×1029m×5.044×1023回=2.105×105mです。

陽子のラブの質量に成る光子は、−273℃の環境で、陽子のラブの質量に変化しました。

陽子のラブの質量は、1.6728×1027Kgです。この質量は普遍です。

その場の陽子のラブのエネルギーは、15Jです。

その場の陽子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷15J5.777×1025mです。

その場の陽子のラブの自転軌道は、3.14×5.777×1025m÷(4.34×104)=4.174×1029mです。

その場の陽子のラブの秒速は、自転軌道×1秒間の自転数=4.174×1029m×1.499×1017回=6.257×1012mです。

23. ビッグバンで空間は何倍に拡大したか。(2007418日に提出した、特願2007133476)

電子のラブの場合。

ビッグバンがおきたとき、電子のラブの質量に成る光子の自転軌道は、3.945×1032mです。

ブッグバン後、電子のラブの質量に成る光子の自転軌道は、4.174×1029mです。

ビッグバンで空間は、4.174×1029m÷(3.945×1032m)=1.058×103倍に成りました。

陽子のラブの場合。

ビッグバンがおきたとき、陽子のラブの質量に成る光子の自転軌道は、3.940×1032mです。

ビッグバン後、陽子のラブの質量に成る光子の自転軌道は、4.174×1029mです。

ビッグバンで空間は、4.174×1029m÷(3.940×1032m)=1.061×103倍に成りました。

空間が1.06×103倍になったので、時間も1.06×103倍になった。秒速は1.06×103倍になった。

これらをまとめて表にする。

ビッグバンの以前

ビッグバンの以前

ビッグバン後

ビッグバン後

種類

電子のラブの質量に成る光子

陽子のラブの質量に成る光子

電子のラブ

陽子のラブ

質量

0

0

9.11×1031Kg

1.673×1031Kg

エネルギー

8.665J

1.591×104J

8.187×103J

15J

自転軌道

3.945×1032

3.940×1032

4.174×1029

4.174×1029

宇宙の拡大

 

 

1.058×103

1.061×103

秒速

 

 

2.105×105

6.257×1012

 

24. 宇宙背景輻射の光子の軌道エネルギーは、3.769×1026Jmです。これは、ビッグバンの以前、軌道エネルギーが、8.665×1024Jmの光子です。この事の証明。(2007510日に提出した、特願2007150959)

どうして、宇宙背景輻射の光子の軌道エネルギーは、ビッグバンの光子の軌道エネルギーの4.35×103倍になったのか。

私は、2007418日に提出した特許願の「請求項16」で、

宇宙背景輻射の光子の軌道エネルギーは、103m×3.76917×1023J3.76917×1026Jmであり、この軌道エネルギーは、ラブの軌道エネルギー8.665×1024Jmが弱まったものです。

どれ位弱まったか。

3.76917×1026Jm÷(8.665×1024Jm)=4.35×103倍に弱まりました。

これは、137億光年間、走り続けているうち、光子の軌道エネルギーが衰弱したのです。

宇宙背景輻射の光子は137億光年前、ラブの軌道エネルギーでした。と記した。

この事について考える。

ビッグバンの以前の光子の軌道は、1024mでした。その光子は現在、103mです。光子の軌道は、103m÷1024m=1021倍に成りました。

ビッグバンの以前の光子のエネルギーは、8.665Jでした。その光子は現在、2.73K=1.38065×1023J×2.733.769×1023Jに成りました。

光子のエネルギーは、3.769×1023J÷8.665J4.348×1024倍に成りました。

光子の軌道が1021倍に成ったので、光子のエネルギーは1021倍に成るはずなのに、4.348×1024倍に成りました。

光子のエネルギーは、理論値の何倍に成ったか。

4.348×1024倍÷1021倍=4.348×103倍になった。

宇宙背景放射の光子の軌道エネルギーが、ビッグバンの以前の軌道エネルギーの4.35×103倍に弱まった原因は、軌道ではなくエネルギーが、4.348×103倍になったからです。

それで、宇宙背景輻射の光子の軌道エネルギーはビッグバンの以前の軌道エネルギーの、4.348×103倍になりました。

即ち、ビッグバンの以前の光子は、約137億年間走っているうち、軌道は1021倍に成り、エネルギーは、4.348×1024倍に成り、エネルギーは理論値より更に、4.348×103倍減少しました。

この事によって、軌道エネルギーは4.348×103倍に減少しました。

この事によって理解できる事。

光子の軌道は137億年走っても理論どおりである。

光子のエネルギーは137億年走って、理論値の4.348×103倍に減少する。

25. ビッグバンの以前=ビッグバンがおきた時、光子の軌道エネルギーはいくらだったのか。(2007510日に提出した、特願2007150959)

ビッグバンの以前の光子の軌道エネルギーは、ラブの公転軌道エネルギーである8.665×1024Jmである。

ビッグバンの以前の光子の軌道エネルギーが陽子のラブの軌道エネルギーになった。

ビッグバンの以前の光子の軌道エネルギーが電子のラブの軌道エネルギーになった。

ビッグバンの以前、この光子の軌道は1024mであった。

26. 電子のラブと陽子のラブの質量は光子の軌道エネルギーからできたのであるならば、宇宙背景輻射はどのようでなければならないか。(2007510日に提出した、特願2007150959)

電子のラブも陽子のラブも自転しながら公転します。それで、電子のラブに成った光子と陽子のラブになった光子も自転しながら公転するはずです。

ビッグバンの以前の光子は自転しながら公転していたはずです。

そうしますと、現在、宇宙背景放射は自転しながら公転する光子であるはずです。

そうでなければ、現在発見されている宇宙背景放射のほかに、光子の自転で有る宇宙背景放射が存在するはずです。

この考えによって、ビッグバンの以前自転しながら公転していた光子が、現在どのようになっているかを考えます。

ビッグバンの以前、陽子のラブに成る光子と、電子のラブになる光子は決まっていました。

・陽子のラブに成る光子は、1回公転する時、4.34×104回自転します。

それで、現在、宇宙背景輻射の1波長には、4.34×104回の自転が残っているはずです。1波長は、4.34×104回の自転でできているはずです。1波長には4.34×104回の自転が螺旋状に残っているはずです。

でも、137億年間走り続けたので、その足跡は消えて、1本の波長になっているかもしれません。

もし残っていたとすると、1自転の長さは、2×103m÷(4.34×104回自転)=4.608×108mです。

1自転の軌道は、4.608×108m÷22.304×108mです。

1自転のエネルギーは、2.73K÷(4.34×104回自転)=6.29×105K

6.29×105K×1.381×1023J8.686×1028Jです。

自転軌道エネルギーは、2.304×108m×8.686×1028J2.001×1035Jmです。

・電子のラブに成る光子は、1回公転する時、7.96×107回自転します。

それで、現在、宇宙背景輻射の1波長には、7.96×107回の自転が残っているはずです。1波長は、7.96×107回の自転でできているはずです。1波長には7.96×107回の自転が螺旋状に残っているはずです。

でも、137億年間走り続けたので、その足跡は消えて、1本の波長になっているかもしれません。

もし残っていたとすると、1自転の長さは、2×103m÷(7.96×107回自転)=2.513×1011mです。

1自転の軌道は、2.513×1011m÷21.257×1011mです。

1自転のエネルギーは、2.73K÷(7.96×107回自転)=3.43×108K

3.43×108K×1.381×1023J4.737×1031Jです。

自転軌道エネルギーは、1.257×1011m×4.737×1031J5.954×1042Jmです。

27. どうして、宇宙背景輻射の光子の波長は2×103mなのか。(2007510日に提出した、特願2007150959)

ビッグバンの以前=ビッグバンがおきた時、光子のエネルギーは8.665Jで、軌道は1024mでした。現在は、軌道は、波長÷22×103m÷2103mです。

この事について、@温度とA軌道から考える。

@    温度から考える。

ビッグバンの光子の温度は、1028℃です。それが、−273℃の空間に出て、温度は平衡状態になりました。

1028℃と−273℃の中間の温度は、約10282)÷2℃=1015℃です。

軌道は、(10151/23.162×10倍に成ります。

1024m×3.162×103.162×1017mに成ります。

ビッグバンがおきてから、現代まで、地表では、公転軌道は、1024mから、1010mに成りましたから、1014倍になりました。

ビッグバンの光子の軌道は、地表において、3.162×1017m×10143.162×103mです。

A    軌道から考える。

ビッグバンのとき光子の軌道は1024mでした。その光子が、−273℃の空間に出たので、エネルギーを減らし、平衡状態に成りました。

273℃の場の軌道は、1010m×2731/2=1010m×16.523=1.652×109mです。

1024mと1.652×109mの中間は、約、(1.652×109241/2m=4×1017mです。

地表の軌道は、1010mですから、ビッグバンがおきた時の軌道の何倍に成ったか。

1010m÷1024m=1014倍になった。

ビッグバンの光子は、−273℃と平衡状態のエネルギーに成ったので、4×1017mになり、更に、光子は、137億年間走って、地表の場において、ビッグバンがおきた時の1014倍の軌道になっている。

地表で、ビッグバンの光子の軌道は、4×1017m×10144×103mです。

28. 「24」と「27」から、ビッグバンの光子の軌道について何が理解できるか。(2007510日に提出した、特願2007150959)

ビッグバンの光子の軌道はほぼ理論どおりになっている。

29. どうして背景放射はどの方向からもやってくるのか。(2007928日に提出した、特願2007279617)

もし、ビッグバンで出発した光子が一定方向に進んでいるならば、地球にたどり着く背景放射は一定方向からやってくるはずです。

しかし、背景放射はあらゆる方向からやってきます。

この事は、背景放射はランダムに走っているということです。

背景放射は、銀河系をランダムに走っている。

クエーサーができた時、ビッグバンでできた光子はクエーサーのまわりを回転した。

1016mの時代に、クエーサーはできました。クエーサーの中心はブラックホールでした。ブラックホールは光子をも引きつけました。ビッグバンでできた光子はクエーサーの周りを回転しました。現在、ビッグバンでできた光子は、銀河系の周囲をランダムに回転しています。これが現在、エネルギーを弱め、背景放射として地球にたどり着いています。

【図面の簡単な説明】

【図2】ビッグバンの光子はクエーサーができた時、クエーサーの中央にあるブラックホールに引かれ、クエーサーの周囲を回転した。現在、この光子はランダムに銀河系の周囲を回転し、背景放射となり、地表にたどり着いている。

【符号の説明】

5 クエーサーのブラックホール

6 ビッグバンでできた光子

【図2


30. たどり着く光子のエネルギー=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×走った距離)の式は光子のエネルギーの減少率を示す。これを宇宙背景放射によって確認する。(2007928日に提出した、特願2007279617)

背景放射は、ビッグバンの時できた光子です。

宇宙背景放射の波長は2×103mで、温度は2.73Kです。

この軌道エネルギーはいくらか。

軌道は、2×103m÷2103mです。エネルギーは、2.73K=2.73×1.38065×1023J=3.76917×1023Jです。

それで、宇宙背景放射の光子の軌道エネルギーは、

103m×3.76917×1023J=3.76917×1026Jmです。

宇宙背景放射の光子の軌道エネルギーは、ラブの軌道エネルギーが弱まったものです。

どれ位弱まったか。

3.76917×1026Jm÷(8.665×1024Jm)=4.35×103倍に弱まった。

これは、137億光年の距離を走り続けているうち、光子の軌道エネルギーは衰弱したのです。

ビッグバンで放出した光子の軌道エネルギーは、地表の光子の軌道エネルギーの何倍か。

8.665×1024Jm÷(1.233×1041Jm)=7.028×1017    7.028×1017倍です。

宇宙背景放射の光子の軌道エネルギーは、地表の光子の軌道エネルギーの何倍か。

3.76917×1026Jm÷(1.233×1041Jm)=3.057×1015    3.057×1015倍です。

もし、背景放射の光子が走り続けているならば、光子のエネルギーは、太陽から出発する光子のように減少するはずです。

そのエネルギーは、

たどり着く光子のエネルギー=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×走った距離)   です。

この式は、2004611日に提出した特願2004202496に記した。

この式によって、背景放射がたどり着くエネルギーを算出する。

軌道エネルギーの減少分はエネルギーの減少分です。

このことは、2007510日に提出した特願2007150959の「請求項1」に記した。

走った距離を、光速×137億年とする。

走った距離=1.37×1010×3×108m×365×24×60×601.296×1026

たどり着く光子のエネルギー=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×走った距離)=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×1.296×1026m)=7.716×1019×出発する光子のエネルギー

この事をどのように理解したらよいのか。

地表の光子の場合、たどり着く光子のエネルギーは出発する光子のエネルギーの7.716×1019倍に成る。

しかし、ビッグバンで放出した光子の軌道エネルギーは、地表の光子の軌道エネルギーの7.028×1017倍ですから、

たどり着く光子のエネルギー=出発する光子のエネルギー×7.716×10197.028×1017倍×7.716×10195.423×101

たどり着く光子のエネルギーは5.423×101倍に成る。

宇宙背景放射の光子の軌道エネルギーは、ビッグバンで放出した光子の軌道エネルギーの4.35×103倍に弱まった。

5.423×101倍÷(4.35×103倍)=1.247×102

ビッグバンで光子のエネルギーは約100分の1になり、その後走っているうち、徐々にエネルギーを減少する。

このように考えると、

たどり着く光子のエネルギー=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×走った距離)の式は正しい。

たどり着く光子のエネルギー=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×走った距離)の式は光子のエネルギーの減少率を示す。

たどり着く光子のエネルギー=2×108×出発する光子のエネルギー÷(2×走った距離)=出発するエネルギー÷(走った距離÷109)×0.1

光子は109m走ると、エネルギーを1/10にする。

31. 背景放射の場合はどのようになっているのか。背景放射の場合のKはいくらか。(2007928日に提出した、特願2007279617)

たどり着く光子の軌道エネルギー=Km×出発した軌道エネルギー÷(2×距離)

aJ=ビッグバンの光子の軌道エネルギーは8.665×1024Jmです。

地上にたどり着く背景放射の軌道エネルギーは3.76917×1026Jmです。

背景放射は137億光年走っています。

それでは、背景放射の場合のKはいくらか。

たどり着く光子のエネルギー=Km×aJ÷(2×距離)=Km×8.665×1024Jm÷(2×137×108×9.46×1015m)=3.76917×1026Jm

Km=3.76917×1026Jm÷(8.665×1024Jm)×2×137×108×9.46×1015m=1.127×1024

背景放射のKは1.127×1024です。

背景放射のKは、光子のK=2×108の何倍か。

1.127×1024÷(2×108)=5.635×1015倍です。

ビッグバンで放出した光子の軌道エネルギーは、地表の光子の軌道エネルギーの何倍か。

8.665×1024Jm÷(1.233×1041Jm)=7.028×1017    7.028×1017倍です。

宇宙背景放射の光子の軌道エネルギーは、地表の光子の軌道エネルギーの何倍か。

3.76917×1026Jm÷(1.233×1041Jm)=3.057×1015    3.057×1015倍です。

それで、ビッグバンで放出した光子の軌道が、地表の光子の軌道と同じである場合、ビッグバンで放出した光子のエネルギーは、地表の光子のエネルギーの7.028×1017倍です。

背景放射の光子の軌道が、地表の光子の軌道と同じである場合、背景放射の光子のエネルギーは、地表の光子のエネルギーの3.057×1015倍です。

よって、背景放射の光子の1個は、地表の光子が3×1015個束になっているエネルギーと同じです。ビッグバンの光子の1個は、地表の光子が7×1017個束になっているエネルギーと同じです。

これを表にします。

 

光子が走った距離

出発する光子の軌道エネルギー

たどり着く光子の軌道エネルギー

Kの値

背景放射

137億光年

8.665×1024Jm

3.769×1026Jm

1.127×1024

 

この事から理解できる事は何か。

1. 背景放射の1個の光子のエネルギーは、5.635×1015個の光子のエネルギーに等しい。

2. ビッグバンの1個の光子のエネルギーは、7.028×1017個の光子のエネルギーに等しい。

32. たどり着く光子のエネルギー=Km×aJ÷(2×走った距離)の式のまとめと、減少率はどのようであるか。(2007928日に提出した、特願2007279617)

光子の種類

Kの値

1束の光子の数

光子のエネルギーの減少率

近くの星から出発した光子

2×108

1

たどり着くエネルギー=aJ÷(走った距離÷109m)×0.1

近くの星の中央から出発した光子

9.487×104

1

たどり着くエネルギー=aJ÷{走った距離÷(4.7435×105m)}×0.1

100億光年〜1億光年の場から出発した光子

2×1016

108

たどり着くエネルギー=aJ÷(走った距離÷1017m)×0.1

背景放射

1.127×1024

1016倍のエネルギー

たどり着くエネルギー=aJ÷(走った距離÷(5.635×1024m)×0.1

 

この事によって何が理解できるか。

1. 1束の光子数が多い光子ほど、光子のエネルギーの減少率は小さい。

2. 光子のエネルギーの減少率は、1束の光子の数×109に反比例する。

3. 光子の軌道が小さいほど、1束の光子数は多く、かつ、エネルギーの減少率は小さい。

4. 背景放射の場合は、1個の光子のエネルギーが1016個の光子のエネルギーである。

33. 陽子のラブの質量と電子のラブの質量はどのようにできたか。(2008526日に提出した、特願2008162553.)

私は、2007326日に提出した、特願2007-112389の「請求項10」で、

(エネルギーから質量に変わるとき、たくさんのエネルギーが使われると考える。

例えば、水蒸気が水になるとき、エネルギーを放散して水になります。

低エネルギーの物になるためには、エネルギーを減少させる必要があります。

それで、エネルギーから質量になるためには、エネルギーを減少させて質量になった。

エネルギーが質量になるために必要なエネルギー=エネルギーが質量に変換するために必要なエネルギー=エネルギーが質量になるために消費されるエネルギー

これを「ラブ生成エネルギー」と名づける。

「ラブ生成エネルギー」はラブのエネルギーの1000倍であると考える。)と記した。

しかし、水蒸気から水になるとき、H2Oの質量は一定です。

それで、質量になるためのエネルギーは必要ないと考えます。

34. 陽子のラブ、電子のラブはどのようにできたか。(2008526日に提出した、特願2008162553.)

私は、20061230日に提出した、特願2006-357550、の「請求項5」で、

(質量はエネルギーから生まれた。ビッグバンの以前、存在したのはエネルギーだけであった。それがビッグバンによって、エネルギーは絶対0度の空間に放出した。エネルギーは急に冷えたので、固体になり、質量に変身した。

ビッグバンの以前、存在したのは光子のエネルギーであった。そして、ビッグバンの時、光子のエネルギーは質量に変換した。1Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換した。)と記した。

ビッグバンの以前、存在したエネルギーは、ビッグバンで絶対0度の空間に出て質量に成る時、高エネルギーから低エネルギーになる、と考えると、この反応はエネルギーを放出する反応であり、エネルギーを吸収する反応ではない。

よって、質量になるためのエネルギーは必要ない。

ビッグバンの以前、存在したエネルギーは、ビッグバンで絶対0度の空間に出て質量に成る。この時、必要なことは、ビッグバンの以前存在したどれ位のエネルギーが、ビッグバンで絶対0度の空間に出て、電子のラブの質量になり、陽子のラブの質量になるか決められていることです。このエネルギーを“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子のエネルギー”“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”と名づける。

私は、20061230日に提出した、特願2006-357550、の「請求項8」で、

(・もしビッグバンの時、陽子のラブのエネルギーが1Jであったとしたならば、陽子のラブの自転軌道は、

陽子のラブの自転軌道エネルギー÷エネルギー=6.2724×1028Jm÷1J6.2724×1028mです。

その時できた質量は、1Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換するから、

J×6.2725×1028m÷1Jm×2.667Kg=1.6728×1027Kgです。

・もしビッグバンの時、陽子のラブのエネルギーが1Jであったとしたならば、

電子のラブのエネルギーは、1J÷18365.446×104Jです。

電子のラブの自転軌道は、

電子のラブの自転軌道エネルギー÷エネルギー=3.416×1031Jm÷(5.446×104J)=6.2725×1028

その時できた質量は、1Jmの自転軌道エネルギーは2.667Kgに変換するから、

5.44×104J×6.2725×1028m÷1Jm×2.667Kg=9.11×1031Kgです。

この事によって、ビッグバンの時できた陽子のラブの自転軌道と電子のラブの自転軌道は等しいことが理解できる。)と記した。

この記事は、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”を1Jであったとするならば、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の大きさ”は、6.2724×1028mである、ということです。

“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子エネルギー”を5.446×104Jであったとするならば、“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子の大きさ”は、6.2725×1028mである、ということです。

・私は、特願2006-357550の「請求項12」で、

(ビッグバンの時、陽子のラブの質量となった自転軌道エネルギーを陽子のラブの光子と名づける。電子のラブの質量となった自転軌道エネルギーを電子のラブの光子と名づける。ビッグバンの時、陽子のラブの質量となったエネルギーには質量が無かった。質量の無いエネルギーの粒子は光子です。それ故、ビッグバンの時、陽子のラブの質量となったエネルギーは光子です。この光子を陽子のラブの光子と名づける。

ビッグバンの時、電子のラブの質量となったエネルギーには質量が無かった。質量の無いエネルギーの粒子は光子です。それ故、ビッグバンの時、電子のラブの質量となったエネルギーは光子です。この光子を電子のラブの光子と名づける。

ビッグバンの以前、存在したのは、陽子のラブの光子と電子のラブの光子です。

陽子のラブの光子は自転していた。電子のラブの光子は自転していた。

陽子のラブの光子の自転軌道エネルギーが陽子のラブの質量になった。

電子のラブの光子の自転軌道エネルギーが電子のラブの質量に成った。

陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jmが陽子のラブの質量になった。

電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jmが電子のラブの質量になった。

)と記した。

この事から次のことが理解できる。

@光子は粒子です。

それで、

陽子のラブの光子=“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子”

電子のラブの光子=“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子”

陽子のラブの光子=陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー=6.2724×1028Jm=“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の大きさ”

電子のラブの光子=電子のラブの光子の自転軌道エネルギー=3.416×1031Jm=“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の電子のラブの粒子の大きさ”

即ち、ビッグバンの以前に存在した、陽子のラブの質量になったものは、光子である“陽子のラブの光子”である、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の大きさ”であると理解できる。

ビッグバンの以前に存在した、電子のラブの質量になったものは、光子である“電子のラブの光子”である“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の電子のラブの粒子の大きさ”であると理解できる。

また次のようにも理解できる

A陽子のラブの光子“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子”

電子のラブの光子“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子”

“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の大きさ”=6.2724×1028Jm=“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の自転軌道エネルギー”

“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の電子のラブの粒子の大きさ”=3.416×1031m=“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子の自転軌道エネルギー”

即ち、ビッグバンの以前に存在した、陽子のラブの質量になったものは、光子である“陽子のラブの光子”ではなく、“光子とは別の、ビッグバンの以前の陽子のラブの質量になるエネルギーを持つ粒子”であると理解できる。

ビッグバンの以前に存在した、電子のラブの質量になったものは、光子である“電子のラブの光子”ではなく、“光子とは別の、ビッグバンの以前の電子のラブの質量になるエネルギーを持つ粒子”であると理解できる。

はたして、ビッグバンの以前に存在し、ビッグバンの時、エネルギーが質量に変換した粒子は、光子なのか、光子ではない別の粒子なのか。

35. 宇宙背景放射はいつできたか。宇宙背景放射はビッグバンの以前にできたのかビッグバンの以後できたのか。宇宙背景放射は自転軌道エネルギーなのか、公転軌道エネルギーなのか。(2008526日に提出した、特願2008162553.)

宇宙背景放射の軌道エネルギーは、波長は2×103mで、エネルギーは温度が2.73Kです。軌道は2×103m÷2103m です。

エネルギーは2.73K=2.73×1.38065×1023J=3.769×1023J です。

宇宙背景放射の軌道エネルギーは、103m×3.769×1023J3.769×1026Jm です。

この宇宙背景放射は、自転軌道エネルギーか。公転軌道エネルギーか。

電子のラブと陽子のラブの公転軌道エネルギーは、8.665×1024Jmです。

宇宙背景放射の軌道エネルギーは、3.769×1026Jm です。

宇宙背景放射の軌道エネルギーは、電子のラブと陽子のラブの公転軌道エネルギーより小さいです。

この事は、宇宙背景放射の軌道エネルギーは、公転軌道エネルギーではなく自転軌道エネルギーである、ということです。

よって、宇宙背景放射は、電子のラブと陽子のラブが公転できない時代にできた。

この時代は、ビッグバンの以前です。

宇宙背景放射は、ビッグバンの以前にできた物です。

36. 宇宙背景放射はどのようにできたか。“ビッグバンの以前の陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー”は何倍に成ったか。“ビッグバンの以前の電子のラブの光子の自転軌道エネルギー”は何倍に成ったか。(2008526日に提出した、特願2008162553.)

宇宙背景放射は自転軌道エネルギーであり、ビッグバンの以前にできた物です。

ビッグバンの以前存在した光子の自転軌道エネルギーは、“陽子のラブの光子”である、陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jmです。

ビッグバンの以前存在した光子の自転軌道エネルギーは、“電子のラブの光子”である、電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jmです。

それで、ビッグバンの以前存在した、これらの自転軌道エネルギーが、現在、宇宙背景放射になっている。

ビッグバンの以前存在した、“陽子のラブの光子”である、“陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jm”が、現在、3.769×1026Jm の宇宙背景放射になっている。

ビッグバンの以前存在した、“電子のラブの光子”である、“電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jm”が、現在、3.769×1026Jm の宇宙背景放射になっている。

・“陽子のラブの光子”である、“陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jm”は、約137億年間で何倍になったか。

3.769×1026Jm÷(6.2724×1028Jm)6×10 

“陽子のラブの光子”である、“陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jm”は、約137億年間で60倍になった。

・“電子のラブの光子”である、“電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jm”は、約137億年間で何倍になったか。

3.769×1026Jm÷(3.416×1031Jm)1.1×105

“電子のラブの光子”である、“電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jm”は、約137億年間で1.1×105倍になった。

宇宙背景放射は、ビッグバンの以前、“陽子のラブの光子”である、“陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jm”が、約137億年間で60倍になった光子です。

宇宙背景放射は、ビッグバンの以前、“電子のラブの光子”である、“電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jm”が、約137億年間で1.1×105倍になった光子です。

この事によって理解できること。

1. ビッグバンの以前、存在したのは自転する光子であり、宇宙背景放射はその自転軌道エネルギーが約137億年間で60倍から1.1×105倍になった光子です。

2. 宇宙背景放射は、ビッグバンの以前、“陽子のラブの光子”である、“陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー6.2724×1028Jm”が、約137億年間で60倍になった“陽子のラブの光子”です。

3. 陽子のラブの光子=“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子”

陽子のラブの光子の自転軌道エネルギー=6.2724×1028Jm=“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の大きさ”

4. 宇宙背景放射は、ビッグバンの以前、“電子のラブの光子”である、“電子のラブの光子の自転軌道エネルギー3.416×1031Jm”が、約137億年間で1.1×105倍になった“電子のラブの光子”です。

5. 電子のラブの光子=“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子”

電子のラブの光子の自転軌道エネルギー=3.416×1031Jm=“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子のエネルギー”דビッグバンの以前の電子のラブの粒子の大きさ”

6. よって、ビッグバンの以前に存在したた粒子は、光子です。

37. 宇宙背景放射が語ることは何か。(2008526日に提出した、特願2008162553.)

@宇宙背景放射は、ビッグバンの以前に存在した“陽子のラブの光子”と“電子のラブの光子”のなごりです。

A宇宙背景放射の軌道は103mです。宇宙背景放射のエネルギーは、3.769×1023Jです。

・“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の自転軌道”は何倍に成り、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”は何倍になったか。

“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”が1Jであったとしたならば、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の自転軌道”は、6.2724×1028mです。

この自転軌道が、103m÷(6.2724×1028)1.594×1024倍に成った。

そして、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子のエネルギー”は1Jから3.769×1023Jになったので、エネルギーは、

3.769×1023J÷1J3.769×1023倍に成った。

自転軌道×エネルギーは、

1.594×1024×3.769×102360倍に成った。

・“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子の自転軌道”は何倍に成り、“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子のエネルギー”は何倍になったか。

“ビッグバンの以前、陽子のラブの粒子のエネルギー”が1Jであったとしたならば、“ビッグバンの以前、電子のラブの粒子の自転軌道”は、6.2724×1028mです。

この自転軌道が、103m÷(6.2724×1028)1.594×1024倍に成った。

そして、“ビッグバンの以前、陽子のラブの粒子のエネルギー”が1Jであったとしたならば、“ビッグバンの以前、電子のラブの粒子のエネルギー”は5.446×104Jです。5.446×104Jから3.769×1023Jになったので、エネルギーは、

3.769×1023J÷(5.446×104J)6.92×1020倍に成った。

自転軌道×エネルギーは、

1.594×1024×6.92×10201.1×105倍に成った。

・現在、陽子のラブの自転軌道と、電子のラブの自転軌道は同じである。陽子のラブの自転軌道は、4.18×1018mです。電子のラブの自転軌道は、4.18×1018mです。

“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の自転軌道”は何倍に拡大したか。

4.18×1018m÷(6.2724×1028)6.664×109倍に拡大した。

・“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の自転軌道”と“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子の自転軌道”は宇宙背景放射になり、1.594×1024倍に成った。“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子の自転軌道”は6.664×109倍に拡大した。

・宇宙背景放射が1.594×1024倍に成り、陽子のラブと電子のラブの自転軌道が6.664×109倍に拡大した理由は何か。

宇宙背景放射にはラブが存在しないので、引力が無い。それで、

1.594×1024÷(6.664×109)2.392×1014倍も大きくなった。

陽子のラブと電子のラブには、ラブがあるから拡大は小さい。

・上記の事から何が理解できるか。

@宇宙に存在する質量の大きさによって、宇宙の拡大速度が決定される。

A宇宙に存在する質量が大きいほど、宇宙の拡大速度は遅い。

Bビッグバンの以前に存在した、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子”と“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子”が多いほど、宇宙の拡大速度は遅い。

C現在存在する銀河の質量+ダークマターの質量が大きいほど宇宙の拡大速度は遅い。

この事によって理解できること。

1. 現在、陽子のラブの自転軌道と、電子のラブの自転軌道は、ビッグバンの以前の自転軌道の6.664×109倍に拡大した。

2. 宇宙背景放射は、1.594×1024倍に拡大した。

3. 宇宙背景放射は、1.594×1024倍に拡大したのに対し、陽子のラブの自転軌道と、電子のラブの自転軌道は、ビッグバンの以前の自転軌道の6.664×109倍に拡大した理由は、その中に、陽子のラブと電子のラブが存在するからです。

4. 陽子のラブと電子のラブの存在が、拡大を阻止している。このように考えると、宇宙の質量が宇宙の拡大を阻止していると考える理由が理解できる。

@宇宙に存在する質量の大きさによって、宇宙の拡大速度が決定される。

A宇宙に存在する質量が大きいほど、宇宙の拡大速度は遅い。

Bビッグバンの以前に存在した、“ビッグバンの以前の陽子のラブの粒子”と“ビッグバンの以前の電子のラブの粒子”が多いほど、宇宙の拡大速度は遅い。

C現在、存在する銀河の質量+ダークマターの質量が大きいほど宇宙の拡大速度は遅い。

38. ビッグバンの以前、背景放射は電子のラブではなかった。ビッグバンの以前、背景放射は陽子のラブではなかった。(2009919日に提出した、特願2009218192)

宇宙背景放射は、1.594×1024倍に拡大したのに対し、陽子のラブの自転軌道と、電子のラブの自転軌道は、ビッグバンの以前の自転軌道の6.664×109倍に拡大した理由は、その中に、陽子のラブと電子のラブが存在するからです。この理解から、背景放射の中には、電子のラブは存在しない。背景放射の中には、陽子のラブは存在しない事が判明した。

背景放射は、ビッグバンの以前、電子のラブの光子(電子のラブの粒子)ではない。

背景放射は、ビッグバンの以前、陽子のラブの光子(電子のラブの粒子)ではない。

39. 背景放射が示す事は何か。ビッグバンの以前、電子のラブと陽子のラブは、球体であった事は何を示すか。(2009919日に提出した、特願2009218192)

背景放射のエネルギーは、2.73Kです。背景放射は熱であるから、電気の光子のエネルギーです。この事から理解できる事は、ビッグバンの以前、電子のラブは公転し、電気の光子を作っていた。ということです。

背景放射は、電子のラブが公転し作った電気の光子です。

背景放射は、ビッグバンの以前、電子のラブは公転していた事の証拠です。

ビッグバンの以前、電子のラブと陽子のラブは、球体になっていたことは、引力があったことです。引力は、磁気の光子が作ります。磁気の光子は、電子のラブと陽子のラブが自転し、作りました。それで、ビッグバンの以前、電子のラブと陽子のラブは自転していた。

ビッグバンの以前、電子のラブが球体の外側に存在し、陽子のラブは球体の内側にまとまって存在できた事は、磁気の光子が引力になっていた。電子のラブと陽子のラブは自転し、磁気の光子を作っていた事をしめす。

ビッグバンの以前、電子のラブと陽子のラブは、球体になっていたことは、電子のラブと陽子のラブは自転し、磁気の光子を作っていた証拠です。

40. 背景放射の公転軌道エネルギーが3.769×1026Jmであるのはなぜか。(2009919日に提出した、特願2009218192)

それでは、背景放射の公転軌道エネルギーが

背景放射は、ビッグバンの以前、電子のラブが自転し作る磁気の光子であり、電子のラブが公転し作る電気の光子であった。

背景放射は、ビッグバンの以前、陽子のラブが自転し作る磁気の光子であり、陽子のラブが公転し作る電気の光子であった。

それは、どうして判るか。

電子のラブの場合。

現在、地上で、電子のラブが1秒間に作る電気の光子のエネルギーと磁気の光子のエネルギーは、それぞれ、7.382×1016Jです。電子のラブの公転軌道は、1.058×1010mです。

電子のラブが1秒間自転し作る磁気の光子のエネルギー×公転軌道=1秒間にできる磁気の光子の公転軌道エネルギー=7.382×1016J×1.058×1010m=7.810×1026Jm

電子のラブが1秒間公転し作る電気の光子のエネルギー×公転軌道=1秒間にできる磁気の光子の公転軌道エネルギー=7.382×1016J×1.058×1010m=7.810×1026Jm

背景放射はこの電子のラブが1秒間公転して作る電気の光子のエネルギーが1束に成っている。

背景放射の温度からエネルギーを算出したので、これは、電気の光子のエネルギーです。

それで、

背景放射の軌道エネルギーは、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る電気の光子のエネルギー×公転軌道、です。

陽子のラブの場合。

現在、地上で、陽子のラブが1秒間に作る電気の光子のエネルギーと磁気の光子のエネルギーは、それぞれ、4.02×1019Jです。陽子のラブの公転軌道は、5.777×1014mです。

陽子のラブが1秒間自転し作る磁気の光子のエネルギー×公転軌道=1秒間にできる磁気の光子の公転軌道エネルギー=4.02×1019J×5.777×1014m=2.322×1032Jm

陽子のラブが1秒間公転し作る電気の光子のエネルギー×公転軌道=1秒間にできる磁気の光子の公転軌道エネルギー=4.02×1019J×5.777×1014m=2.322×1032Jm

陽子のラブが1秒間に作った光子のエネルギー×公転軌道は2.322×1032Jmであり、とても小さいので、現在、地上では発見できない。

陽子のラブが1秒間に作った光子のエネルギー×公転軌道は、2.322×1032Jmであり、これは、万有引力である、1秒間にできる磁気の光子のエネルギー×自転軌道=1.356×1032Jとほぼ等しいので、発見できていないのかもしれない。

しかし、背景放射である、陽子のラブが1秒間に作った電気の光子のエネルギー×公転軌道=2.322×1032Jmは計算上は電気の光子(温度で算出)なのですが、本当は電磁気です。

・電子のラブの場合、1秒間にできる光子の公転軌道エネルギーは、電子のラブの公転軌道エネルギーの何倍か。

1秒間にできる電気の光子の公転軌道エネルギー÷電子のラブの公転軌道エネルギー=7.810×1026Jm÷(8.665×1024Jm)=9.013×103(倍)

電子のラブの場合、1秒間にできる光子の公転軌道エネルギーは、電子のラブの公転軌道エネルギーの9.013×103倍です。

それで、ビッグバンの以前も、電子のラブは、電子のラブの公転軌道エネルギーの9.013×103倍の光子を作っていた。

即ち、7.810×1026Jmの公転軌道エネルギーの光子を作っていた。これが背景放射です。

背景放射は、3.769×1026Jmです。この値は、現在、地表で、1秒間にできる光子の公転軌道エネルギーの何倍か。

3.769×1026Jm÷(7.810×1026Jm)=0.483(倍)

背景放射は、電子のラブが1秒間に作った電気の光子の公転軌道エネルギーの約1/2に成っている。

即ち、背景放射とは、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作った光子のエネルギー×公転軌道です。

・背景放射が電磁気(電気の光子と磁気の光子)であるとする場合。

背景放射の軌道エネルギーは3.769×1026Jmです。

地上で、電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー+電子の光子のエネルギー=2×7.382×1016J1.476×1015J、です。

電子のラブが1秒間に作る磁気の光子と電気の光子のエネルギー×公転軌道=1.476×1015J×1.058×1010m=1.562×1025Jm

・ビッグバンの時も、現在、地上で、電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー+電気の光子のエネルギー×公転軌道=1.562×1025Jmと同じ公転軌道エネルギーを作っていたとすると、背景放射の軌道エネルギーは何倍になったか。

背景放射の軌道エネルギー÷ビッグバンの時の電磁気の公転軌道エネルギー=3.769×1026Jm÷(1.562×1025Jm)2.413×101()

背景放射の軌道エネルギーは、ビッグバンの時の電磁気の公転軌道エネルギーの2.413×101倍です。

この事から理解できること。

1. もしかしたら、磁気の光子はエネルギーが小さいので、消えてなくなってしまったのかもしれない。

2. 背景放射の温度から、背景放射のエネルギーを算出したので、背景放射の公転軌道エネルギーの中には、磁気の光子のエネルギーは含まれて居ない。

3. よって、背景放射は電磁気のエネルギーではない。

4. 背景放射のエネルギーは、電気のエネルギー(温度)として観測されている。

5.  背景放射の公転軌道エネルギーは、3.769×1026Jmです。この値は、現在、地表で、1秒間にできる電気の光子の公転軌道エネルギーの0.483倍です。

6. ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作った磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、背景放射の公転軌道エネルギーである。

7. 光子の軌道エネルギーは普遍です。

8.よって、電気の光子1個の公転軌道エネルギーは、どのような高エネルギーの場においても、低エネルギーの場においても、1.233×1041Jmである。

41. ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作った磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、背景放射の公転軌道エネルギーである。(2009919日に提出した、特願2009218192)

ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作った磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、背景放射の公転軌道エネルギーであると考えられる理由。

背景放射の公転軌道エネルギーは、地上の電子のラブが作る1秒間に作る磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーの約0.5倍であり、ほぼ等しい。

それで、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作った磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、背景放射の公転軌道エネルギーであった。

ビッグバンの以前に、1秒間にできた電気の光子の公転軌道エネルギーは、そのまま背景放射になっている。

この事によって理解できること。

軌道エネルギーは変わらない。

42. ビッグバンの以前の状態はどのようであったか。(2009919日に提出した、特願2009218192)

ビッグバンの以前、電子のラブと陽子のラブは存在していた。電子のラブと陽子のラブは自転し、公転し、磁気の光子と電気の光子を作っていた。電子のラブと陽子のラブの公転軌道エネルギーは、8.665×1024Jmです。この軌道エネルギーによってできる電気の光子の公転軌道エネルギーは、現在、地上の電子のラブと陽子のラブが作る電気の光子の公転軌道エネルギーと同じです。なぜなら、地上の電子のラブと陽子のラブの公転軌道エネルギーは8.665×1024Jmであり、ビッグバンの時の公転軌道エネルギーと同じであるからです。

現在、地上の電子のラブが1秒間に作る磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、7.382×1016J×1.058×1010m=7.810×1026Jm、です。現在、地上で、陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、4.02×1019J×5.777×1014m=2.322×1032Jm、です。

それで、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作った磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは7.810×1026Jmです。陽子のラブが1秒間に作った磁気の光子と電気の光子の公転軌道エネルギーは、2.322×1032Jmです。

ビッグバンの以前、存在したのは、電子のラブと陽子のラブでした。電子のラブは自転しながら公転し、1秒間に、7.810×1026Jmの公転軌道エネルギーの磁気の光子と電気の光子を作っていました。その公転軌道エネルギーが、現在、地上で3.769×1026Jmの背景放射になっています。

43. ビッグバンの以前の球体には、現在宇宙に存在する全ての電子のラブと陽子のラブが集まっていた。この事は何を意味するか。(2009919日に提出した、特願2009218192)

ビッグバンの以前の球体には、現在宇宙に存在する全ての電子のラブと陽子のラブが集まっていた。この事は、ビッグバンの以前の球体には、現在宇宙に存在する全ての電子のラブと陽子のラブが集まるだけの引力があった事を意味する。引力は磁気の光子が作る。磁気の光子は電子のラブと陽子のラブの自転によりできる。この事は、ビッグバンの以前、電子のラブと陽子のラブは自転し、引力となる磁気の光子を作っていた事を示す。

44. ビッグバンの以前、引力はいくらであったか。ビッグバンの以前の引力は、現在の地表の引力の何倍か。(2009919日に提出した、特願2009218192)

○ビッグバンの以前、電子のラブのエネルギーを1Jとする場合。

電子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷1J=8.665×1024m、です。

1公転でできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1041Jm÷(8.665×1024)1.423×1018J、です。

1秒間に、(7.96×107)2回公転しますから、1秒間にできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.423×1018J×(7.96×107)2回=9.016×103J、です。

陽子のラブのエネルギーは、電子のラブのエネルギーの質量倍ですから、

陽子のラブの質量÷電子のラブの質量=1.67265×1027g÷(9.1095×1031)1836()、ですから、1836Jです。

陽子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷1836J=4.719×1027m、です。

1公転でできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1041Jm÷(4.719×1027)2.613×1015J、です。

1秒間に、4.34×104×7.96×107回公転しますから、1秒間にできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、2.613×1015J×4.34×104×7.96×107回=9.027×103J、です。

・ビッグバンの以前のAはいくらか。

ビッグバンの以前のA=地表の電子のラブの公転軌道÷ビッグバンの以前の電子のラブの公転軌道=1.058×1010m÷(8.665×1024)1.221×1013

ビッグバンの以前のA1.221×1013です。

・ビッグバンの以前の温度はいくらか。

温度=A2(1.221×1013)21.491×1026

ビッグバンの以前の温度は、1.491×1026℃です。

・ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る引力はいくらか。陽子のラブが1秒間に作る引力はいくらか。

引力は、磁気の光子のエネルギーですから、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る引力は、9.016×103Jです。陽子のラブが1秒間に作る引力は9.027×103Jです。

・ビッグバンの以前、電子のラブと電子のラブとの間の引力はいくらか。

物と物との間の引力はA4ですから、A4(1.221×1013)42.223×1052()

ビッグバンの以前の物と物との間の引力は、地表の引力の2.223×1052倍です。

これを、電子のラブによって確認する。

ビッグバンの以前の、陽子のラブと電子のラブの間の引力=陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー×電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー÷電子のラブの公転軌道2(9.027×103J)×(9.016×103J)÷(8.665×1024)21.084×1042J/m、です。

現在、地表の、陽子のラブと電子のラブの間の引力=陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー×電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー÷電子のラブの公転軌道2(7.374×1016J)×(7.384×1016J)÷(1.058×1010)24.864×1011J/m、です。

ビッグバンの以前の引力は地表の引力の何倍か。

ビッグバンの以前の引力÷地表の引力=1.084×1042J/m÷(4.864×1011J/m)2.229×1052倍です。

ビッグバンの以前の引力は、現在の地表の引力の2.229×1052倍です。

○ビッグバンの以前、電子のラブのエネルギーを8.665Jとする場合。

電子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷8.665J=1024m、です。

1公転でできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1041Jm÷1024m=1.233×1017J、です。

1秒間に、(7.96×107)2回公転しますから、1秒間にできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1017J×(7.96×107)2回=7.812×102Jです。

陽子のラブのエネルギーは、電子のラブのエネルギーの質量倍ですから、

陽子のラブの質量÷電子のラブの質量=1.67265×1027g÷(9.1095×1031)1836()、ですから、8.665J×18361.591×104Jです。

陽子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷(1.591×104J)=5.446×1028m、です。

1公転でできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1041Jm÷(5.446×1028)2.264×1014J、です。

1秒間に、4.34×104×7.96×107回公転しますから、1秒間にできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、2.264×1014J×4.34×104×7.96×107回=7.821×102J、です。

・ビッグバンの以前のAはいくらか。

ビッグバンの以前のA=地表の電子のラブの公転軌道÷ビッグバンの以前の電子のラブの公転軌道=1.058×1010m÷1024m=1.058×1014

ビッグバンの以前のA1.058×1014です。

・ビッグバンの以前の温度はいくらか。

温度=A2(1.058×1014)21.119×1028

ビッグバンの以前の温度は、1.119×1028℃です。

・ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る引力はいくらか。陽子のラブが1秒間に作る引力はいくらか。

引力は、磁気の光子のエネルギーですから、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る引力は、7.812×102Jです。陽子のラブが1秒間に作る引力は7.821×102Jです。

・ビッグバンの以前、電子のラブと電子のラブとの間の引力はいくらか。

物と物との間の引力はA4ですから、A4(1.058×1014)41.253×1056()

ビッグバンの以前の物と物との間の引力は、地表の引力の1.253×1056倍です。

これを、電子のラブによって確認する。

ビッグバンの以前の、陽子のラブと電子のラブの間の引力=陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー×電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー÷電子のラブの公転軌道2(7.821×102J)×(7.812×102J)÷102426.110×1045J/m、です。

現在、地表の、陽子のラブと電子のラブの間の引力=陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー×電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー÷電子のラブの公転軌道2(7.374×1016J)×(7.384×1016J)÷(1.058×1010)24.864×1011J/m、です。

ビッグバンの以前の引力は地表の引力の何倍か。

ビッグバンの以前の引力÷地表の引力=6.110×1045J/m÷(4.864×1011J/m)1.256×105倍です。

ビッグバンの以前の引力は、現在の地表の引力の1.256×1056倍です。

これを一般式にて表す。

○ビッグバンの以前、電子のラブのエネルギーをaJとする場合。

電子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷aJ=8.665×1024÷am、です。

1公転でできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1041Jm÷(8.665×1024÷a)1.423×1018×aJ、です。

1秒間に、(7.96×107)2回公転しますから、1秒間にできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.423×1018×aJ×(7.96×107)2回=9.016×103×aJ、です。

陽子のラブのエネルギーは、1836aJです。

陽子のラブの公転軌道は、8.665×1024Jm÷(1836aJ)=4.719×1027÷am、です。

1公転でできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、1.233×1041Jm÷(4.719×1027÷a)2.613 ×1015×aJ、です。

1秒間に、4.34×104×7.96×107回公転しますから、1秒間にできる電気の光子と磁気の光子のエネルギーは、2.613 ×1015×aJ×4.34×104×7.96×107回=9.027×103×aJ 、です。

・ビッグバンの以前のAはいくらか。

ビッグバンの以前のA=地表の電子のラブの公転軌道÷ビッグバンの以前の電子のラブの公転軌道=1.058×1010m÷(8.665×1024÷a)1.221×1013×a

ビッグバンの以前のA1.221×1013×aです。

・ビッグバンの以前の温度はいくらか。

温度=A2(1.221×1013×a)21.491×1026×a2

ビッグバンの以前の温度は、1.491×1026×a2℃℃です。

・ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る引力はいくらか。陽子のラブが1秒間に作る引力はいくらか。

引力は、磁気の光子のエネルギーですから、ビッグバンの以前、電子のラブが1秒間に作る引力は、9.016×103J×aJです。陽子のラブが1秒間に作る引力は9.027×103 ÷aJ です。

・ビッグバンの以前、電子のラブと電子のラブとの間の引力はいくらか。

物と物との間の引力はA4ですから、A4(1.221×1015×a)42.223×1045×a4()

ビッグバンの以前の物と物との間の引力は、地表の引力の2.223×1045×a4倍です。

これを、電子のラブによって確認する。

ビッグバンの以前の、陽子のラブと電子のラブの間の引力=陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー×電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー÷電子のラブの公転軌道2(9.027×103×aJ)×(9.016×103×aJ)÷(8.665×1024÷a)2=1.084×1042×a4J/m、です。

ビッグバンの以前の引力は地表の引力の何倍か。

ビッグバンの以前の引力÷地表の引力=1.084×1042×a4J/m÷(4.864×1011J/m)2.229×1053×a4倍です。

ビッグバンの以前の引力は、現在の地表の引力の2.229×1053×a4倍です。

これを表に示す。

ビッグバンの以前の様子。

 

電子のラブの公転軌道

電子のラブが1公転で作る電気の光子と磁気の光子のエネルギー

電子のラブが1秒間に作る電気の光子と磁気の光子のエネルギー

陽子のラブのエネルギー

陽子のラブの公転軌道

陽子のラブが1公転で作る電気の光子と磁気の光子のエネルギー

陽子のラブが1秒間に作る電気の光子と磁気の光子のエネルギー

電子のラブのエネルギーが1Jの場合

8.665×1024

1.423×1018J

9.016×103J

1836J

4.719×1027

2.613×1015J

9.027×103J

電子のラブのエネルギーが8.665Jの場合

1024

1.233×1017J

7.812×102J

1.591×104J

5.446×1028

2.264×1014J

7.821×102J

電子のラブのエネルギーがaJの場合

8.665×1024÷a

1.423×1018×aJ

9.016×103×aJ

1836aJ

4.719×1027÷a

2.613 ×1015×aJ

9.027×103 ×aJ

 

 

 

A

温度

電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー(引力)

物と物との間の引力

電子のラブのエネルギーが1Jの場合

1.221×1013

1.491×1026

9.016×103J

地表の引力の2.229×1052

電子のラブのエネルギーが8.665Jの場合

1.058×1014

1.119×1028

7.812×102

地表の引力の1.256×1056

電子のラブのエネルギーがaJの場合

1.221×1013×a

1.491×1026×a2

9.016×103×aJ

地表の引力の2.229×1053×a4

 

45. ビッグバンの以前の球体の状態を2つに分類する。(2009919日に提出した、特願2009218192)

ビッグバンの以前の球体の状態を2つに分類する。

1つは、ビッグバンの以前の前期で、球体で、陽子のラブと電子のラブは自転だけしていた時。

2つは、ビッグバンの以前の後期で、球体で、陽子のラブと電子のラブは自転と公転をしていた時。

46. ビッグバンの以前の前期で、球体で、陽子のラブと電子のラブは自転だけしていた時、球体の大きさはいくらか。全ての磁気の光子のエネルギーはいくらか。引力はいくらか。(2009919日に提出した、特願2009218192)

宇宙全体の電子のラブの数と陽子のラブの数をcとします。半径にd個の電子のラブが存在するとします。電子のラブのエネルギーをaJとします。

・球体の大きさはいくらか。

4π/3×d32

32c÷4π/32c÷4.187

d=(2c÷4.187)1/3

半径=d×自転軌道

電子のラブの自転軌道は、公転軌道×3.14÷1公転の自転回数=公転軌道×3.14÷(7.96×107)8.665×1024Jm÷電子のラブのエネルギー×3.14÷(7.96×107)3.418×1031 Jm÷電子のラブのエネルギー=3.418×1031m÷a

陽子のラブの自転軌道=公転軌道×3.14÷1公転の自転回数=公転軌道×3.14÷(4.34×104)8.665×1024Jm÷(電子のラブのエネルギー×1836)×3.14÷(4.34×104)3.414×1031 Jm÷電子のラブのエネルギー=3.414×1031m÷a

よって、

半径=d×自転軌道=(2c÷4.187)1/3×自転軌道=(2c÷4.187)1/3×3.418×1031m÷a

半径は、(2c÷4.187)1/3×3.418×1031m÷a=c1/3÷0.47771/3×3.418×1031m÷a=c1/3÷0.781×3.418×1031m÷a=c1/3×4.376×1031m÷a

球体の半径は、c1/3×4.376×1031m÷a、です。

球体の大きさは、2×c1/3×4.376×1031m÷a、です。

1秒間にできる磁気の光子のエネルギーはいくらか。

1秒間にできる磁気の光子のエネルギー=1公転でできる磁気の光子のエネルギー×1秒間の公転数=1.233×1041Jm÷公転軌道×1秒間の公転数=1.233×1041Jm÷(8.665×1024Jm÷電子のラブのエネルギー)(7.96×107)29.016×103×電子のラブのエネルギー=9.016×103×aJ

1秒間にできる磁気の光子のエネルギーは、9.016×103×aJ、です。

・全ての電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギーはいくらか。全ての陽子のラブが作る磁気の光子のエネルギーはいくらか。

全ての電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー=1秒間にできる磁気の光子のエネルギー×電子のラブの数=9.016×103×aJ×c=全ての陽子のラブが作る磁気の光子のエネルギー

全ての電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギーは、9.016×103×aJ×c、です。

全ての陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギーは、9.016×103×aJ×c、です。

・引力はいくらか。

この場合、中央の陽子のラブのコーナーと外側の電子のラブのコーナーはくっついているので、距離は問題にしなくても良い。

引力=全ての電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー×全ての陽子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー=(9.016×103×aJ×c)2

引力は、(9.016×103×aJ×c)2、です。

これを表に示す。

ビッグバンの以前の前期で、球体で、陽子のラブと電子のラブは自転だけしていた時の様子。

ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギー

宇宙の原子の数

電子のラブの自転軌道

陽子のラブの自転軌道

球体の半径

1秒間にできる磁気の光子のエネルギー

全ての陽子のラブと電子のラブが1秒間に作る磁気の光子のエネルギー

引力

aJ

1.0765×1079×a6

3.418×1031m÷a

3.414×1031m÷a

1/3×4.376×1031m÷a

9.016×103×aJ

9.016×103×aJ×c

(9.016×103×aJ×c)2

1J

1.077×1079

3.418×1031

3.414×1031