「惑星の軌道エネルギーと速度と引力」

1. 惑星の太陽からの距離と速度の関係はどのようであるか。見かけ上の出発した光子の軌道エネルギーについて。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

私は、火星と木星の間の小惑星が衝突しないのは、小惑星が存在する軌道の速度は一定であり、小惑星の速度は、小惑星の質量や大きさには無関係であり、太陽からの距離によって、決定されると理解しました。それでは、惑星の太陽からの距離と速度の関係はどのようになっているのでしょうか。

太陽に近い惑星ほど高速です。この事は、惑星に届く太陽のエネルギーが大きいほど高速になっていることを示す。

αJ÷(惑星の軌道)=速度2

αJ÷(距離×2)=速度2

水星。αJ÷(0.579×108Km×2)=47.362Km

αJ=2.597×1011

金星。αJ÷(1.082×108Km×2)=35.022Km

αJ=2.654×1011

地球。αJ÷(1.496×108Km×2)=29.782Km

αJ=2.653×1011

火星。αJ÷(2.279×108Km×2)=24.082Km

αJ=2.643×1011

木星。αJ÷(7.783×108Km×2)=13.062Km

αJ=2.655×1011

土星。αJ÷(14.294×108Km×2)=9.652Km

αJ=2.662×1011

天王星。αJ÷(28.750×108Km×2)=6.812Km

αJ=2.667×1011

海王星。αJ÷(45.044×108Km×2)=5.442Km

αJ=2.666×1011

よって、αJ=2.65×1011Jです。

光子が走ってたどり着くエネルギーの式=aJ×2×108m÷(走った距離×2)=aJ×105Km÷距離=a×105J・Km÷距離、です。aJは出発する光子1個のエネルギーです。(この式は特願2004−202496に記した。)

よって、惑星の太陽からの距離と速度の関係式は、

2.65×1011J・Km÷(距離×2)=1.325×1011J・Km÷距離=速度2 です。

見かけ上の出発した光子の軌道エネルギーについて。

軌道エネルギー=A÷距離として表現するとき、Aを“見かけ上の出発した軌道エネルギー”と名づける。

その理由は、光子が太陽から惑星まで走る間にエネルギーを減少するからです。Aにはその減少分も含まれているからです。

2. 惑星の軌道エネルギーは、惑星に届く光子1個のエネルギーの何倍か。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

惑星の軌道エネルギーは、2.65×1011J・Km÷(距離×2)=1.325×1011JKm÷距離、です。

惑星に届く光子1個のエネルギー=aJ×2×108m÷(走った距離×2)=aJ×2×105Km÷(距離×2

(aJは太陽を出発する1個の電気の光子のエネルギーです。)

惑星の軌道エネルギーは、惑星に届く光子1個のエネルギーの何倍か。

2.65×1011J・Km÷(距離×2)÷{aJ×2×105Km÷(距離×2)}=1.325×106J÷aJ(倍)

aJ=太陽を出発する電気の光子のエネルギー=1031Jを代入する。

1.325×106J÷aJ1.325×106J÷1031J=1.325×1037(倍)

惑星の軌道エネルギーは、惑星に届く光子1個の1.325×1037倍です。

3. 太陽の表面から放出する光子は何個か。太陽の表面積の原子の数はいくらか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

太陽の密度は1.41です。1cm31.41gです。

1cm3の原子数は、1.41g÷(1.66×1024g)=8.491×1023(個)です。

cmに(8.491×1023個)1/3=9.47×107個です。

1mに9.47×109個です。

原子1個の大きさは、1m÷(9.47×109個)=1.056×1010mです。

太陽の中で、原子1個の平均の大きさは1.056×1010mです。

1010mです。

太陽で、電子の公転軌道は1010mとします。

太陽の半径に、原子の数は、

太陽の半径÷1010m=6.96×1053m÷1010m=6.96×1018(個)です。

太陽の表面には、

4πr24×3.14×(6.96×10182個=6.084×1038個です。

太陽の表面の原子数は6.084×1038個です。

この事から理解できる事。

1. 太陽の表面の原子の数は6.084×1038個で、太陽から、常に、6.084×1038個の光子が出発している。

2. 惑星の軌道エネルギーは、惑星に届く光子1個のエネルギーの1.325×1037倍であり、この光子は、太陽の表面に存在する原子から放出されている。

3. 太陽の表面に存在する6.084×1038個の水素は常に光子を放出している。1031Jの光子を放出している。この光子が走って、惑星に届き、惑星の軌道エネルギーに成っている。

4. 惑星の軌道エネルギー=届く1個の光子のエネルギー×太陽の表面の原子数=届く1個の光子のエネルギー×光子数=届く1個の光子のエネルギー×1.325×1037

但し、6.084×1038個を1.325×1037個とみなす。

5. 惑星の軌道エネルギーは太陽が作る軌道エネルギーです。

6. 惑星の軌道エネルギーは、太陽が作る電磁気のエネルギーです。

4. 1個の光子が走ってたどり着くエネルギーの式、aJ×2×108m÷(走った距離×2)はどのように現されるか。太陽の場合はどうか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

aJは出発する1個の光子のエネルギーです。

光子が走ってたどり着くエネルギーの式=aJ×2×108m÷(走った距離×2)=aJ×105Km÷距離=a×105J・Km÷距離

太陽の場合は、aJ=1031Jですから、

太陽から1個の光子が走ってたどり着くエネルギーの式=a×105J・Km÷距離=1031J×105Km÷距離=1026J・Km÷距離、です。

5. 太陽から1個の光子が走ってたどり着くエネルギーの式は、太陽から出発する1個の光子の何倍か。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

太陽から1個の光子が走ってたどり着くエネルギーの式=1026J・Km÷距離、です。

太陽から出発する1個の光子のエネルギーは、1031Jですから、

1026J・Km÷距離÷1031J105Km÷距離、倍です。

6. 惑星の軌道エネルギーの式はどうであるか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

惑星の軌道エネルギー=太陽から出発した1個の光子が届くエネルギー×太陽から出発する光子の数=1031J×105Km÷距離×1.325×1037個=1026J・Km÷距離×1.325×1037個=1.325×1011JKm÷距離

惑星の軌道エネルギーの式=1.325×1011JKm÷距離

7. 太陽から出発した光子のエネルギーはいくらか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

太陽から出発した光子のエネルギー=太陽から出発した1個の光子のエネルギー×太陽から出発した光子の数=1031J×1.325×1037個=1.325×106J、です。

8. 見かけ上の太陽から出発した光子の軌道エネルギーは、太陽から出発した光子のエネルギーの何倍か。この理由はなぜか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

見かけ上の太陽から出発した光子の軌道エネルギーは、1.325×1011J・Kmです。

太陽から出発した光子のエネルギーは、1.325×106Jです。

見かけ上の太陽から出発した光子の軌道エネルギーは、太陽から出発した光子のエネルギーの、1.325×1011J・Km÷(1.325×106J)105Km

105Km倍です。

この理由は、

太陽から出発した光子の数は同じです。

太陽から出発した1個の光子が届くエネルギーは、

光子が走ってたどり着く1個の光子のエネルギーの式=aJ×2×108m÷(走った距離×2)=a×105J・Km÷走った距離、です。

見かけ上の出発した1個の光子の軌道エネルギー=A=a×105J・km

見かけ上の出発した1個の光子の軌道エネルギーは、aJの105Km倍になっているからです。

見かけ上の出発した1個の光子の軌道エネルギーは、出発した1個の光子のエネルギーの105Km倍になっているからです。

9. 太陽の引力はいくらか。惑星の軌道の引力はいくらか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

太陽の表面の原子の数と同じ数の光子が出発する。この光子は、太陽の表面の原子が作る光子です。原子の電子のラブが作る電気の光子と磁気の光子です。磁気の光子は引力になります。電気の光子は進む力になります。それで、太陽の表面から出る磁気の光子のエネルギーは太陽の引力になります。

軌道に届く磁気の光子のエネルギーは、軌道の引力になります。

太陽の引力は、

太陽から出発する磁気の光子の束のエネルギー×太陽の表面の原子数=太陽から出発する1個の電気の光子のエネルギー×太陽の表面の原子数=1031J×1.325×1037個=1.325×106J、です。

太陽の引力は、1.325×106Jです。

惑星の軌道の引力は、惑星の軌道の磁気の光子のエネルギーです。

このエネルギーは、電気の光子のエネルギーと同じです。

軌道のエネルギー=1.325×1011JKm÷距離

惑星の軌道の引力は、1.325×1011JKm÷距離、です。

10. 惑星の速度2は何によって作られるか。惑星の速度2はいくらか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

惑星の速度2は、惑星が存在する軌道の速度2です。

その軌道に存在する物体は、どのような質量でも同じ速度で進みます。

軌道の速度2を作るものは、軌道の電気の光子のエネルギーです。

軌道の速度2=軌道の電気の光子のエネルギー

軌道の電気の光子のエネルギー=軌道のエネルギー=1.325×1011JKm÷距離

惑星の速度2=惑星の軌道の速度2=惑星の軌道の電気の光子のエネルギー=1.325×1011JKm÷距離、です。

この事によって理解できること。

1. 惑星の軌道のエネルギーは、太陽から届く電気の光子と磁気の光子のエネルギーであり、電気の光子は速度2を作り、磁気の光子は引力を作る。

2. 惑星の軌道のエネルギー=惑星の軌道の電気の光子のエネルギー=惑星の軌道の速度2=惑星の軌道の磁気の光子のエネルギー=惑星の軌道の引力

例えば、木星の場合。

木星の軌道のエネルギー=軌道の速度2=軌道の引力

木星の軌道のエネルギー=1.325×1011JKm÷(7.783×108Km)1.702×102J

木星の軌道のエネルギーは1.702×102Jで、木星の軌道の電気の光子のエネルギーは1.702×102Jで、木星の軌道の速度21.702×102 Kmです。

木星の軌道のエネルギーは1.702×102Jで、木星の軌道の磁気の光子のエネルギーは1.702×102Jで、木星の軌道の引力は1.702×102N・mです。

11. 軌道のエネルギーは電気の光子のエネルギーです。この電気の光子のエネルギーが速度2を作る。どれ位の電気の光子のエネルギーがどれ位の速度2を作るか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

エネルギーJ=速度2Km

よって、1Jの電気の光子のエネルギーが1Kmの速度2を作る。

12. 軌道のエネルギーは磁気の光子のエネルギーです。この磁気の光子のエネルギーが引力を作る。どれ位の磁気の光子のエネルギーがどれ位の引力を作るか。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

エネルギーJ=引力Nm

よって、1Jの磁気の光子のエネルギーが1Nmの引力を作る。

13. 惑星における、1.惑星に届く光子1個のエネルギー、2.惑星に届く光子1.3×1037個のエネルギー、3.惑星の軌道のエネルギー、4.惑星の速度2を求める。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

1. 惑星に届く光子1個のエネルギー=1026JKm÷距離

2.惑星に届く光子1.325×1037個のエネルギー=1.325×1037個×惑星に届く光子1個のエネルギー

3.惑星の軌道のエネルギー=2.65×1011Km÷(距離×2)=1.325×1011Km÷距離

水星。

11026JKm÷(0.579×108m=1.727×1034

21.325×1037個×1.727×1034J=2.288×103

31.325×1011Km÷距離=1.325×1011Km÷(0.579×108m)=2.288×103

4.速度2=(47.36Km/s22.243×103Km/s2

金星。

11026JKm÷(1.082×108m=9.728×1035

21.325×1037個×9.728×1035J=1.289×103

31.325×1011Km÷(1.082×108m)=1.224×103

4.速度2=(35.02Km/s21.226×103Km/s2

地球。

11026JKm÷(1.496×108m=6.684×1035

21.325×1037個×6.684×1035J=8.856×102

31.325×1011Km÷(1.496×108m)=8.857×102

4.速度2=(29.78Km/s28.868×102Km/s2

火星。

11026JKm÷(2.279×108m=4.388×1035

21.325×1037個×4.388×1035J=5.814×102

31.325×1011Km÷(2.279×108m)=5.814×102

4.速度2=(24.08Km/s25.798×102Km/s2

木星。

11026JKm÷(7.783×108m=1.285×1035

21.325×1037個×1.285×1035J=1.703×102

31.325×1011Km÷(7.783×108m)=1.702×102

4.速度2=(13.06Km/s21.706×102Km/s2

土星。

11026JKm÷(14.294×108m=6.996×1036

21.325×1037個×6.996×1036J=9.270×10

31.325×1011Km÷(14.294×108m)=9.270×10

4.速度2=(9.65Km/s29.312×10Km/s2

天王星。

11026JKm÷(28.750×108m=3.478×1036

21.325×1037個×3.478×1036J=4.608×10

31.325×1011Km÷(28.750×108m)=4.609×10

4.速度2=(6.81Km/s24.638×10Km/s2

海王星。

11026JKm÷(45.044×108m=2.220×1036

21.325×1037個×2.220×1036J=2.942×10

31.325×1011Km÷(45.044×108m)=2.942×10

4.速度2=(5.44Km/s22.959×10Km/s2

 

まとめて表に示す。

惑星名

惑星に届く光子1個のエネルギー

惑星に届く光子1.3×1037個のエネルギー=惑星の軌道のエネルギー

惑星の軌道のエネルギー=加速度=引力

惑星の速度2=惑星の軌道のエネルギー=加速度=引力

水星

1.727×1035

2.288×103

2.288×103

2.243×103

金星

9.728×1035

1.289×103

1.224×103

1.226×103

地球

6.684×1035

8.856×102

8.857×102

8.868×102

火星

4.388×1035

5.814×102

5.814×102

5.798×102

木星

1.285×1035

1.703×102

1.702×102

1.706×102

土星

6.996×1036

9.270×10

9.270×10

9.312×10

天王星

3.478×1036

4.608×10

4.609×10

4.638×10

海王星

2.959×1036

2.942×10

2.942×10

2.959×10

 

14. 軌道のエネルギーの値=速度2=太陽から届く電気の光子のエネルギー=太陽から届く磁気の光子のエネルギー、この事から理解できる事は何か。(200814日に提出した、特願200823309.「宇宙7)

1.惑星の軌道のエネルギーは、太陽から出発した電気の光子と磁気の光子が軌道に届くエネルギーです。

2.惑星の軌道のエネルギーは、磁気の光子のエネルギーで、引力は磁気の光子のエネルギーですから、惑星の軌道の磁気の光子のエネルギーは引力になります。

3.惑星の軌道のエネルギーは、電気の光子が走るエネルギーですから、電気の光子のエネルギーは、速度2になります。

4.水素が1秒間に作る電気の光子のエネルギー=水素が1秒間に作る磁気の光子のエネルギーですから、太陽から、磁気の光子も1公転1束で、1031Jで出発します。

5.惑星の軌道のエネルギー=電磁気のエネルギー=引力N・m=速度2です。

6.惑星の軌道の電気の光子のエネルギー1J1 Kmの速度2になる。

7.惑星の軌道の磁気の光子のエネルギー1J1 N・mの引力になる。

15. 惑星の表面の原子数はいくらか。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項11)

△水星の場合。

密度は5.43ですから、1cm35.43gです。

1cm3の原子数は、5.43g÷(1.66×1024)3.271×1024

1cmに、(3.271×1024)1/3=1.485×108

1mに、1.485×108個×1001.485×1010

平均公転軌道は、1m÷(1.485×1010)6.734×1011

半径に、2.44×106m×1.485×1010個=3.623×1016

表面に、4πr24π(3.623×1016)21.649×1034

球体積に、4π÷3×(3.623×1016)31.991×1050

△金星の場合。

密度は5.24ですから、1cm35.24gです。

1cm3の原子数は、5.24g÷(1.66×1024)3.157×1024

1cmに、(3.157×1024)1/3=1.467×108

1mに、1.467×108個×1001.467×1010

平均公転軌道は、1m÷(1.467×1010)6.817×1011

半径に、6.052×106m×1.467×1010個=8.878×1016

表面に、4πr24π(8.878×1016)29.900×1034

球体積に、4π÷3×(8.878×1016)32.930×1051

△地球の場合。

密度は5.52ですから、1cm35.52gです。

1cm3の原子数は、5.52g÷(1.66×1024)3.325×1024

1cmに、(3.325×1024)1/3=1.493×108

1mに、1.493×108個×1001.493×1010

平均公転軌道は、1m÷(1.493×1010)6.698×1011

半径に、6.378×106m×1.493×1010個=9.522×1016

表面に、4πr24π(9.522×1016)21.138×1035

球体積に、4π÷3×(9.522×1016)33.584×1051

△火星の場合。

密度は3.93ですから、1cm33.93gです。

1cm3の原子数は、3.93g÷(1.66×1024)2.367×1024

1cmに、(2.367×1024)1/3=1.333×108

1mに、1.333×108個×1001.333×1010

平均公転軌道は、1m÷(1.333×1010)7.502×1011

半径に、3.396×106m×1.333×1010個=4.527×1016

表面に、4πr24π(4.527×1016)22.574×1034

球体積に、4π÷3×(4.527×1016)33.884×1051

△木星の場合。

密度は1.33ですから、1cm31.33gです。

1cm3の原子数は、1.33g÷(1.66×1024)8.012×1023

1cmに、(8.012×1023)1/3=0.929×108

1mに、0.929×108個×1009.29×109

平均公転軌道は、1m÷(9.29×109)1.076×1010

半径に、7.1492×107m×9.29×109個=6.642×1017

表面に、4πr24π(6.642×1017)25.541×1036

球体積に、4π÷3×(6.642×1017)31.227×1054

△土星の場合。

密度は0.69ですから、1cm30.69gです。

1cm3の原子数は、0.69g÷(1.66×1024)4.157×1023

1cmに、(4.157×1023)1/3=0.746×108

1mに、0.746×108個×1007.46×109

平均公転軌道は、1m÷(7.46×109)1.340×1010

半径に、6.0268×107m×7.46×109個=4.496×1017

表面に、4πr24π(4.496×1017)22.539×1036

球体積に、4π÷3×(4.496×1017)31.141×1054

△天王星の場合。

密度は1.27ですから、1cm31.27gです。

1cm3の原子数は、1.57g÷(1.66×1024)7.651×1023

1cmに、(7.651×1023)1/3=0.9146×108

1mに、0.9146×108個×1009.146×109

平均公転軌道は、1m÷(9.146×109)1.093×1010

半径に、2.5559×107m×9.146 ×109個=2.338×1017

表面に、4πr24π(2.338×1017)26.909×1035

球体積に、4π÷3×(2.338×1017)35.351×1052

△海王星の場合。

密度は1.17ですから、1cm31.17gです。

1cm3の原子数は、1.17g÷(1.66×1024)7.048×1023

1cmに、(7.048×1023)1/3=0.89×108

1mに、0.89×108個×1008.9×109

平均公転軌道は、1m÷(8.9×109)1.124×1010

半径に、2.4764×107m×8.9×109個=2.204×1017

表面に、4πr24π(2.204×1017)26.101×1035

球体積に、4π÷3×(2.204×1017)34.482×1052

・表面の原子数は、3.454×1018×質量2/3です。この式を使って、惑星の表面積を計算する。

Kgの原子数=1Kg÷(1.66×1027Kg)6.02×1026

半径にr個の原子があるとする。

体積=4/3×πr3=質量×6.02×1026

r={(質量×6.02×1026)÷4π/3}1/3

表面の原子数=4πr24π(質量×6.02×1026個÷4π/3)1/3×24π(質量×1.4379×1026)2/3=4π×質量2/3×0.143792/3×1027×2/3=4π×質量2/3×0.02071/3×1018=4π×質量2/3×0.275×1018=3.454×1018×質量2/3

表面の原子数=3.454×1018×質量2/3

この式を使って、惑星の表面の原子数を計算する。

水星は、3.454×1018×(3.302×1023Kg)2/3=1.658 ×1034()です。

金星は、3.454×1018×(4.869×1024Kg)2/3=9.923×1034()です。

地球は、3.454×1018×(5.974×1024Kg)2/3=1.658 ×1034()です。

火星は、3.454×1018×(6.416×1023Kg)2/3=2.535×1034()です。

木星は、3.454×1018×(1.899×1027Kg)2/3=5.295×1036()です。

土星は、3.454×1018×(5.685×1026Kg)2/3=2.369×1036()です。

天王星は、3.454×1018×(8.686×1025Kg)2/3=6.774×1035()です。

海王星は、3.454×1018×(1.025×1026Kg)2/3=7.564×1035()です。

まとめて表に示す。

惑星名

電子のラブの平均公転軌道

半径の原子数

表面の原子数

体積の原子数

水星

6.734×1011m

3.623×1016

1.699×1034

1.991×1050

金星

6.817×1011m

8.878×1016

9.900×1034

2.930×1051

地球

6.698×1011m

9.522×1016

1.138×1035

3.584×1051

火星

7.502×1011m

4.527×1016

2.574×1034

3.884×1051

木星

1.076×1010m

6.642×101

5.541×1036

1.227×1054

土星

1.340×1010m

4.496×101

2.539×1036

1.141×1054

天王星

1.093×1010m

2.338×101

6.909×1035

5.351×1052

海王星

1.124×1010m

2.204×101

6.101×1035

4.482×1052

 

16. 太陽から受ける輻射量と同じエネルギーを惑星の表面の原子は作っている。この考えに基づき、軌道エネルギーについて考えます。軌道エネルギーとは何か。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項15)

太陽から受ける輻射量=惑星の表面の1原子が作る1個の電気の光子のエネルギー

軌道エネルギー=惑星の表面の1原子が作る1個の電気の光子のエネルギー×惑星の表面の原子数

太陽から受ける輻射量は地球を1とした場合であるから、地球が受ける輻射量を1℃とすると、惑星が受ける輻射量は、水星は6.67℃、金星は1.91℃、地球は1℃、火星は0.43℃、木星は0.037℃、土星は0.011℃、天王星は0.0027℃、海王星は0.0011℃です。

私は、地表の温度を1℃とし、地表の電子のラブの公転軌道を1.058×1010mとし、地表のAを1としています。

△水星の場合。

この場の温度=6.67℃=A2

A=(6.67)1/2=2.583

この場の電子のラブの公転軌道は、

1.058×1010m÷2.5834.096×1011

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、電子のラブの公転軌道と同じ軌道の電気の光子ができるので、

1.233×1041J・m÷(4.096×1011)3.010×1031

1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、3.010×1031Jです。

水星の表面の原子は1.699×1034個ですから、表面の原子でできる軌道エネルギーは、

表面の原子でできる軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=3.010×1031J×1.699×1034個=5.114×103Jです。

比較します。

公転速度2=公転軌道エネルギー=47.362J=2.243×103

公転速度2で算出する公転軌道エネルギーは、2.243×103Jです。

水星の表面の温度を6.67℃として、算出した場合の、表面の原子でできる軌道エネルギーは、5.114×103Jです。

・太陽より受ける輻射の温度を6.67℃とした場合の、表面の原子でできる軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの何倍か。

5.114×103J÷(2.243×103)2.28

2.28倍です。

△金星の場合。

この場の温度=1.91℃=A2

A=(1.91)1/2=1.382

この場の電子のラブの公転軌道は、

1.058×1010m÷1.3827.656×1011

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、電子のラブの公転軌道と同じ軌道の電気の光子ができるので、

1.233×1041J・m÷(7.656×1011)1.61×1031

1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、1.61×1031Jです。

水星の表面の原子は9.9×1034個ですから、表面の原子でできる軌道エネルギーは、

表面の原子でできる軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=1.61×1031J×9.9×1034個=1.594×104Jです。

比較します。

公転速度2=公転軌道エネルギー=35.022J=1.226×103

公転速度2で算出する公転軌道エネルギーは、1.226×103Jです。

金星の表面の温度を1.91℃として、算出した場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、1.594×104Jです。

・太陽より受ける輻射の温度を1.91℃とした場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの何倍か。

1.594×104J÷(1.226×103)13

13倍です。

△地球の場合。

この場の温度=1℃=A2

A=(1)1/2=1

この場の電子のラブの公転軌道は、

1.058×1010m÷11.058×1010

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、電子のラブの公転軌道と同じ軌道の電気の光子ができるので、

1.233×1041J・m÷(1.058×1010)1.165×1031

1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、1.165×1031Jです。

地球の表面の原子は1.138×1035個ですから、

表面の原子でできるできる電気の光子のエネルギーは、

表面の原子でできる軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=1.165×1031J×1.138×1035個=1.326×104Jです。

比較します。

公転速度2=公転軌道エネルギー=29.782J=886.8

公転速度2で算出する公転軌道エネルギーは、8.868×102Jです。

地球の表面の温度を1℃として、算出した場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、1.326×104Jです。

・太陽より受ける輻射の温度を1℃とした場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの何倍か。

1.326×104J÷(8.868×102)1.495

1.495倍です。

△火星の場合。

この場の温度=0.43℃=A2

A=(0.43)1/2=0.656

この場の電子のラブの公転軌道は、

1.058×1010m÷0.6561.613×1010

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、電子のラブの公転軌道と同じ軌道の電気の光子ができるので、

1.233×1041J・m÷(1.613×1010)7.644×1032

1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、7.644×1032Jです。

火星の表面の原子は2.574×1034個ですから、

表面の原子でできるできる電気の光子のエネルギーは、

表面の原子でできる軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=7.644×1032J×2.574×1034個=1.968×103Jです。

比較します。

公転速度2=公転軌道エネルギー=24.082J=579.8

公転速度2で算出する公転軌道エネルギーは、5.798×102Jです。

火星の表面の温度を0.43℃として、算出した場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、1.968×103Jです。

・太陽より受ける輻射の温度を0.43℃とした場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの何倍か。

1.968×103J÷(5.798×102)3.394

3.394倍です。

△木星の場合。

この場の温度=0.037℃=A2

A=(0.037)1/2=0.1924

この場の電子のラブの公転軌道は、

1.058×1010m÷0.19245.499×1010

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、電子のラブの公転軌道と同じ軌道の電気の光子ができるので、

1.233×1041J・m÷(5.499×1010)2.242×1032

1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、2.242×1032Jです。

木星の表面の原子は5.541×1036個ですから、

表面の原子でできるできる電気の光子のエネルギーは、

表面の原子でできる軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=2.242×1032J×5.541×1036個=1.242×105Jです。

比較します。

公転速度2=公転軌道エネルギー=13.062J=170.56

公転速度2で算出する公転軌道エネルギーは、1.706×102Jです。

木星の表面の温度を0.037℃として、算出した場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、1.242×105Jです。

・太陽より受ける輻射の温度を0.037℃とした場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの何倍か。

1.242×105J÷(1.706×102)7.282×102

7.282×102倍です。

△土星の場合。

この場の温度=0.011℃=A2

A=(0.011)1/2=0.1049

この場の電子のラブの公転軌道は、

1.058×1010m÷0.10491.009×109

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、電子のラブの公転軌道と同じ軌道の電気の光子ができるので、

1.233×1041J・m÷(1.009×109)1.222×1032

1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、1.222×1032Jです。

土星の表面の原子は2.539×1036個ですから、

表面の原子でできる電気の光子のエネルギーは、

表面の原子でできる軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=1.222×1032J×2.539×1036個=3.103×104Jです。

比較します。

公転速度2=公転軌道エネルギー=9.652J=93.1225

公転速度2で算出する公転軌道エネルギーは、9.312×10Jです。

土星の表面の温度を0.011℃として、算出した場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、3.103×104Jです。

・太陽より受ける輻射の温度を0.011℃とした場合の表面の原子でできる軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの何倍か。

3.103×104J÷(9.312×10)3.332×102

3.332×102倍です。

・どうして木星の場合、太陽より受ける輻射の温度を0.037℃とした場合の軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの7.282×102倍になり、土星の場合、3.332×102倍になるのか。

木星と土星はガス型惑星であり、表面の原子数は、1000分の1になっているからです。

木星の場合。

表面はガス体で、1/1000の密度ですから、木星の表面の原子は5.541×10363個です。

軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=2.242×1032J×5.541×1033個=1.242×102

1.242×102J÷(1.706×102)0.728

それで、木星の場合、太陽より受ける輻射の温度を0.037℃とした場合の軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの0.728倍になります。

土星の場合。

表面はガス体で、1/1000の密度ですから、土星の表面の原子は2.539×10363個です。

軌道エネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー×表面の原子数=1.222×1032J×2.539×1033個=3.103×10

3.103×10J÷(9.312×10)0.333

それで、土星の場合、太陽より受ける輻射の温度を0.011℃とした場合の軌道エネルギーは、公転速度2の軌道エネルギーの0.333倍です。

まとめて表に示す。

 

温度=太陽より受ける輻射量

Aの値

表面の電子のラブの公転軌道

表面の1原子で作る電気の光子1個のエネルギー

表面の原子数

(「請求項11」で求めた値)

表面の原子でできる軌道エネルギー

水星

6.67

2.583

4.096×1011m

3.010×1031

1.699×1034

5.114×103J

金星

1.91

1.382

7.656×1011m

1.610×1031

9.9×1034

1.594×104J

地球

1

1

1.058×1010m

1.165×1031

1.138×1035

1.326×104J

火星

0.43

0.656

1.613×1010m

7.644×1032

2.574×1034

1.968×103J

木星

0.037

0.1924

5.499×1010m

2.242×1032

5.541×1036

1.242×105J

土星

0.011

0.1049

1.009×109m

1.222×1032

2.539×1036

3.103×104J

 

 

公転速度

軌道エネルギー=公転速度2

表面の原子でできる軌道エネルギー

表面の原子でできる軌道エネルギー÷軌道エネルギー

水星

47.36

2.243×103

5.114×103J

2.28

金星

35.02

1.226×103

1.594×104J

13

地球

29.78

8.868×102

1.326×104J

1.495

火星

24.08

5.798×102

1.968×103J

3.394

木星

13.06

1.706×102

1.242×105J

7.282×102

ガス体であるから、0.728

土星

9.65

9.312×10

3.103×104J

3.332×102

ガス体であるから、0.333

 

17. 惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギーはどのような式で求められるか。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項16)

太陽より受ける輻射量の値は、1÷太陽からの距離2の比です。地球の値を1としています。

それで、

太陽より受ける輻射量=1÷太陽と惑星の距離2÷(1÷太陽と地球の距離2)=太陽と地球の距離2÷太陽と惑星の距離2、です。

惑星の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.233×1041Jm÷(1.058×1010m÷輻射量1/2)= 1.233×1041Jm÷(1.058×1010)×輻射量1/21.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×(太陽と地球の距離2÷太陽と惑星の距離2)1/2=1.165×1031J×太陽と地球の距離÷太陽と惑星の距離=1.165×1031J×1.496×108Km÷太陽と惑星の距離=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

18. 惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離、この式はどのような事を意味するのか。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項17)

惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

具体的に表すと、

水星の場合。

水星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷(0.579×108Km)3.010×1031J

金星の場合。

金星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷(1.089×108Km)1.601×1031J

地球の場合。

地球の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷(1.496×108Km)1.165×1031J

火星の場合。

火星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷(2.279×108Km)7.648×1032J

木星の場合。

木星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷(7.783×108Km)2.239×1032J

土星の場合。

土星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷(14.294×108Km)1.219×1032J

まとめて表に示す。

惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

惑星名

距離

惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー

水星

0.579×108Km

3.010×1031J

金星

1.089×108Km

1.601×1031J

地球

1.089×108Km

1.165×1031J

火星

2.279×108Km

7.648×1032J

木星

7.783×108Km

2.239×1032J

土星

14.294×108Km

1.219×1032J

 

この事から理解できる事。

1. 惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離、この式は、太陽から受ける輻射量と同じエネルギーを惑星の表面の原子は作っている事を意味する式です。

2. 惑星の表面の1原子でできる電気の光子1個のエネルギー=1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離、この式は、太陽から受ける輻射量=惑星の表面の1原子が作る1個の電気の光子のエネルギー、を意味する。

3. この式は、「請求項15」で示した式を、1つの式にまとめた式で、意味する事は同じです。

19. 惑星の軌道エネルギーの式はどのようであるか。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項18)

Aは太陽と惑星の距離で表す場合。Bは太陽と惑星の軌道で表す場合。

A。太陽と惑星の距離で表す場合。

惑星の軌道エネルギー=惑星の表面の原子数×惑星の表面の1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

B。太陽と惑星の軌道で表す場合。

惑星の軌道エネルギー=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離=2×惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷(2×太陽と惑星の距離)=惑星の表面の原子数×3.486×1023JKm÷軌道

20. 太陽から届く軌道エネルギーの式はどのようであるか。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項19)

Aは太陽と惑星の距離で表す場合。Bは太陽と惑星の軌道で表す場合。

A。太陽と惑星の距離で表す場合。

太陽から届く軌道エネルギー=1.325×1011JKm÷距離(この式は、特願200823309の「請求項1に記した。)

B。太陽と惑星の軌道で表す場合。

太陽から届く軌道エネルギー=1.325×1011JKm÷距離

太陽から届く軌道エネルギー=2×1.325×1011JKm÷(2×距離)

太陽から届く軌道エネルギー=2.65×1011JKm÷軌道

21. 太陽から届く軌道エネルギーは、1.325×1011JKm÷距離です。太陽から惑星に届く軌道エネルギーと惑星の軌道エネルギーが等しい場合の条件は何か。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項20)

太陽から届く軌道エネルギー=1.325×1011JKm÷距離(この式は、特願200823309の「請求項1に記した。)

惑星の軌道エネルギー=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

太陽から惑星に届く軌道エネルギーと惑星の軌道エネルギーが等しい場合。

1.325×1011JKm÷太陽と惑星の距離=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

1.325×1011JKm=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm

惑星の表面の原子数=1.325×1011JKm÷(1.743×1023JKm)7.602×1033()

よって、太陽から惑星に届く軌道エネルギーと惑星の軌道エネルギーが等しい場合の条件は、惑星の表面の原子数が7.602×1033個であることです。

22. 惑星の表面の原子数が7.602×1033個である場合、惑星の軌道エネルギー=2.65×1011JKm÷軌道です。太陽から出発する光子のエネルギー÷軌道=2.65×1011JKm÷軌道、との関係はどのようであるか。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項21)

惑星の軌道エネルギー=2.65×1011JKm÷惑星の軌道=惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー

惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー=惑星の軌道エネルギー=2.65×1011JKm÷惑星の軌道

惑星の軌道=2.65×1011JKm÷惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー

太陽から出発する光子のエネルギー÷惑星の軌道=2.65×1011JKm÷惑星の軌道=2.65×1011JKm÷(2.65×1011JKm÷惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー)=惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー

太陽から出発する光子のエネルギー÷惑星の軌道=惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー=惑星の表面の原子が1公転で作る磁気の光子のエネルギー

この事によって理解できる事。

1.太陽から出発する光子のエネルギーが太陽圏の軌道のエネルギーを作っている。

2.太陽から惑星に届く電気の光子のエネルギーは、惑星の表面の原子が作る電気の光子のエネルギーと磁気の光子のエネルギーを作っている。

3.太陽から惑星に届く電気の光子のエネルギーは、惑星の表面の原子が1公転で作る電気の光子のエネルギーに等しい。

4.太陽から惑星に届く磁気の光子のエネルギーは、惑星の表面の原子が1公転で作る磁気の光子のエネルギーに等しい。

23. 太陽の引力と惑星の引力はつりあっている事はどのようなことか。太陽が惑星を引っ張っているとはどのようなことか。太陽と惑星の引力の解明。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項22)

太陽が惑星を引っ張っている事は、太陽が出す磁気の光子が作る軌道エネルギーが、惑星が出す磁気の光子の軌道エネルギーに等しい事です。

太陽の引力は、太陽から届く磁気の光子のエネルギーです。

惑星の引力は、惑星から出る磁気の光子のエネルギーです。

太陽から届く電気の光子のエネルギーは、太陽の表面の原子数×太陽から出発する電気の光子1個のエネルギー×105Km÷距離=1.325×1037個×1031J×105Km÷距離=1.325×1011JKm÷距離、です。

1公転でできる電気の光子のエネルギー=1公転でできる磁気の光子のエネルギー、ですから、

太陽から届く磁気の光子のエネルギー=太陽の表面の原子数×太陽から出発する磁気の光子のエネルギー×105Km÷距離=1.325×1037個×1031J×105Km÷距離=1.325×1011JKm÷距離、です。

よって、太陽が作る磁気の光子の軌道エネルギーの式は、太陽が作る電気の光子の軌道エネルギーの式と同じです。

また、

惑星が作る電気の光子の軌道エネルギーの式と、惑星が作る磁気の光子の軌道エネルギーの式は同じです。

惑星が作る電気の光子の軌道エネルギーの式=惑星が作る磁気の光子の軌道エネルギーの式=惑星の軌道エネルギーの式=惑星の軌道エネルギー=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷太陽と惑星の距離

惑星の表面の原子数が7.602×1033個である場合、太陽から惑星に届く軌道エネルギーと惑星の軌道エネルギーが等しい。

この事は何を意味するか。

1.惑星の表面に存在する7.602×1033個の原子が電気の光子と磁気の光子を出している。

2.太陽の表面に存在する1.325×1037個の原子が電気の光子と磁気の光子を出している。

3.惑星の軌道において、太陽から惑星の軌道に届く磁気の光子のエネルギーと、惑星が出す磁気の光子のエネルギーは等しい。

4.引力がつりあっている事は、惑星の軌道において、太陽から惑星の軌道に届く磁気の光子のエネルギーと、惑星が出す磁気の光子のエネルギーは等しい事です。

磁気の光子のエネルギーは等しく方向が反対です。

5.惑星は、太陽が作る磁気の光子の軌道エネルギーと自分が作る磁気の光子の軌道エネルギーが等しい軌道に存在する。

6.惑星が作る磁気の光子の軌道エネルギーと、太陽から届く磁気の光子の軌道エネルギーは等しい。

7.磁気の光子の軌道エネルギーは引力になり、電気の光子の軌道エネルギーは速度2になっている。

8.太陽が作る軌道エネルギーには2種類あり、1つは電気の光子の軌道エネルギーであり、1つは磁気の光子の軌道エネルギーである。

9.惑星が作る軌道エネルギーには2種類あり、1つは電気の光子の軌道エネルギーであり、1つは磁気の光子の軌道エネルギーである。

まとめて表に示す。

 

距離=半径の場合

軌道=直径の場合

太陽から届く光子のエネルギー

太陽の表面の原子数×太陽から出発する電気の光子1個のエネルギー×見かけ上の距離に換算する定数÷距離=1.325×1037個×1031J×105Km÷距離=1.325×1011JKm÷距離

1.325×1037個×1031J×105Km÷距離=2×1.325×1011JKm÷(2×距離)2.65×1011JKm÷軌道

惑星の軌道エネルギー

惑星の表面の原子数×惑星の表面の1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー÷距離=惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷距離

惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷距離=2×惑星の表面の原子数×1.743×1023JKm÷(2×距離)=惑星の表面の原子数×3.486×1023JKm÷軌道

惑星の表面の原子数を7.602×1033個とする場合。惑星の軌道エネルギーと太陽から届く光子の軌道エネルギーが等しくなる場合。

 

距離=半径の場合

軌道=直径の場合

惑星の軌道エネルギー

惑星の表面の原子数×惑星の表面の1原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー÷距離=7.602×1033個×1.743×1023JKm÷距離=1.325×1011JKm÷距離

7.602×1033個×1.743×1023JKm÷距離=1.325×1011JKm÷距離=2×1.325×1011JKm÷(2×距離)2.65×1011JKm÷軌道

 

24. 惑星の表面の原子数が7.6×1033個であるとすると、「請求項11」で求めた惑星の表面の原子数は7.6×1033個の何倍か。(20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項23)

惑星の表面の原子数÷(7.6×1033)

惑星名

表面の原子数

「請求項11」で求めた値

表面の状態

表面の原子数÷(7.6×1033)

 

水星

1.699×1034

岩石

2.236

金星

9.900×1034

岩石

1.303×10

地球

1.138×1035

岩石や土や海

1.497×10

火星

2.574×1034

岩石

3.387

木星

5.541×1036

水素ガス

7.29×102

土星

2.539×1036

水素ガス

3.341×102

天王星

6.909×1035

水の氷

9.091×10

海王星

6.101×1035

水の氷

8.028×10

 

「請求項15」を参照。

この表から理解できる事。

惑星の表面の状態から、惑星の表面の原子数は全て、7.6×1033個であると推察できる。

25. 惑星の表面の原子数が7.602×1033個である場合、太陽から惑星に届く軌道エネルギーと惑星の軌道エネルギーは等しい。(2009511日に提出した、特願2009114091)

7.602×1033個÷惑星の表面の原子数(特願2008268538、「宇宙11」の「請求項11」で求めた、惑星の表面の原子数の値)

水星。

7.602×1033個÷(1.699×1034)4.473×101

金星。

7.602×1033個÷(9.900×1034)7.679×102

地球。

7.602×1033個÷(1.138×1035)6.680×102

火星。

7.602×1033個÷(2.574×1034)2.953×101

木星。

7.602×1033個÷(5.541×1036)1.372×103

土星。

7.602×1033個÷(2.539×1036)2.993×103

天王星。

7.602×1033個÷(6.909×1035)1.100×102

海王星。

7.602×1033個÷(6.101×1035)1.246×102

・地球の値、7.602×1033個÷(1.138×1035)6.680×102、を1とすると、惑星の値は

いくらか。

水星:金星:地球:火星:木星:土星:天王星:海王星=4.473×1017.679×1026.680×1022.953×1011.372×1032.993×1031.100×1021.246×1026.71.1514.40.020.0450.1650.19

水星、金星、地球、火星は固体です。

木星、土星はガス体です。

天王星、海王星は水の氷です。

表に示す。

7.6×1033個÷惑星の表面の原子数

惑星名

表面の原子数、密度から求めた値(特願2008268538の「請求項11」に記した値)

7.602×1033個÷惑星の表面の原子数

地球を1とする

表面の状態

水星

1.699×1034

4.473×101

6.7

岩石

金星

9.900×1034

7.679×102

1.15

岩石

地球

1.138×1035

6.680×102

1

岩石や土や海

火星

2.574×1034

2.953×101

4.4

岩石

木星

5.541×1036

1.372×103

0.02

水素ガス

土星

2.539×1036

2.993×103

0.045

水素ガス

天王星

6.909×1035

1.100×102

0.165

水の氷

海王星

6.101×1035

1.246×102

0.19

水の氷

 

この事によって理解できる事。

1. 惑星は、表面の原子数が同数になるようにできた。

2. 太陽が作る軌道エネルギーと同じ軌道エネルギーを持つ惑星ができた。

3. 惑星は惑星が存在する軌道エネルギーにより作られた。

4. 軌道エネルギー=速度2ですから、惑星は速度2によりできた。

5. 惑星は、速度2になるようにできた。

6. 小惑星は、惑星ができた時には、もうすでに、出来上がっていたので、そのままです。

26. 我々は、太陽から光子を受けている。この光子のエネルギーを計算する式はどのようであるか。惑星にたどり着く電気の光子1個のエネルギー=太陽を出発する電気の光子1個のエネルギー×見かけ上に換算する定数÷距離、の式を再考する。(2009511日に提出した、特願2009114091)

太陽の表面1kmでは、温度は4.3×103K4.3×103℃です。

太陽の表面のA=(4.3×103)1/2=6.55×10

電子のラブの公転軌道は、1.058×1010m÷(6.557×10)1.614×1012m、です。

この電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギーは、1.233×1041Jm÷(1.614×1012)7.639×1030J

太陽の表面1Kmでできる電気の光子1個のエネルギーは、7.639×1030Jです。

このエネルギーを太陽を出発するエネルギーとする。

・惑星にたどり着く電気の光子のエネルギーを計算する式はどのようであるか。

惑星にたどり着く電気の光子1個のエネルギー=太陽を出発する電気の光子1個のエネルギー×見かけ上に換算する定数÷距離=7.639×1030J×見かけ上に換算する定数÷距離

1.太陽から届く光子を輻射量とする場合。

輻射熱1/21.743×1023JKm÷距離(この式は、20081017日に提出した、特願2008268538.「宇宙11」の「請求項16」に記した。)

輻射熱1/21.743×1023JKm÷距離=7.639×1030J×見かけ上に換算する定数÷距離。

見かけ上に換算する定数=1.743×1023JKm÷(7.639×1030J)2.282×106Km

よって、受ける光子を輻射量1/2とする場合、見かけ上に換算する定数は、2.282×106Kmです。

惑星にたどり着く輻射量1/2=太陽を出発する電気の光子のエネルギー×見かけ上に換算する定数÷距離=7.639×1030J×2.282×106Km÷距離=1.743×1023JKm÷距離

2.太陽から届く光子を可視光とする場合。

地球において、届く光子を6.68×1035Jの可視光とする場合。

地球において、

届く光子1個のエネルギー=7.639×1030J×見かけ上に換算する定数÷距離

6.68×1035J7.639×1030J×見かけ上に換算する定数÷(1.496×108Km)

見かけ上に換算する定数=6.68×1035J÷(7.639×1030J)×1.496×108Km1.308×103Km

よって、地球において、届く光子を6.68×1035Jの可視光とする場合、見かけ上に換算する定数は、1.308×103Kmです。

惑星にたどり着く光子1個のエネルギー=太陽を出発する電気の光子1個のエネルギー×見かけ上に換算する定数÷距離=7.639×1030J×1.308×103Km÷距離=1026JKm÷距離

この事を表に示す。

出発する電気の光子1個のエネルギー

たどり着く光子のエネルギー

見かけ上に換算する定数

7.636×1030J

輻射熱1/21.743×1023JKm÷距離

2.282×106Km

7.636×1030J

6.68×1035J

1.308×103Km

1031J

6.68×1035J

105Km

 

この事によって理解できる事。

1. 私は、太陽から出発する電気の光子1個のエネルギーを1031Jとし、たどり着く電気の光子1個のエネルギーを可視光としているので、“見かけ上に換算する定数”は105Kmです。

1031J×105÷距離=1031J×105Km÷(1.496×108Km)6.68×1035J

この軌道は、1.233×1041Jm÷(6.68×1035J)1.846×107m。

この波長は、1.846×107m×23.692×107m。可視光は3.3×107mから、7.7×107mですから、大きいエネルギーが届いているとした。

2. 太陽を出発する電気の光子1個のエネルギーを7.639×1030J とし、たどり着く電気の光子のエネルギーを輻射熱とすると、“見かけ上に換算する定数”は2.282×106Kmです。

3. 太陽を出発する電気の光子1個のエネルギーを7.639×1030J とし、地球にたどり着く電気の光子1個のエネルギーを6.68×1035Jとすると、“見かけ上に換算する定数”は1.308×103Kmです。

4. よって、太陽から出発する光子のエネルギーや、たどり着く光子の種類やエネルギーにより、“見かけ上に換算する定数”は異なる。

5. このように、届く光子1個のエネルギーは、出発する光子1個のエネルギー×見かけ上に換算する定数÷距離、の式で計算できる。

27. 太陽から受ける輻射量が、惑星の表面の1原子が1公転で作る電気の光子のエネルギーになるとする。太陽から受ける輻射量から計算した、惑星の表面の1原子が1公転で作る電気の光子のエネルギーの計算式と、惑星の表面の1原子が1秒間に作る電気の光子のエネルギーの計算式はどのようであるか。(2009511日に提出した、特願2009114091)

太陽から受ける輻射量から計算した、惑星の表面の1原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー=1.233×1041Jm÷(1.058×1010m÷輻射量1/2)=1.165×1031×輻射量1/2

太陽から受ける輻射量から計算した、惑星の表面の1原子が1秒間に作る電気の光子のエネルギー=1原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー×1秒間の公転数=1.165×1031×輻射量1/2×(7.96×107) 2回=1.165×1031×輻射量1/2×6.336×1015回=7.381×1016J×輻射量1/2

28. 惑星の表面の原子数が7.602×1033個である場合、惑星の軌道エネルギーと太陽から惑星に届く軌道エネルギーは等しい。この事を証明する。(2009511日に提出した、特願2009114091)

この事を証明するには、惑星の軌道エネルギー=太陽から惑星に届く軌道エネルギー、とし、輻射量1/2を求める式を作り、求めた輻射量がデーターと同じであるなら、惑星の軌道エネルギー=太陽から惑星に届く軌道エネルギー、の式は成立する。

・輻射量1/2はどのような式で求められるか。

(私は、この事について、20081017日に提出した、特願2008268538の「請求項20」に記した。)

惑星の軌道のエネルギー=太陽から受ける輻射熱から計算した1原子が1公転で作る電気の光子のエネルギー×惑星の表面の原子数=1.233×1041Jm÷{1.058×1010m÷輻射量1/2)×7.602×1033個=8.859×102×輻射量1/2

太陽が作る惑星の軌道エネルギー=惑星の軌道のエネルギー

1.325×1011JKm÷距離=8.859×102×輻射量1/2

輻射量1/21.325×1011JKm÷距離÷(8.859×102)

輻射量1/2は、

輻射量1/21.325×1011JKm÷距離÷(8.859×102)1.496×108JKm÷距離、の式で求められる。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離

この式により、輻射量を算出する。

水星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(0.579×108Km)2.584

輻射量=2.5842=6.677

金星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(1.082×108Km)1.383

輻射量=1.3832=1.912

地球。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(1.496×108Km)1

輻射量=1

火星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(2.279×108Km)0.656

輻射量=0.6562=0.431

木星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(7.783×108Km)0.192

輻射量=0.1922=0.369

土星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(14.294×108Km)0.105

輻射量=0.1052=0.011

天王星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(28.750×108Km)0.052

輻射量=0.0522=0.0027

海王星。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離=1.496×108JKm÷(45.044×108Km)0.0332

輻射量=0.03322=0.0011

これによって理解できる事。

輻射量1/21.496×108JKm÷距離、の式により求めた輻射量はデーターの値と等しい。

この事は、惑星の表面の原子数が7.602×1033個である場合、惑星の軌道エネルギーと太陽から惑星に届く軌道エネルギーは等しい事を証明する。

29. 惑星の表面の原子数を、7.602×1033個とすると、輻射量が作る惑星のエネルギーはいくらか。届く光子1個のエネルギー=出発する光子1個のエネルギー×105Km÷距離が成立する事の再考察。(2009511日に提出した、特願2009114091)

 (私は、この事について、20081017日に提出した、特願2008268538の「請求項15」に記した。) 今回は、惑星の表面の原子数を、7.602×1033個とする。

表面の原子でできる軌道エネルギー

=表面の原子数×1個の原子が1公転で作る電気の光子1個のエネルギー

7.602×1033個×{1.233×1041Jm÷(1.058×1010m÷輻射量1/2)

=8.859×102×輻射量1/2

水星。

水星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×6.671/28.859×102×2.5832.288×103

金星。

金星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×1.911/28.859×102×1.3821.224×103

地球。

地球の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×18.859×102

火星。

火星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×0.431/28.859×102×0.6565.809×102

木星。

木星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×0.0371/28.859×102×0.1921.704×102

土星。

土星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×0.0111/28.859×102×0.1059.291×10

天王星。

天王星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×0.00271/28.859×102×0.051964.603×10

海王星。

海王星の表面の原子でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/28.859×102×0.00111/28.859×102×0.0332.938×10

この事を表に示す。

 

温度=太陽より受ける輻射量

輻射量1/2

表面の原子数を7.602×1033個とする、8.859×102×輻射量1/2

公転速度

Km/s

公転速度2=軌道エネルギー

 

1.325×1011JKm÷距離=軌道エネルギー

水星

6.67

2.583

2.288×103J

47.36

2.243×103

2.288×103J

金星

1.91

1.382

1.224×103J

35.02

1.226×103

1.224×103J

地球

1

1

8.859×102J

29.78

8.868×102

8.857×102J

火星

0.43

0.656

5.809×102J

24.08

1.968×103J

5.814×102J

木星

0.037

0.1924

1.704×102J

13.06

1.706×102

1.702×102J

土星

0.011

0.1049

9.291×10J

9.65

9.312×10

9.270×10J

天王星

0.0027

0.05196

4.603×10J

6.81

4.638×10J

4.609×10J

海王星

0.0011

0.03317

2.938×10J

5.44

2.959×10J

2.942×10J

 

この事によって理解できる事。

1. 惑星の表面の原子数を、7.602×1033個とすると、輻射量から計算する、惑星の表面でできる軌道エネルギー=8.859×102×輻射量1/2=太陽の表面の原子数(1.325×1037)×太陽から出発する光子1個のエネルギー(1031J)×105Km÷距離=1.325×1011JKm÷距離=太陽から受ける軌道のエネルギー=軌道エネルギー=公転速度2、の式が成立する。

2. 輻射量から計算する軌道エネルギーと、従来考えてきた、届く光子1個のエネルギー=出発する光子1個のエネルギー×105Km÷距離、の式で計算する軌道エネルギーは等しい値になるので、従来考えてきた式は正しい。

30. 太陽から出発する1個の光子のエネルギーを1031Jとすると、届くエネルギーは、1031J×105Km÷距離、です。このエネルギーと輻射量の関係はどのようであるか。(2009511日に提出した、特願2009114091)

・太陽から届く光子1個のエネルギーはいくらか。

太陽から届く光子1個のエネルギー=1031J×105Km÷距離=1026JKm÷距離

水星。1026JKm÷(0.579×108m=1.727×1034

金星。1026JKm÷(1.082×108m=9.728×1035

地球。1026JKm÷(1.496×108m=6.684×1035

火星。1026JKm÷(2.279×108m=4.388×1035

木星。1026JKm÷(7.783×108m=1.285×1035

土星。1026JKm÷(14.294×108m=6.996×1036

天王星。1026JKm÷(28.750×108m=3.478×1036

海王星。1026JKm÷(45.044×108m=2.220×1036

・輻射量でできる電気の光子のエネルギーはいくらか。

輻射量でできる電気の光子のエネルギー=1.233×1041Jm÷(1.058×1010m÷輻射量1/2)1.165×1031J×輻射量1/2

水星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×6.671/21.165×1031J×2.5833.009×1031J

金星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×1.911/21.165×1031J×1.3821.610×1031J

地球。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×11/21.165×1031J

火星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×0.431/21.165×1031J×0.6567.639×1032J

木星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×0.0371/21.165×1031J×0.1922.241×1032J

土星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×0.011/21.165×1031J×0.10491.222×1032J

天王星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×0.00271/21.165×1031J×0.051966.054×1033J

海王星。1.165×1031J×輻射量1/21.165×1031J×0.00111/21.165×1031J×0.033173.864×1033J

・輻射量でできる光子のエネルギーは、太陽から届く光子1個のエネルギーの何倍か。

水星。3.009×1031J÷(1.727×1034)1.742×103

金星。1.610×1031J÷(9.728×1035)1.655×103

地球。1.165×1031J÷(6.684×1035)1.743×103

火星。7.639×1032J÷(4.388×1035)1.741×103

木星。2.241×1032J÷(1.285×1035)1.744×103

土星。1.222×1032J÷(6.996×1036)1.747×103

天王星。6.054×1033J÷(3.478×1036)1.741×103

海王星。3.864×1033J÷(2.220×1036)1.741×103

この事によって理解できる事。

太陽から届く光子1個のエネギーと輻射量の関係は、輻射量でできる光子のエネルギーは、太陽から届く光子1個のエネルギーの1.741×103倍です。

31. 輻射量1/2の電気の光子は何個の電気の光子であるか。(2009511日に提出した、特願2009114091)

輻射熱は、波長が2×2.066×105mの赤外線の光子である。

(この事ついて、私は、2007218日に提出した、特願200767506、「引力と熱」の「請求項7」に記した。)

熱になる赤外線1個のエネルギーは、

1.233×1041Jm÷(2.064×105)5.974×1037J、です。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷熱となる電気の光子1個のエネルギー=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)

水星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)3.009×1031J÷(5.974×1037J)5.037×105()

金星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)1.610×1031J÷(5.974×1037J)2.695×105()

地球。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)1.165×1031J ÷(5.974×1037J)1.950×105()

火星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)7.639×1032J÷(5.974×1037J)1.279×105()

木星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)2.241×1032J÷(5.974×1037J)3.751×104()

土星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)1.222×1032J ÷(5.974×1037J)2.046×104()

天王星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)6.054×1033J ÷(5.974×1037J)1.013×104()

海王星。

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)3.864×1033J  ÷(5.974×1037J)6.468×103()

この事から理解できる事。

1. 熱になる赤外線は、同じ軌道の赤外線であるから、この赤外線の軌道を2.064×105mとすると、太陽から離れている惑星ほど、輻射量を作っている電気の光子の数は減少している。

  惑星の輻射量1/2のエネルギーと、輻射量1/2の電気の光子の数の関係はどのようであるか。

輻射量1/2のエネルギー=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー=輻射量1/2の磁気の光子のエネルギー

水星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=3.009×1031J5.037×105個=5.973×1037J:1個

金星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=1.610×1031J2.695×105個=5.974×1037J1

地球。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=1.165×1031J1.950×105個=5.974×1037J1

火星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=7.639×1032J1.279×105個=5.973×1037J1

木星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=2.241×1032J3.751×104個=5.974×1037J1

土星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=1.222×1032J2.046×104個=5.973×1037J1

天王星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=6.054×1033J1.013×104個=5.976×1037J1

海王星。

輻射量1/2のエネルギー:輻射量1/2の電気の光子の数=3.864×1033J6.468×103個=5.974×1037J1

このことは、赤外線1個の軌道を2.064×105mとし、エネルギーを5.974×1037Jとしたからです。

これを表に示す。

惑星

太陽から届く光子1個のエネルギー

1031J×105Km÷距離

輻射量でできる光子のエネルギー

1.165×1031J×輻射量1/2

輻射量でできる光子のエネルギーは、太陽から届く光子1個のエネルギーの何倍

輻射量1/2の電気の光子の数=輻射量1/2のエネルギー÷(5.974×1037J)

輻射量の電気の光子1個のエネルギー=磁気の光子のエネルギー

水星

1.727×1034

3.009×1031J

1.742×103

5.037×105

5.974×1037J

金星

9.728×1035

1.610×1031J

1.655×103

2.695×105

5.974×1037J

地球

6.684×1035

1.165×1031J

1.743×103

1.950×105

5.974×1037J

火星

4.388×1035

7.639×1032J

1.741×103

1.279×105

5.974×1037J

木星

1.285×1035

2.241×1032J

1.744×103

3.751×104

5.974×1037J

土星

6.996×1036

6.054×1033J

1.747×103

2.046×104

5.974×1037J

天王星

3.478×1036

3.864×1033J

1.741×103

1.013×104

5.974×1037J

海王星

2.220×1036

3.864×1033J

1.741×103

6.468×103

5.974×1037J

 

32. 輻射量1/2の電気の光子は何個の電気の光子であるか。再考察。

この問題は、2009511日に提出した、特願2009114091.「宇宙12」の「請求項13」の再考察です。

「請求項13」では、輻射熱は、波長が2×2.066×105mの赤外線であると考えた。

しかし、惑星の場の軌道エネルギーが異なるので、熱になる電気の光子の軌道とエネルギーは各々異なる。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー

水星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=3.009×1031Jm÷(1.452×1036J)2.072×105

金星の場合。

金星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=1.610×1031Jm÷(7.769×1037J)2.072×105

地球の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=1.165×1031Jm÷(5.622×1037J)2.072×105

火星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=7.632×1032Jm÷(3.689×1037J)2.069×105

木星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=2.241×1032Jm÷(1.080×1037J)2.075×105

土星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=1.222×1032Jm÷(5.888×1038J)2.075×105

天王星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=6.654×1033Jm÷(2.925×1038J)2.070×105

海王星の場合。

輻射量1/2の電気の光子数=輻射量1/2の電気の光子のエネルギー÷電気の光子1個のエネルギー=3.864×1033Jm÷(1.867×1038J)2.070×105

これを表に示す。

惑星

惑星の表面の1原子の電子のラブが1公転で作る電気の光子のエネルギー=

1.743×1023JKm÷距離=a

惑星の表面の1原子の電子のラブの公転軌道=

1,233×1041Jm÷電気の光子のエネルギー

熱になる電気の光子の軌道=

電子のラブの軌道÷(4.824×106)

熱になる電気の光子のエネルギー=

1.233×1041Jm÷熱になる電気の光子の軌道

輻射量1/2のエネルギー=

輻射量1/2×1.165×1031J

輻射量1/2の電気の光子の数=

輻射量1/2のエネルギー÷熱になる電気の光子のエネルギー

水星

3.010×1031J