20113月の日本天文学会の講演 b

タイトル「電子と陽子の生成とビッグバンの生成」

 

電子の中に超微粒子である電子のラブが存在し、自転しながら公転し、電磁気を作っている。電子のラブはaJの電磁気でできている。電子のラブの電磁気の数は、電子のラブの公転軌道エネルギー÷1公転するときの電磁気の軌道エネルギー=8.665×10-24Jm÷(1.233×10-41Jm)7.028×1017個です。電磁場の温度=(aJ÷1のエネルギー)2={aJ÷(3.719×10-21J)2=(2.653×1020×a)2=7.038×1040×a×a()(Aは地表のエネルギーを1とし、この何倍であるかを示す。) 電磁場のA=温度1/22.653×1020×a。電子のラブができる場のA=電磁場の電子のラブの電磁気の数=電磁場のA×7.028×1017個=2.653×1020×a×7.028×10171.865×1038a。電磁気1個の質量=電子のラブの質量÷電子のラブの電磁気数=9.198×10-31Kg÷(7.028×1017)1.296×10-48Kg。電磁気に質量ができる場のAについて。電磁気に質量ができる事によって電磁気のエネルギーは電磁気の質量エネルギーになる。即ち、電磁気のエネルギー=電磁気の質量エネルギー=aJ=電磁気1個の質量×9×1016×電磁気に質量ができる場のA1.296×10-48Kg×9×1016×電磁気に質量ができる場のA。電磁気に質量ができる場のAaJ÷(1.166×10-31J)=8.576×1030a。電子のラブと陽子のラブができ、中心の陽子のラブの集団とそれを覆う電子のラブの集団の引力は10165Jとなり衝突し、水素原子ができた時、電子のラブは公転し、公転軌道は自転軌道の2.531×107倍になった。体積は約1021倍になり、ビッグバンがおきた。水素原子ができる場のA=電子のラブができる場のA÷(2.531×107)1.865×1038a÷(2.531×107)7.369×1030a
ラブの軌道エネルギー=8.665×10-24Jm。これを対数のグラフ現し、X=0の点をビッグバン発生の電子のラブのエネルギーとする。ビッグバンの時の電子のラブのエネルギー=100J=1J=地表の電子のラブのエネルギー×水素原子ができる場のA。1J=8.187×10-14J×7.369×1030aa=1.658×10-18aを代入し、各場のAを求める。
説明
この件の詳細に関しては、「しづの素粒子論と宇宙論続編」のP96から185までを参照されたい。
「電子と陽子の生成」
(1
番から7番の考察は、2010831日に提出した特願2010195029に記した。)
(8
番から22番の考察は、2010917日に提出した特願2010210141に記した。)
(23
番から29番の考察は、2010101日に提出した特願2010224430に記した。)
(30
番から39番の考察は、20101011日に提出した特願2010229174に記した。)
(40
番から52番の考察は、20101026日に提出した特願2010240127に記した。)
1. 電子のラブと陽子のラブの共通点は何か。
1Kg
の陽子のラブは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。1Kg の電子のラブは、自転するとき3.75×101Jmの仕事をする。この事は、陽子のラブも電子のラブも同じものでできている事を示します。ビッグバンの以前に存在した物は3.75×101Jm/Kg の物であった。
2. 電子のラブと陽子のラブの生成をどのように考えるか。
電子のラブは、自転軌道エネルギーが3.416×1031Jmのものであると理解できることから、この電子のラブは、電磁気により作られたと考える。
ビッグバンの以前、電子のラブが存在しない時、大宇宙に微細な物質が存在した。電磁波が大宇宙に放出した。大宇宙は絶対0であったので、抵抗はなく、電磁波は大宇宙に広まった。磁気の光子は中心に向かって回転する。それで、微細の物質は磁気の光子の回転により、電磁気の中に取り込まれる。電磁気の中に微細な物質が入る。これが電磁気を持つ物質です。これが3.75×101Jm/Kg の物質です。大宇宙は、3.75×101Jm/Kg の物質になった。その電磁気を持つ物質は、ニュートリノが(7.96×107)個で球体を作るように、(7.96×107)個で球体を作った。これが電子のラブです。電子のラブは集まった。電子のラブが集合した中心部は温度が高くなった。温度が18362倍になったところに、陽子のラブはできた。
放出した電磁気のエネルギー(aJとする)と、できる電子のラブのエネルギーと電子のラブの自転軌道と、電子のラブの質量と、できる陽子のラブのエネルギーと、陽子のラブの自転軌道と、陽子のラブの質量について考える。
大宇宙に特定のエネルギーをもつ電磁波が放出し、電磁気を持つ、3.75×101Jm/Kg の物質になった場のエネルギーと温度について、電子のラブができる場のエネルギーと温度について、陽子のラブができる場のエネルギーと温度について考える。
3. 電子のラブ1粒子は、3.416×1031Jmの物であった。どうして、3.416×1031Jmの物ができたのか。温度がそれをつくったのか。
その場の温度で軌道は決まります。エネルギーも決まります。

自転軌道=公転軌道×3.14÷1公転で自転する数=1.058×1010m÷A×3.14÷(7.96×107)
自転軌道=3.416×1031Jm
A
とエネルギーの関係はどのようであるか。

E×1.058×1010m÷A×3.14÷(7.96×107)3.416×1031Jm
1.058×10
10m÷A×3.14÷(7.96×107)÷(3.416×1031Jm)A÷E
1.222×1013/J=A÷E
E=A÷(1.222×1013/J)=8.183×10
14×A
電子のラブのエネルギーが1Jの場合、その場のAは、A=1.222×1013/J×E=1.222×1013、です。

温度は、A2(1.222×1013)1.493×1026、です。

その場の温度で、できる電子のラブのエネルギーと、自転軌道は決定される。
A=E×1.222×1013

A2=E2×1.493×1026

その場の温度が決まるとできる電子のラブのエネルギーは決まる。
自転軌道=3.416×1031Jm÷E
どのような温度の場でも、3.416×1031Jmの電子のラブは作られる。
よって、特定の温度が、3.416×1031Jmの電子のラブを作ったのではない。
4. どうして3.75×101Jm/Kgの物質ができたか。
大宇宙には微細な物質があった。磁気の光子は中心に入り込むように回転するので、この回転により、微細な物質は電磁気の中心に入り込む。電磁気の中に微細な物質が入り込んだものが、3.75×101Jm/Kgの電磁気を持つ物質です。
微細な物質は、(7.96×10)2個の電磁気の中に存在するようになる。これが電子のラブです。質量は大宇宙の微細な物質でできた。
5. aJ=石を溶かすエネルギーの電磁波が放出し、電子のラブができた場合。(石を溶かすエネルギーの電磁波が大宇宙に広まった場合)
私は、特願2006357550の「請求項13」で、次のように記した。

(石を溶かし、蒸発させる電気の光子の束(集合体)が陽子のラブの光子になったと考える。石を溶かし、蒸発させる電気の光子の束(集合体)が電子のラブの光子になったと考える。
珪素の融点は1412で、沸点は、3266です。
それで、石を溶かし沸騰させる電気の光子1個のエネルギーを電気の光子1個のエネルギーとする。)
この考えにより、この石を溶かす電気の光子のエネルギーを電気の光子1個のエネルギーとする電磁気が大宇宙に出てゆき、(7.96×107)2個集まり、電子のラブができたと考える。
電子のラブのエネルギーは、電気の光子1個のエネルギー×(7.96×107)2個=2.162×1019J×(7.96×107)2個=1.370×103J、です。
電子のラブの自転軌道は、電子のラブの自転軌道エネルギー÷電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷(1.370×103J)2.493×1028m、です。
電子のラブの質量は、電子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=3.416×1031Jm÷(3.75×101Jm/Kg)9.109×1031Kg、です。
陽子のラブのエネルギーは、電子のラブのエネルギー×18361.370×103J×18362.515J、です。
陽子のラブの自転軌道は、陽子のラブの自転軌道エネルギー÷陽子のラブのエネルギー=6.272×1028Jm÷2.515J=2.494×1028m、です。
陽子のラブの質量は、陽子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=6.272×1028Jm÷(3.75×101Jm/Kg)1.673×1027Kg、です。
石を溶かす場の温度は、3266です。
この温度は地表の温度の何倍か。A=場の温度1/2=32661/2=57.15()、です。
この場のエネルギーは、32661/2=57.15×3.783×1021J 2.162×1019J、です。 (計算が間違っていました)
電子のラブができる場のエネルギーは、1個の電磁気のエネルギー×(7.96×10)22.162×1019J ×(7.96×10)21.370×103J、です。
電子のラブができる場の温度は、1個の電気の光子ができる温度の(7.96×107)2倍ですから、1個の電気の光子ができる温度×(7.96×107)23266×(7.96×107)22.069×1019、です。
この場のエネルギーは、地表の、A=(2.069×1019)1/24.549×109、倍です。
陽子のラブができる場のエネルギーは、電子のラブができる場のエネルギーの1836倍ですから、(7.96×10)2×2.162×1019J×18362.515J、です。
陽子のラブができる場の温度は、電子のラブができる場の温度の18362倍ですから、電子のラブができる場の温度×183622.069×1019×183626.974×1025、です。
この場のエネルギーは、地表の、A=(6.974×1025)1/2=8.352×1012、倍です。
6. aJ=eVの電磁波が放出し、電子のラブができた場合。(eVの電磁波が大宇宙に広まった場合)
1eV(1.602×10
19J)を電気の光子1個のエネルギーとする電磁波が大宇宙に出てゆき、(7.96×107)2個集まり、電子のラブができたと考える。
この場のエネルギーは、1.602×1019J、です。
電子のラブのエネルギーは、電気の光子1個のエネルギー×(7.96×107)2個=1.602×1019J×(7.96×107)2個=1.015×103J、です。
電子のラブの自転軌道は、電子のラブの自転軌道エネルギー÷電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷(1.015×103J)3.366×1028m、です。
電子のラブの質量は、電子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=3.416×1031Jm÷(3.75×101Jm/Kg)9.109×1031Kg、です。
陽子のラブのエネルギーは、電子のラブのエネルギー×18361.015×103J×18361.863J、です。
陽子のラブの自転軌道は、陽子のラブの自転軌道エネルギー÷陽子のラブのエネルギー=6.272×1028Jm÷1.8633.367×1028m、です。
陽子のラブの質量は、陽子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=6.272×1028Jm÷(3.75×101Jm/Kg)1.673×1027Kg、です。
eVは何度か。
1
274K3.783×1021Jですから、1eV÷11.602×1019J ÷(3.783×1021J)4.235×10、です。
この場の温度は、42.3521793.5、です。
このエネルギーは地表のエネルギーの何倍か。A=場の温度1/2=1793.51/2=42.35()、です。
電子のラブができる場のエネルギーは、1個の電磁気のエネルギー×(7.96×10)21.602×1019J ×(7.96×10)21.015×103J、です。
電子のラブができる場の温度は、1個の電気の光子ができる温度の(7.96×107)2倍ですから、1個の電気の光子ができる温度×(7.96×107)21793.5×(7.96×107)21.136×1019、です。
電子のラブができる場のエネルギーは、地表の、A=(1.136×1019)1/23.370×109、倍です。
陽子のラブができる場のエネルギーは、電子のラブができる場のエネルギーの1836倍ですから、(7.96×10)2×1.602×1019J×18361.864J、です。
陽子のラブができる場の温度は、電子のラブができる場の温度の18362倍ですから、電子のラブができる場の温度×183621.136×1019×183623.829×1025、です。
この場のエネルギーは、地表の、A=(3.829×1025)1/2=6.188×1012、倍です。
7. 大宇宙に放出する電気の光子1個のエネルギーをaJとし、一般式を求める。

1aJの電磁波が放出された。
2
.電磁気は、(7.96×10)個集まり球体になった。これが電子のラブです。
電子のラブのエネルギーは、(7.96×10)aJです。
この電子のラブの自転軌道は、電子のラブの自転軌道=電子のラブの自転軌道エネルギー÷電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷(7.96×107)aJ=5.391 ×1047m÷a、です。
電子のラブの質量は、電子のラブの質量=電子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=3.416×1031Jm÷(3.75×101Jm/Kg)9.109×1031Kg、です。
3
.陽子のラブのエネルギーは、陽子のラブのエネルギー=電子のラブのエネルギー×1836(7.96×10)aJ×18361.163×1019aJ、です。
この陽子のラブの自転軌道は、陽子のラブの自転軌道=陽子のラブの自転軌道エネルギー÷陽子のラブのエネルギー=6.272×1028Jm÷(1.163×1019aJ)5.393×1047m÷a、です。
陽子のラブの質量は、陽子のラブの質量=陽子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=6.272×1028Jm÷(3.75×101Jm/Kg)1.673×1027Kg、です。
4
1個の電磁気のエネルギーは、aJ、です。

1個の電磁気の場の温度は、1個の電磁気の場の温度=aJの温度2(aJ÷1のエネルギー)2={aJ÷(3.783×1021J)2(2.643×1020a)26.985×1040×a×a()、です。
この温度は地表の温度の何倍か。A=場の温度1/2=(6.985×1040a2)1/22.643×1020a()、です。
5
.電子のラブができる場のエネルギーは、(7.96×10)2aJ、です。
電子のラブができる場の温度は、1個の電磁気の場の温度の(7.96×10)2倍ですから、1個の電磁気の場の温度×(7.96×10)26.985×1040×a×a() ×(7.96×10)24.426×1056×a×a()、です。
このエネルギーは地表のエネルギーの何倍か。A=場の温度1/2=(4.426×1056×a×a)1/2=2.102×1028a()、です。
6
.陽子のラブができる場のエネルギーは、電子のラブができる場のエネルギーの1836倍ですから、(7.96×10)2aJ×18361.163×1019aJ、です。
陽子のラブができる場の温度は、電子のラブができる場の温度の18362倍ですから、4.426×1056×a×a()×183621.492×1063×a×a()、です。
このエネルギーは地表のエネルギーの何倍か。A=場の温度1/2(1.492×1063×a×a)1/2=3.863×1031a()、です。
まとめて表に示す。
1

放出した電磁気1個のエネルギー

できる電子のラブのエネルギー

電子のラブの自転軌道

電子のラブの質量

できる陽子のラブのエネルギー

陽子のラブの自転軌道

陽子のラブの質量

aJ

(7.96×107)2aJ

5.391×1047÷a

9.109 ×1031Kg

1.163 ×1019aJ

5.393×1047÷a

1.673×1027Kg

2.162×1019J

1.370×103J

2.493×1028

9.109 ×1031Kg

2.515J

2.494×1028

1.673×1027Kg

1.062×1019J

1.015×103J

3.366×1028

9.109 ×1031Kg

1.863J

3.367×1028

1.673×1027Kg

 

放出した電磁気1個のエネルギー

1個の電磁気の場の温度

この温度は地表の温度の何倍か

電子のラブができる場のエネルギー

電子のラブができる場の温度

この温度は地表の温度の何倍か

陽子のラブができる場のエネルギー

陽子のラブができる場の温度

この温度は地表の何倍

aJ

6.985×1040×a×a()

2.643×1020a()

(7.96×107)2aJ

4.426×1056×a×a()

2.104×1028a()

1.163×1019aJ

1.492×1063×a×a()

3.863×1031a()

2.162×1019J

3266

57.15

1.370×103J

2.069×1019

4.549×109

2.515J

6.974×1025

8.352×1012

1.062×1019J

1793.5

42.35

1.015×103J

1.136×1019

3.370×109

1.864J

3.829×1025

6.188×1012

【図面の簡単な説明】
  【図1】図1は、電子のラブや陽子のラブが存在しない時代、大宇宙に微細な物質があった。
  【図2】図2は、大宇宙にaJの電磁波が放出された。大宇宙は絶対0度なので、抵抗はなく、電磁波は大宇宙に広まった。
  【図3】図3は、磁気の光子は中心に向かって回転する。それで、微細な物質は、磁気の光子の回転により電磁気の中に取り込まれる。電磁気の中に微細な物質が入っている。これが  電磁気を持つ物質です。これが3.75×101Jm/Kgの物質です。
  【図4】図4は、大宇宙は3.75×101Jm/Kgの物質に満ちた。この場のエネルギーはaJです。温度は6.985×1040×a×aです。
  【図5】図5は、電磁気は(7.96×10)2個集まり球体となった。これが電子のラブです。電子のラブのエネルギーは(7.96×10)2aJです。この電子のラブの自転軌道は5.391×10−47m÷aです。電子のラブの質量は9.109×1031Kgです。電子のラブができた場のエネルギーは(7.96×10)2aJです。温度は4.426×1056×a×aです。
中心に陽子のラブができました。この陽子のラブのエネルギーは1.163×1019aJです。この陽子のラブの自転軌道は、5.393×1047m÷aです。陽子のラブの質量は1.673×1027Kgです。陽子のラブができた場のエネルギーは1.163×1019aJです。温度は1.492×1063×a×a です。

【符号の説明】
 1  電子のラブや陽子のラブが存在する以前の大宇宙
 2  微細な物質
 3  aJの電磁気
 4  中心に向かって回転する磁気の光子
 5  3.75×101Jm/Kgの物質
 6  電子のラブ
 7  陽子のラブ

図面
【図1】
016.jpg

【図2】
017.jpg
【図3】
018.jpg
【図4】
019.jpg
【図5】
020.jpg

(8番から22番の考察は、2010917日に提出した特願2010210141に記した。)
8. 電子のラブは、何個の電磁気でできたのか。
電子のラブの公転軌道エネルギーは、8.665×1024Jm、です。1公転するときの電気の光子の軌道エネルギーは、1.233×1041Jm、です。
電子のラブの電磁気数=電子のラブの公転軌道エネルギー÷1公転するときの電気の光子の軌道エネルギー=8.665×1024Jm÷(1.233×1041Jm)7.028×1017公転()
電子のラブの軌道エネルギーは、7.028×1017公転(=個)の軌道エネルギーです。
但し、1公転でできる電気の光子1個とそれに付く磁気の光子7.96×107個を、1個の電磁気とする。
陽子のラブは、何個の電磁気でできたのか。
陽子のラブの公転軌道エネルギーは、8.665×1024Jm、です。1公転するときの電気の光子の軌道エネルギーは、6.724×1045Jm、です。
陽子のラブの電磁気数=陽子のラブの公転軌道エネルギー÷1公転するときの電気の光子の軌道エネルギー=8.665×1024Jm÷(6.724×1045Jm)1.289×1021公転()
陽子のラブの軌道エネルギーは、1.287×1021公転(=個)の軌道エネルギーです。
9. 放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる電子のラブのエネルギーはいくらか。できる陽子のラブのエネルギーはいくらか。
できる電子のラブのエネルギー=放出した電磁気1個のエネルギー×7.028×1017
できる陽子のラブのエネルギー=放出した電磁気1個のエネルギー×1.289×1021
 ・放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる電子のラブのエネルギーはいくらか。
eVの場合。
 できる電子のラブのエネルギー=1.602×1019J×7.028×1017個=1.120×101J
2.154×10
19Jの場合。
 できる電子のラブのエネルギー=2.154×1019J×7.028×1017個=1.514×101J
それでは、ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギーが1Jであるためには、放出する電磁気1個のエネルギーはいくらでしょうか。
 放出する電磁気1個のエネルギー×7.028×1017個=1J
 放出する電磁気1個のエネルギー=1J÷(7.028×1017)1.423×1018J
 放出する電磁気1個のエネルギーは1.423×1018Jです。
ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギーが8.665Jであるためには、放出する電磁気1個のエネルギーはいくらでしょうか。
 放出する電磁気1個のエネルギー×7.028×1017個=8.665J
 放出する電磁気1個のエネルギー=8.665J÷(7.028×1017)1.233×1017J
 放出する電磁気1個のエネルギーは1.233×1017Jです。
ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギーが3162Jであるためには、放出する電磁気1個のエネルギーはいくらでしょうか。
 放出する電磁気1個のエネルギー×7.028×1017個=3162J
 放出する電磁気1個のエネルギー=3162J÷(7.028×1017)4.499×1015J
 放出する電磁気1個のエネルギーは4.499×1015Jです。
・放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる陽子のラブのエネルギーはいくらか。
eVの場合。
 できる陽子のラブのエネルギー=1.602×1019J×1.289×1021個=2.065×102J
2.154×10
19Jの場合。
 できる陽子のラブのエネルギー=2.154×1019J×1.289×1021個=2.777×102J
それでは、ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギーが1Jであるためには、陽子のラブのエネルギーは、1836Jです。放出する電磁気1個のエネルギーはいくらでしょうか。
 放出する電磁気1個のエネルギー×1.289×1021個=1836J
 放出する電磁気1個のエネルギー=1836J÷(1.289×1021)1.424×1018J
 放出する電磁気1個のエネルギーは1.424×1018Jです。
ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギーが8.665Jであるためには、陽子のラブのエネルギーは、8.665J×18361.591×104Jです。放出する電磁気1個のエネルギーはいくらでしょうか。
 放出する電磁気1個のエネルギー×1.289×1021個=1.591×104J
 放出する電磁気1個のエネルギー=1.591×104J÷(1.289×1021)1.234×1017J
 放出する電磁気1個のエネルギーは1.234×1017Jです。
ビッグバンの以前の電子のラブのエネルギーが3162Jであるためには、陽子のラブのエネルギーは、3162J×18365.805×106Jです。放出する電磁気1個のエネルギーはいくらでしょうか。
 放出する電磁気1個のエネルギー×1.289×1021個=5.805×106J
 放出する電磁気1個のエネルギー=5.805×105J÷(1.289×1021)4.503×1015J
 放出する電磁気1個のエネルギーは4.503×1015Jです。
10. 電子のラブの自転軌道はいくらか。陽子のラブの自転軌道はいくらか。
 電子のラブの自転軌道=電子のラブの自転軌道エネルギー÷電子のラブのエネルギー=3.416×1031Jm÷電子のラブのエネルギー

陽子のラブの自転軌道=陽子のラブの自転軌道エネルギー÷陽子のラブのエネルギー=6.272×1028Jm÷陽子のラブのエネルギー
・電子のラブの自転軌道はいくらか。
eVの場合。

電子のラブの自転軌道=3.416×1031Jm÷(1.126×101J)3.034×1030m
2.154×10
19Jの場合。
 電子のラブの自転軌道=3.416×1031Jm÷(1.514×101J)2.256×1030m
1.423×10
18Jの場合。
 電子のラブの自転軌道=3.416×1031Jm÷J3.416×1031m
1.233×10
17Jの場合。
 電子のラブの自転軌道=3.416×1031Jm÷8.665J3.942×1032m
4.499×10
15Jの場合。
 電子のラブの自転軌道=3.416×1031Jm÷3162J1.080×1034m
・陽子のラブの自転軌道はいくらか。
eVの場合。

陽子のラブの自転軌道=6.272×1028Jm÷(2.065×102J)3.037×1030m
2.154×10
19J eVの場合。

陽子のラブの自転軌道=6.272×1028Jm÷(2.777×102J)2.259×1030m
1.423×10
18J eVの場合。

陽子のラブの自転軌道=6.272×1028Jm÷1836J3.416×1031m
1.233×10
17J eVの場合。

陽子のラブの自転軌道=6.272×1028Jm÷(1.591×104J)3.942×1032m
4.503×10
15J eVの場合。

陽子のラブの自転軌道=6.272×1028Jm÷(5.805×106J)1.080×1034m
電子のラブの自転軌道と、陽子のラブの自転軌道は等しい。
11. 電子のラブの質量と、陽子のラブの質量はいくらか。

電子のラブの質量は、電子のラブの質量=電子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=3.416×1031Jm÷(3.75×101Jm/Kg)9.109×1031Kg、です。
陽子のラブの質量は、陽子のラブの質量=陽子のラブの自転軌道エネルギー÷Kgの自転軌道エネルギー=6.272×1028Jm÷(3.75×101Jm/Kg)1.673×1027Kg、です。
どのような場においても、電子のラブの質量と陽子のラブの質量は一定であり普遍です。

12. 放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる宇宙の原子数はいくらか。
できる宇宙の原子数=1.0765×1079×できる電子のラブのエネルギー
eVの場合。
 できる宇宙の原子数=1.0765×1079×(1.126×101J)61.0765×1079×2.038×1062.194×1073
2.154×10
19Jの場合。
 できる宇宙の原子数=1.0765×1079×(1.514×101J)61.0765×1079×1.204×1051.296×1074
1.423×10
18Jの場合。
 できる宇宙の原子数=1.0765×1079×1J61.0765×1079
1.233×10
17Jの場合。
 できる宇宙の原子数=1.0765×1079×8.665J64.554×1084
4.499×10
15Jの場合。
 できる宇宙の原子数=1.0765×1079×3162610100
13. 放出した電磁気1個のエネルギーによって、できる場の温度とAはいくらか。
場の温度=電磁気の温度2(aJ÷1のエネルギー)2={aJ÷(3.769×1021J)2(2.653×1020×a)27.038×1040×a×a()
A
(7.038×1040×a×a)1/22.653×1020×a
eVの場合。
 場の温度=電磁気の温度2={1.602×1019J÷(3.769×1021J)2(4.250×10)21.806×103()
 A=(1.806×103)1/2=4.250×10
2.154×10
19Jの場合。
 場の温度=電磁気の温度2={2.154×1019J÷(3.769×1021J)2(5.715×10)23.266×103()
 A=(3.266×103)1/2=5.715×10
1.423×10
18Jの場合。
 場の温度=電磁気の温度2={1.423×1018J÷(3.769×1021J)2(3.776×102)21.426×105()
 A=(1.426×105)1/2=3.776×102
1.233×10
17Jの場合。
 場の温度=電磁気の温度2={1.233×1017J÷(3.769×1021J)2(3.271×103)21.070×107()
 A=(1.070×107)1/2=3.271×103
4.499×10
15Jの場合。
 場の温度=電磁気の温度2={4.499×1015J÷(3.769×1021J)2(1.194×106)21.426×1012()
 A=(1.428×1012)1/2=1.195×106
14. 電子のラブができる場のエネルギーはいくらか。
電子のラブができる場のエネルギー=aJ×7.028×1017=できる電子のラブのエネルギー
eVの場合。
 
電子のラブができる場のエネルギー=1.602×1019J×7.028×10171.126 ×101J
2.154×10
19Jの場合。
 電子のラブができる場のエネルギー=2.154×1019J×7.028×10171.514×101J
1.423×10
18Jの場合。
 電子のラブができる場のエネルギー=1.423×1018J×7.028×10171J
1.233×10
17Jの場合。
 電子のラブができる場のエネルギー=1.233×1017J×7.028×10178.665J
4.499×10
15Jの場合。
 電子のラブができる場のエネルギー=4.499×1019J×7.028×10173162J
15. 電子のラブができる場の温度はいくらか。Aはいくらか。

電子のラブができる場の温度=(aJの温度×7.028×1017)2{aJ÷(3.769×1021J)×7.028×1017}(1.865×1038a)23.478×1076×a×a
A=(3.478×1076×a×a)1/2=1.865×1038a
eVの場合。
 電子のラブができる場の温度={1.602×1019J÷(3.769×1021J)×7.028×1017}2(2.987×1019)28.922×1038()
 A=(8.922×1038)1/2=2.987×1019
2.154×10
19Jの場合。
  電子のラブができる場の温度={2.154×1019J÷(3.769×1021J)×7.028×1017}2(4.017×1019)21.614×1039()

A=(1.614×1039)1/2=4.017×1019
1.423×10
18Jの場合。
 電子のラブができる場の温度={1.423×1018J÷(3.769×1021J)×7.028×1017}2(2.655×1020)27.049×1040()

A=(7.049×1040)1/2=2.655×1020
1.233×10
17Jの場合。
 電子のラブができる場の温度={1.233×101J÷(3.769×1021J)×7.028×1017}2(2.299×1021)25.285×1042()
 A=(5.285×1042)1/2=2.299×1021
4.499×10
15Jの場合。
 電子のラブができる場の温度={4.499×1015J÷(3.769×1021J)×7.028×1017}2(8.389×1023)27.038×1047()
 A=(7.038×1047)1/2=8.389×1023
16. 電子のラブができる場の引力はいくらか。
電子のラブができる場の引力=電子のラブができる場で、電子のラブが1秒間に作る引力となる磁気の光子のエネルギー2×原子数=(地表の電子のラブが1秒間に作る引力になる磁気の光子のエネルギー×電子のラブができる場のA)2×原子数=(7.382×1016電子の
ラブができる場のA)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038a)2×原子数=1.895×1046×a×a×原子数  但し、(10-a)210-2aとして計算する。
eVの場合。

電子のラブができる場の引力=(7.382×1016J×1.865×1038×a)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038×1.602×1019J)2×2.194×1073個=(2.206×104J)2×2.194×1073個=
1.067×1082J

eVの場合。

電子のラブができる場の引力=(7.382×1016J×1.865×1038×a)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038×1.602×1019J)2×2.194×1073個=(2.206×104J)2×2.194×1073個=
1.067×1082J
2.154×10
19Jの場合。

電子のラブができる場の引力=(7.382×1016J×1.865×1038×a)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038×2.154×1019J)2×1.296×1074個=(2.966×104J)2 ×1.296×1074個=1.140×1083J
1.423×10
18Jの場合。

電子のラブができる場の引力=(7.382×1016J×1.865×1038×a)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038×1.423×1018J)2×1.077×1079個=(1.959×105J)2 ×1.077×1079個=4.133×1089J

1.233×1017Jの場合。

電子のラブができる場の引力=(7.382×1016J×1.865×1038×a)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038×1.233×1017J)2×4.554×1084個=(1.698×106J)2 ×4.554×1084個=1.313×1097J
4.499×10
15Jの場合。

電子のラブができる場の引力=(7.382×1016J×1.865×1038×a)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038×4.499×1015J)2×10100個=(6.194×108J)2×10100個=3.837×10118J
17. 陽子のラブができる場のエネルギーはいくらか。
陽子のラブができる場のエネルギー=aJ×1.289×1021個=できる陽子のラブのエネルギー
eVの場合。

陽子のラブができる場のエネルギー=1.602×1019J×1.289×1021個=2.065×102J
2.154×10
19Jの場合。

陽子のラブができる場のエネルギー=2.154×1019J×1.289×1021個=2.777×102J
1.424×10
18Jの場合。

陽子のラブができる場のエネルギー=1.424×1018J×1.289×1021個=1.836×103J
1.234×10
1Jの場合。

陽子のラブができる場のエネルギー=1.234×101J×1.289×1021個=1.591×104J
4.503×10
15Jの場合。

陽子のラブができる場のエネルギー=4.503×1015J×1.289×1021個=5.804×106J
18. 陽子のラブができる場の温度はいくらか。Aはいくらか。
陽子のラブができる場の温度=できる陽子のラブの温度2={aJ÷(3.769×1021J)×1.289×1021}2(3.421×1041×a)21.170×1083×a×a
A
(1.170×1083×a×a)1/23.421×1041×a
eVの場合。
 陽子のラブができた場の温度={1.602×1019J÷(3.769×1021J)×1.289×1021}2(5.479×1022)23.002×1045()
 A=(3.002×1045)1/2=5.479×1022
2.154×10-19J
の場合。
 陽子のラブができた場の温度={2.154×1019J÷(3.769×1021J)×1.289×1021}2(7.367×1022)25.427×1045()
 A=(5.427×1045)1/2=7.367×1022
1.424×10-18J
の場合。
 陽子のラブができた場の温度={1.424×1018J÷(3.769×1021J)×1.289×1021}2(4.867×1023)22.369×1047()
 A=(2.369×1047)1/2=4.867×1023
1.234×10-17J
の場合。
 陽子のラブができた場の温度={1.234×1017J÷(3.769×1021J)×1.289×1021}2(4.220×1024)21.781×1049()
 A=(1.781×1049)1/2=4.220×1024
4.503×10-15J
の場合。
 陽子のラブができた場の温度={4.503×1015J÷(3.769×1021J)×1.289×1021}2(1.540×1027)22.372×1054()
 A=(2.372×1054)1/2=1.540×1027
19. 陽子のラブができる場の引力はいくらか。
陽子のラブができる場の引力=陽子のラブができる場で、陽子のラブが1秒間に作る引力となる磁気の光子のエネルギー2×原子数=(地表の陽子のラブが1秒間に作る引力になる磁気の光子のエネルギー×陽子のラブができる場のA)2×原子数=(4.02×1019陽子のラブができる場のA)2×原子数=(4.02×1019J×3.421×1041a)2×原子数=1.891×1046×a×a×原子数
eVの場合。

1.891×1046×a×a×原子数=1.891×1048×1.602×1019J×1.602×1019J×2.194×1073個=1.065×1082J
2.154×10
19Jの場合。

1.891×1046×a×a×原子数=1.891×1048×2.154×1019J×2.154×1019J ×1.296×1074個=1.137×1083J
1.423×10
18Jの場合。

1.891×1046×a×a×原子数=1.891×1048×1.423×1018J×1.423×1018J ×1.077×1079個=4.124×1089J

1.234×1017Jの場合。

1.891×1046×a×a×原子数=1.891×1048×1.234×1017J×1.234×1017J ×4.554×1084個=1.311×1097J
4.503×10
15Jの場合。

1.891×1046×a×a×原子数=1.891×1048×4.503×1015J×4.503×1015J×10100個=3.834×10118J
この事によって、電子のラブができる場の引力と陽子のラブができる場の引力は等しいことが確かめられた。
20. 陽子のラブができる場の温度は、電子のラブができる場の温度の何倍か。
陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=1.170×1083a2÷(3.478×1076a2)3.364×106(1.834×103)2
eVの場合。
 陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=3.002×1045()÷(8.922×1038())3.365×106()
2.154×10
19Jの場合。
 陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=5.427×1045()÷(1.614×1039())3.362×106()
1.424×10
1Jの場合。
 陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=2.369×1047()÷(7.049×1040())3.361×106()
1.234×10
17Jの場合。
  陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=1.781×1049()÷(5.285×1042())3.370×106()
4.503×10
15Jの場合。
  陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=2.372×1054()÷(7.038×1047())3.370×106()
即ち、陽子のラブができる場の温度は、電子のラブができる場の温度の(1.834×103)2から(1.836×103)2倍です。エネルギーの倍数の2乗です。
21. 電子のラブができる場の引力と、陽子のラブができる場の引力はどのような関係であるか。
電子のラブができる場の引力=電子のラブができる場で、電子のラブが1秒間に作る引力となる磁気の光子のエネルギー2×原子数=(地表の電子のラブが1秒間に作る引力になる磁気の光子のエネルギー×電子のラブができる場のA)2×原子数=(7.382×1016電子の
ラブができる場のA)2×原子数=(7.382×1016J×1.865×1038a)2×原子数=1.895×1048×a×a×原子数陽子のラブができる場の引力=陽子のラブができる場で、陽子のラブが1秒間に作る引力となる磁気の光子のエネルギー2×原子数=(地表の陽子のラブが1秒間に作る引力になる磁気の光子のエネルギー×陽子のラブができる場のA)2×原子数=(4.02×1019陽子のラブができる場のA)2×原子数=(4.02×1019J×3.421×1041a)2×原子数=1.891×1048×a×a×原子数
即ち、電子のラブができる場の引力と陽子のラブができる場の引力は等しい。これを示す。
電子のラブができる場の引力については、16番に記し、陽子のラブができる場の引力については、19番に記したので、これを示す。
2

放出した電磁気1個のエネルギー

eVの場合

2.154×1019Jの場合

1.423×1018J

1.233×1017Jの場合

4.499×1015Jの場合

電子のラブができる場の引力

1.067×1082J

1.140×1083J

4.133×1089J

1.313×1097J

3.837×10118J

陽子のラブができる場の引力

1.065×1082J

1.134×1083J

4.124×1089J

1.313×1097J

3.834×10118J

 

22. 放出した電磁気1個のエネルギーはいくらであったのか。
私は、特願2007112389で次のように記した。(X=0のとき、ビッグバンが起きたと仮定すると、その場の電子のラブの質量になる光子のエネルギーはいくらか。その場の陽子のラブの質量になる光子のエネルギーはいくらか。
X=0
の場合。その場の電子のラブの質量になる光子のエネルギーは、8.665×1008.665Jです。その場の陽子のラブの質量になる光子のエネルギーは、1836倍ですから、8.665J×18361.591×104J、です。この場のエネルギーは、地表の1.591×104÷(1.5×1010J)1.06×1014倍です。この場はビッグバンがおきた場であり、ここに存在するのは、光子だけです。)
今回、放出した電磁気により、電磁気が、7.028×1017個集まり、電子のラブができた、と考えた。電磁気が7.028×1017個集まり、電子のラブのエネルギーが8.665Jになるためには、放出する電磁気は1.233×1017Jでなければならない。
この事により、私は、放出した電磁気1個のエネルギーは、1.233×1017Jであると、考察します。
表にまとめて示す。
3

放出した電磁気1個のエネルギー

放出した電磁気1個のエネルギーによって、できる場の温度

A

電子のラブの質量と、陽子のラブの質量は一定

放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる宇宙の原子数

7.038 ×1040×a×a()

2.653×1020×a

9.109×1031Kg
1.673×10
27Kg

1.0765×1079×できる電子のラブのエネルギー6

eV

1.806×103

4.250×10

一定

2.194×1073

2.154×1019J

3.266×103

5.715×10

一定

1.296×1074

1.423×1018J

1.426×105

3.776×102

一定

1.0765×1079

1.233×1017J

1.070×107

3.271×103

一定

4.554×1084

4.499×1015J

1.426×1012

1.195×106

一定

10100

 

4

放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる電子のラブのエネルギー

電子のラブの自転軌道

電子のラブができる場のエネルギー

電子のラブができる場の温度

A

電子のラブができる場の引力

aJ×7.028×1017

3.416×1031Jm÷電子のラブのエネルギー

aJ×7.028×1017

3.478×1076×a×a

1.865×1038×a

4.934×1015×a×a×原子数

eV

1.120×101J

3.034×1030m

1.126×101J

8.922×1038

2.987×1019

2.782×1071J

2.154×1019J

1.514×101J

2.256×1030

1.514×101J

1.614×1039

4.017×1019

2.971×1072J

1.423×1018J

1J

3.416×1031

J

7.049×1040

2.655×1020

1.077×1079J

1.233×1017J

8.665J

3.942×1032

8.665J

5.285×1042

2.299×1021

3.421×1086J

4.499×1015J

3162J

1.080×1034

3162J

7.038×1047

8.389×1023

10107J

 

5

放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる電子のラブのエネルギー

陽子のラブの自転軌道

陽子のラブができる場のエネルギー

陽子のラブができる場の温度

A

陽子のラブができる場の引力

aJ×1.289×1021

6.272×1028Jm÷陽子のラブのエネルギー

aJ×1.289×1021

1.170×1083×a×a

3.421×1041×a

4.934×1035×a×a×原子数

eV

2.065×102J

3.037×1030

2.065×102J

3.002×1045

5.479×1022

2.777×1071

2.154×1019J

2.777×102J

2.259×1030

2.777×102J

5.427×1045

7.367×1022

2.966×1072

1.423×1018J

1836J

3.416×1031

1.836×103J

2.369×1047

4.867×1023

1.076×1079

1.233×1017J

1.591×104J

3.942×1032

1.591×104J

1.781×1049

4.220×1024

3.420×1086

4.499×1015J

5.805×106J

1.080×1034

5.804×106J

2.372×1054

1.540×1027

10107

 

【図面の簡単な説明】
  【図1】電子ニュートリノは、電子のラブから排斥したとき、電子のラブが作った電磁気を(7.69×10)2個集めたものである。電子のラブは、電磁気を、電子のラブの電磁気数=電子のラブの公転軌道エネルギー÷1公転するときの電気の光子の軌道エネルギー=8.665×1024Jm÷(1.233×1041Jm)7.028×1017個、集めたものである。陽子のラブは、電磁気を、陽子のラブの電磁気数=陽子のラブの公転軌道エネルギー÷1公転するときの電気の光子の軌道エネルギー=8.665×1024Jm÷(6.724×1045Jm)1.287×1021個、集めたものである。
  【図2】陽子のラブができる場の温度は、電子のラブができる場の温度の(1.834×103)2倍です。エネルギーの倍数の2乗です。
陽子のラブができる場の温度÷電子のラブができる場の温度=1.170×1083a2÷(3.478×1076a2)3.364×106(1.834×103)2
電子のラブができる場の引力と、陽子のラブができる場の引力は等しい。
電子のラブができる場の引力は、(地表で、電子のラブが1秒間に作る引力になる磁気の光子のエネルギー×電子のラブができる場のA)2×原子数=(3.769×1021電子のラブができる場のA)2×原子数=(3.769×1021J×1.865×1038a)2×原子数=4.941×1035×a2×原子数
陽子のラブができる場の引力は、(地表で、陽子のラブが1秒間に作る引力になる磁気の光子のエネルギー×陽子のラブができる場のA)2×原子数=(3.769×1021J÷1836×陽子のラブができる場のA)2×原子数=(3.769×1021J÷1836×3.420×1041a)2×原子数=4.932×1035×a2×原子数
よって、引力は等しい。等しい引力で引き合っている。
  【図3】放出した電磁気1個のエネルギーにより、できる電磁場の温度や、できる電子のラブのエネルギーや、できる陽子のラブのエネルギーや、できる宇宙の原子数が異なる。
できる電磁場の温度=7.038×1040×a×a
できる電子のラブのエネルギー=aJ×7.028×1017
できる陽子のラブのエネルギー=aJ×1.289×1021
できる宇宙の原子数=1.0765×1079×できる電子のラブのエネルギー6、です。
【符号の説明】
 1  電子のラブから排斥し、電子ニュートリノになった、(7.96×10)2個の電磁気
 2  7.028×1017個の電磁気でできた電子のラブ
 3  1.287×1021個の電磁気でできた陽子のラブ
 4  電子のラブができた場
 5  陽子のラブができた場
 6  放出した電磁気
 7  放出した電磁気が作った電磁場


図面
【図1】
021.jpg
【図2】
022.jpg
【図3
023.jpg

 (23番から29番の考察は、2010101日に提出した特願2010224430に記した。)
23. ビッグバンの以前、電子のラブができる以前、大宇宙に電磁気が放出した。その電磁気はどのようになっているか。引力はどのようであるか。
電磁気1個が1つの輪になり、磁気の光子が内側に向かって回転する事により、微細な質量のある物質は電磁気の中心に取り込まれた。その電磁気はどのようになっているか。
その電気の光子の軌道(公転軌道)はいくらか。磁気の光子の軌道(自転軌道)はいくらか。磁気の光子1個のエネルギーはいくらか。引力はどのようであるか。
次の式により計算する。
電気の光子の軌道(公転軌道)1.233×1041Jm÷電磁気のエネルギー
磁気の光子の軌道(自転軌道)=電気の光子の軌道×3.14÷1公転の自転数=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)
磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷1公転の自転数=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)
引力=電磁気の輪の磁気の光子のエネルギー=電磁気1個のエネルギー
eVの場合。
電気の光子の軌道(公転軌道)1.233×1041Jm÷(1.602×1019J)7.697×1023m
磁気の光子の軌道(自転軌道)=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)7.697×1023m×3.14÷(7.96×107)3.036×1030m
磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)1.602×1019J÷(7.96×107)2.013×1027J
引力=1.602×1019J
2.154×10
19Jの場合。
電気の光子の軌道(公転軌道)1.233×1041Jm÷(2.154×1019J)5.724×1023m
磁気の光子の軌道(自転軌道)=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)5.724×1023m×3.14÷(7.96×107)2.258×1030m
磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)2.154×1019J÷(7.96×107)2.706×1027J
引力=2.154×1019J
1.423×10
18Jの場合。
電気の光子の軌道(公転軌道)1.233×1041Jm÷(1.423×1018J)8.665×1024m
磁気の光子の軌道(自転軌道)=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)8.665×1024m×3.14÷(7.96×107)3.418×1031m
磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)1.423×1018J÷(7.96×107)1.788×1026J
引力=1.423×1018J
1.233×10
17Jの場合。
電気の光子の軌道(公転軌道)1.233×1041Jm÷(1.233×1017J)1024m
磁気の光子の軌道(自転軌道)=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)1024m×3.14÷(7.96×107)3.945×1032m
磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)1.233×1017J÷(7.96×107)1.549×1025J
引力=1.233×1017J
4.499×10
15Jの場合。
電気の光子の軌道(公転軌道)1.233×1041Jm÷(4.499×1015J)2.741×1027m
磁気の光子の軌道(自転軌道)=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)2.741×1027m×3.14÷(7.96×107)1.081×1034m
磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)4.499×1015J÷(7.96×107)5.652×1023J
引力=4.499×1015J
24. ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力はいくらか。放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の何倍か。
・ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力はいくらか。
ブラックホールの場の性質については、特願2007133476、に記した。
ブラックホールの場は、電子のラブの公転軌道は、1.434×1016mです。ブラックホールの場のAは、7.378×105です。
1
電子のラブが作る引力は、1原子が作る引力にほぼ等しい。
地表では、1電子のラブが作る引力=1原子が作る引力=(6.672×1011Nm2/Kg2)1/2×1原子の質量=8.168×106J/Kg×1.6606×1027Kg=1.356×1032J
ブラックホールの場で、1電子のラブが作る引力は、地表の1電子のラブが作る引力×A=1.356×1032J×7.378×1051026Jです。
それで、これ以上の磁気の光子のエネルギーであれば、光子をも、吸い込む事ができる。
・放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の何倍か。
eVの場合。
放出した電磁気1個の引力÷ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力=1.602×1019J÷1026J1.602×107()
放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の1.602×107倍です。
2.154×10
19Jの場合。
放出した電磁気1個の引力÷ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力=2.154×1019J÷1026J2.154×107()
放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の2.154×107倍です。
1.423×10
18Jの場合。
放出した電磁気1個の引力÷ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力=1.423×1018J÷1026J1.423×108()
放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の1.423×108倍です。
1.233×10
17Jの場合。
放出した電磁気1個の引力÷ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力=1.233×1017J÷1026J1.233×109()
放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の1.233×109倍です。
4.499×10
15Jの場合。
放出した電磁気1個の引力÷ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力=4.499×1015J÷1026J4.499×1011()
放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力の4.499×1011倍です。
この事によって、放出した電磁気1個の引力は、ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力より大きいので、質量になる物質を吸収できる。それで、質量を持つ電磁気ができた。
25. 放出した電磁気は、質量を持つ電磁気に成った。質量を持つ電磁気”1個の質量はいくらか。
質量を持つ電磁気”1個の質量=電子のラブの質量÷電子のラブの電磁気数=9.1098×1031Kg÷(7.028×1017)1.296×1048Kg
質量を持つ電磁気”1個の質量=陽子のラブの質量÷陽子のラブの電磁気数=1.67265×1027Kg÷(1.289×1021)1.298×1048Kg
質量を持つ電磁気”1個の質量は1.296×1048Kgです。
26. 質量を持つ電磁気”1個のエネルギーはいくらか。(これは、場のエネルギーにより異なる)
地表において、Em2ですが、地表のA倍のエネルギーの場では、Em2×A、です。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=m2×A1.296×1048Kg×9×1016×A
・放出した電磁気によってできる場において。
eVの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×42.504.957×1030J
2.154×10
19Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×57.156.666×1030J
1.424×10
18Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×3.776×1024.404×1029J
1.234×10
1Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×3.271×1033.815×1028J
4.499×10
15Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×1.195×1061.394×1025J
・電子のラブができる場において。
eVの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×2.987×10193.484×1012J
2.154×10
19Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×4.017×10194.685×1012J
1.424 ×10
18Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×2.655×10203.097×1011J
1.234×10
17Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×2.299×10212.682×1010J
4.499×10
15Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×8.389×10239.785×108J
・陽子のラブができる場において。
eVの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×5.479×10226.391×109J
2.154×10
19Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×7.367×10228.593×109J
1.424×10
18Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×4.867×10235.677×108J
1.234×10
17Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×4.220×10244.922×107J
4.499×10
15Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×1.540×10271.796×104J
この事により、質量を持つ電磁気”1個のエネルギーは、存在する場のエネルギーにより異なる。高エネルギーの場では、高エネルギーになる。
・電子のラブができる場では、エネルギーは何倍になっているか。
電子のラブができる場のA は、1.865×1038aです。放出した電磁気によってできる場のAは、2.653×1020aです。(特願2010210141より)
電子のラブができる場の放出した電磁気によってできる場のA1.865×1038a÷(2.653×1020a)7.030×1017
電子のラブができる場では、エネルギーは7.030×1017倍になっている。それで、電磁気は7.030×1017個集まって、1つの電子のラブとなることができる。
・陽子のラブができる場では、エネルギーは何倍になっているか。
陽子のラブができる場のA は、3.421×1041aです。放出した電磁気によってできる場のAは、2.653×1020aです。
陽子のラブができる場の放出した電磁気によってできる場のA3.421×1041a÷(2.653×1020a)1.289×1021
陽子のラブができる場では、エネルギーは1.289×1021倍になっている。それで、電磁気は2.189×1021個集まって、1つの陽子のラブとなることができる。
27. 質量を持つ電磁気”1個の引力はいくらか。(これは、場のエネルギーにより異なる)
地表で、質量が1.296×1048Kgの引力は、(6.672×1011Nm2/Kg2)1/2×1.296×1048Kg8.168×106J/Kg×1.296×1048Kg =1.059×1053J、です。
地表のA倍のエネルギーの場では、引力=1.059×1053J×A、です。
・放出した電磁気によってできる場において。
eVの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×42.504.501×1052J
2.154×10
19Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×57.156.052×1052J
1.424×10
18Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×3.776×1023.999×1051J
1.234×10
17Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×3.271×1033.464×1050J
4.499×10
15Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×1.195×1061.296×1047J
・電子のラブができる場において。
eVの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×2.987×10193.163×1034J
2.154×10
19Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×4.017×10194.254×1034J
1.423×10
18Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×2.655×10202.811×1033J
1.233×10
17Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×2.299×10212.435×1032J
4.499×10
15Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×8.389×10238.884×1030J
・陽子のラブができる場において。
eVの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×5.479×10225.802×1031J
2.154×10
19Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×7.802×10228.262×1031J
1.424×10
18Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×4.867×10235.154×1030J
1.233×10
17Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×4.220×10244.469×1029J
44.503×10
15Jの場合。
質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×1.540×10271.631×1026J
この事により、質量を持つ電磁気”1個の引力は、存在する場のエネルギーにより異なる。高エネルギーの場では、高引力になる。
・電子のラブができる場では、引力は何倍になっているか。
電子のラブができる場のA は、1.865×1038aです。放出した電磁気によってできる場のAは、2.653×1020aです。(特願2010210141より)
電子のラブができる場の放出した電磁気のエネルギーによってできる場のA1.865×1038a÷(2.653×1020a)7.030×1017
電子のラブができる場では、引力は7.030×1017倍になっている。それで、電磁気は7.030×1017個集まって、1つの電子のラブとなることができる。
・陽子のラブができる場では、引力は何倍になっているか。
陽子のラブができる場のA は、3.421×1041aです。放出した電磁気のエネルギーによってできる場のAは、2.653×1020aです。
陽子のラブができる場の放出した電磁気のエネルギーによってできる場のA3.421×1041a÷(2.653×1020a)1.289×1021
陽子のラブができる場では、引力は1.289×1021倍になっている。それで、電磁気は2.189×1021個集まって、1つの陽子のラブとなることができる。
28. 電子のラブと陽子のラブの性質は何によってできたか。(電子のラブと陽子のラブが電磁気でできた証拠)
電子のラブは、質量を持つ電磁気7.028×1017個集まってできた。
陽子のラブは、質量を持つ電磁気1.289×1021個集まってできた。
それで、電子のラブは質量を持つ電磁気の集合体である。よって、電子のラブは、質量を持ち、電磁気の性質を持つ。電子のラブは自転し磁気の光子を作り、公転し電気の光子を作るのは、電子のラブは電磁気でできた証拠です。
陽子のラブは質量を持つ電磁気の集合体である。よって、陽子のラブは、質量を持ち、電磁気の性質を持つ。陽子のラブが自転し磁気の光子を作り、公転し電気の光子を作るのは、陽子のラブは電磁気でできた証拠です。
29. 電子のラブと陽子のラブは1公転で何分の1のエネルギーを放出するか。
地表で、電子のラブが1公転で作る電磁気のエネルギーは、1.165×1031Jです。
電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギー=1.233×1041Jm÷電子のラブの公転軌道=1.233×1041Jm÷(1.058×1010m)1.165×1031J
電子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギー(電磁気1個のエネルギー)は電子のラブのエネルギーの何分の1か。
電子のラブのエネルギー÷電子のラブが1公転で作る電磁気のエネルギー=8.187×1014J÷(1.165×1031J)7.027×1017
電子のラブが1公転で作る電磁気のエネルギーは、電子のラブのエネルギーの7.027×1017分の1です。
この事は、電子のラブは1公転するとき、電磁気数分の1のエネルギーを作っているという事です。
陽子のラブの場合。
地表で、陽子のラブが1公転で作る電磁気のエネルギーは、1.165×1031Jです。
陽子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギー=6.724×1045Jm÷陽子のラブの公転軌道=6.724×1045Jm ÷(5.764×1014m)1.167×1031J
陽子のラブが1公転で作る電気の光子1個のエネルギー(電磁気1個のエネルギー)は陽子のラブのエネルギーの何分の1か。
陽子のラブのエネルギー÷陽子のラブが1公転で作る電磁気のエネルギー=1.5×1010J÷(1.167×1031J)1.285×1021
陽子のラブが1公転で作る電磁気のエネルギーは、陽子のラブのエネルギーの1.285×1021分の1です。
この事は、陽子のラブは1公転するとき、電磁気数分の1のエネルギーを作っているという事です。
まとめて表に示す。
6

放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

電気の光子の軌道=1.233×10-41Jm÷電磁気のエネルギー

磁気の光子の軌道=電気の光子の軌道×3.14÷(7.96×107)

磁気の光子1個のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)

引力=電磁気の輪の磁気の光子のエネルギー=電磁気1個のエネルギー

1eV

7.697×1023m

3.036×1030m

2.013×1027J

1.602×1019J

2.154×1019J

5.724×1023m

2.258×1030m

2.706×1027J

2.154×1019J

1.423×1018J

8.659×1024m

3.418×1031m

1.788×1026J

1.423×1018J

1.233×1017J

×1024m

3.945×1032m

1.549×1025J

1.233×1017J

4.499×1015J

2.741×1027m

1.081×1034m

5.652×1023J

4.499×1015J


7

放出した電磁気1個のエネルギー

放出した電磁気1個の引力÷ブラックホールの場の1電子のラブが作る引力

eV

1.602×107()

2.154×1019J

2.154×107()

1.423×1018J

1.423×108()

1.233×1017J

1.233×109()

4.499×1015J

4.499×1011()


8

放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

放出した電磁気によってできる場のA

2.653×1020a

質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A

質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×A

eV

42.50

4.957×1030J

4.501×1052J

2.154×1019J

57.15

6.666×1030J

6.052×1052J

1.423×1018J

3.7761×102

4.404×1029J

3.999×1051J

1.233×1017J

3.271×103

3.815×1028J

3.464×1050J

4.499×1015J

1.195×106

1.394×1025J

1.296×1047J



放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

質量ができる場のA


8.574×1030a

質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A

質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×A

eV

1.374×1012

1.603 ×1019J

1.455×1041J

2.154×1019J

1.847×1012

2.154×1019J

1.956×1041J

1.423×1018J

1.220×1013

1.760×1018J

1.292×1040J

1.233×1017J

1.057×1014

1.233×1017J

1.119×1039J

4.499×1015J

3.858×1016

4.500×1015J

4.086×1037J



放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

電子のラブができる場のA

1.865×1038a

質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A

質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×A

eV

2.987×1019

3.484×1012J

3.163×1034J

2.154×1019J

4.017×1019

4.685×1012J

4.254×1034J

1.423×1018J

2.655×1020

3.097×1011J

2.811×1033J

1.233×1017J

2.299×1021

2.682×1010J

2.435×1032J

4.499×1015J

8.389×1023

9.785×108J

8.884×1030J



放出した電磁気1個のエネルギー=aJ

陽子のラブがきる場のA

3.421×1041a

質量を持つ電磁気”1個のエネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A

質量を持つ電磁気”1個の引力=1.059×1053J×A

eV

5.479×1022

6.391×109J

5.802×1031J

2.154×1019J

7.367×1022

8.593×109J

8.262×1031J

1.423×1018J

4.867×1023

5.677×108J

5.154×1030J

1.233×1017J

4.220×1024

4.922×107J

4.469×1029J

4.499×1015J

1.540×1027

1.796×104J

1.631×1026J


【図面の簡単な説明】
  【図1】図1は、放出した電磁気の様子を示す。例えば、放出した電磁気が1.223×1017mの場合。電気の光子の軌道(公転軌道)1024mで、エネルギーは、1.233×1017Jです。磁気の光子の軌道(自転軌道)3.945×1032mで、磁気の光子1個のエネルギーは1.549×1025Jです。
  【図2】図2は、電磁気の引力は、電磁気1個のエネルギーです。例えば、放出した電磁気が1.223×1017Jの場合。電磁気1個の引力は1.223×1017Jです。
ブラックホールの場の1個の電子のラブが作る引力は、1026Jです。
ブラックホールの場は、電子のラブの公転軌道は、1.434×1016mです。ブラックホールの場のAは、7.378×105です。
地上で1電子のラブが作る引力は、ほぼ1原子が作る引力に等しいので、1.356×1032Jですから、ブラックホールでは、1.356×1032J×7.378×1051026J、です。
電磁気の引力は、ブラックホールの1電子のラブが作る引力の、1.223×1017J÷1026J1.233×109倍です。それで、電磁気は質量になる物質を吸収できる。

【図3】図3は、電子のラブは、自転し磁気の光子を作り、公転し電気の光子を作っている。これは電子のラブは電磁気(電気の光子と磁気の光子)である証拠です。
電子のラブは1公転で、電子のラブのエネルギーの7.028×1017分の1の電磁気を作る。陽子のラブは1公転で、陽子のラブのエネルギーの1.289×1021分の1の電磁気を作る。
1
公転で、電磁気数分の1のエネルギーを作る。
【符号の説明】
 1  放出した電気の光子の軌道(公転軌道)1.223×1017Jの場合、1024m
 2  磁気の光子の軌道(自転軌道)は、3.945×1032mで、エネルギーは1.549×1025J
 3  放出した電磁気のエネルギー=引力
 4  ブラックホールの場の1個の電子のラブが作る引力は1026Jで、公転軌道は1.434×1016m
 5  電子のラブは1公転で全エネルギーの7.028×1017分の1の電気の光子と磁気の光子を作る。
 6   陽子のラブは1公転で全エネルギーの1.289×1021分の1の電気の光子と磁気の光子を作る。

 

図面
【図1】
024.jpg
【図2】
064.gif
【図3】
025.jpg

 

(30番から39番の考察は、20101011日に提出した特願2010229174に記した。)
30. 電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、はたして、ビッグバンの以前、電子のラブができる以前に存在したのか、存在しなかったのか。もし、存在したならば、それは、この宇宙ができる以前の宇宙で存在したと考えられる。この宇宙ができる以前の宇宙で、どのように質量となる物質はできたのか。
質量となる物質この宇宙ができる以前の宇宙でできた。質量となる物質この宇宙ができる以前の宇宙で電子のラブと陽子のラブであった。
この宇宙ができる以前の宇宙で電子のラブと陽子のラブはどのようにして質量となる物質になったか。
私は、特願2007133476、において、次のように記した。
(
ダークマターは、−273の場に存在し、公転できず、自転だけしている電子のラブと陽子のラブです。
273の場で、電子のラブの公転軌道は、1.058×1010m×(273)1/21.058×1010m×16.5231.748×109mです。
電子のラブの速度は、3.14×公転軌道×1秒間の公転数=3.14×1.748×109m×(7.96×10)2公転=3.478×107mになり、光速に近くなり、公転できなくなる。それで、電子のラブは自転だけする。
273の場で、陽子のラブの公転軌道は、5.764×1014m×(273)1/25.764×1014m×16.5239.524×1013mです。
陽子のラブの速度は、3.14×公転軌道×1秒間の公転数=3.14×9.524×1013m×7.96×107×4.34×104公転=1.033×10mになり、公転できなくなる。それで、陽子のラブは公転できなくなり自転だけする)
このダークマターは、更にエネルギーが減少し、1個の電磁気に分離する。電子のラブは、自転しているものが、7.028×1017個の電磁気に分離する。陽子のラブは自転しているものが、1.289×1021個の電磁気に分離する。
・それでは、どのように電子のラブは、自転しているものが、7.028×1017個の電磁気に分離するのでしょうか。
電子のラブが生成するときには、エネルギーが増加する必要があった。
電子のラブが崩壊するときには、エネルギーが減少する必要がある。
A=
2731/2の場で自転する。更に−7.028×1017の場で7.028×1017個の電磁気に分離する。
A=
2731/2×7.028×1017=−16.523×7.028×1017=−1.161×1019、の場で、7.028×1017個の電磁気に分離する。
電子のラブが7.028×1017個の電磁気に分離した。分離した1個の電磁気のエネルギーは、E=mc2÷Aです。(Aの値が−の場合、エネルギーは減少するので÷Aになる)
それで、E=1.296×1048Kg×9×1016÷(1.161×1019)1050J、です。

電子のラブは、自転しているものが、7.028×1017個の電磁気に分離した。1個の電磁気の大きさはいくらか。
273の場の電子のラブの自転軌道は、3.14×公転軌道÷1公転の自転数=3.14×1.058×1010m×(273)1/2÷(7.96×10)3.14×1.748×109m÷(7.96×10)6.895×1017m、です。
これが、7.028×1017個の電磁気に分離するのですから、1辺の電磁気の個数は、(7.028×1017)1/3=(702.8×1015)1/3=8.891×105個、です。
電磁気1個の直径は、6.895×1017m÷(8.891×105)7.755×1023m、です。
よって、電子のラブから分離した電磁気の性質は、質量は1.296×1048Kgです。質量エネルギーは1050Jです。大きさは7.755×1023mです。
・それでは、どのように陽子のラブは、自転しているものが、1.289×1021個の電磁気に分離するのでしょうか。
A=
2731/2の場で自転する。更に−1.289×1021の場で1.289×1021個の電磁気に分離する。
A=
2731/2×1.289×1021=−16.523×1.289×1021=−2.130×1022、の場で、1.289×1021個の電磁気に分離する。
陽子のラブが1.289×1021個の電磁気に分離した。分離した1個の電磁気のエネルギーは、E=mc2÷Aです。(Aの値が−の場合、エネルギーは減少するので÷になる)
それで、E=1.296×1048Kg×9×1016÷(2.130×1022)5.476×1054J、です。
陽子のラブは、自転しているものが、1.289×1021個の電磁気に分離した。1個の電磁気の大きさはいくらか。
273の場の陽子のラブの自転軌道は、3.14×公転軌道÷1公転の自転数=3.14×5.764×1014m×(273)1/2÷(4.34×104)3.14×9.524×1013m÷(4.34×104)6.891×1017m、です。
これが、1.289×1021個の電磁気に分離するのですから、1辺の電磁気の個数は、(1.289×1021)1/3=1.088×107個、です。
電磁気1個の直径は、6.891×1017m÷(1.088×107)6.334×1024m、です。
よって、陽子のラブから分離した電磁気の性質は、質量は1.296×1048Kgです。質量エネルギーは5.476×1054J です。大きさは6.334×1024m です。
31. −273以下の温度は存在しません。−(7.028×1017)2の温度は存在しません。それでは、A=1.161×1019の場とはどのようなことでしょうか。
それは、場の温度ではありません。場のエネルギーではありません。それは電子のラブ自体のエネルギーの事です。
それは電子のラブのエネルギーが減少し、電子のラブが自転できなくなる事です。
電子のラブが自転できなくなる時、電子のラブのエネルギーはいくらか。
電子のラブのエネルギー=m÷A=電子のラブの質量×9×1016÷A=9.1095×1031Kg×9×1016÷(1.161×1019)7.062×1033J
電子のラブのエネルギーが1.161×1019分の1になり、7.062×1033Jになると、自転もできず、それ自体としては存在できず、7.028×1017個の電磁気に分離する。
7.028×1017
個に分離した質量エネルギーは、電子のラブのエネルギー÷分離した数=7.062×1033J÷(7.028×1017)1.005×1050J、です。
32. 電子のラブや陽子のラブが自転だけを行い、更にエネルギーが減少し、電磁気に分離し、更に磁気の光子に分離したとき、分離した磁気の光子はどのようであるか。
電子のラブから分離した場合。
分離した磁気の光子の質量は、電子のラブから分離した電磁気の質量÷磁気の光子の数=1.296×1048Kg÷(7.96×107)1.628×1056Kg、です。
分離した磁気の光子の質量エネルギーは、mc2÷A=1.628×1056Kg×9×1016÷(1.161×1019)1.262×1058J、です。
分離した磁気の光子の大きさは、電磁気の大きさ×3.14÷磁気の光子の数=7.755×1023m×3.14÷(7.96×107)3.059×1030m、です。
これらの、分離した磁気の光子が7.96×107個集まって質量となる物質になる。
陽子のラブから分離した場合。
分離した磁気の光子の質量は、陽子のラブから分離した電磁気の質量÷磁気の光子の数=1.296×1048Kg÷(4.34×104)2.986×1053Kg、です。
分離した磁気の光子の質量エネルギーは、mc2÷A=2.986×1053Kg×9×1016÷(2.130×1022)1.262×1058J、です。
分離した磁気の光子の大きさは、電磁気の大きさ×3.14÷磁気の光子の数=6.334×1024m×3.14÷(4.34×104)4.583×1028m、です。
これらの、分離した磁気の光子が4.34×104個集まって質量となる物質になる。
まとめて表に示す。
9

 

電子のラブから分離した電磁気

陽子のラブから分離した電磁気

電子のラブから分離した電磁気から分離した磁気の光子

陽子のラブから分離した電磁気から分離した磁気の光子

A

1.161×1019

2.130×1022

1.161×1019

2.130×1022

質量

1.296×1048Kg

1.296×1048Kg

1.628×1056Kg

2.986×1053Kg

質量エネルギー

1050J

5.476×1054J

1.262×1058J

1.262×1058J

大きさ

7.755×1023m

6.334×1024

3.059×1030

4.583×1028

 

 

 

7.96×107個集まって質量となる物質になる

4.34×104個集まって質量となる物質になる

33. 電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、はたして、ビッグバンの以前、電子のラブができる以前に存在したのか、存在しなかったのか。もし存在しなかったとしたら、電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、放出した電磁気でできたと考えられる。どのようにして、放出した電磁気で、電子のラブの質量と陽子のラブの質量はできたか。
質量は電磁気の最小単位である磁気の光子のエネルギーが質量に変換されたと考える。1つの電磁気の輪には、7.96×107個の磁気の光子が存在する。
1
個の磁気の光子の質量は、1つの電磁気の質量÷磁気の光子の数=1.296×1048Kg÷(7.96×107)1.628×1056Kg、です。
1
個の磁気の光子のエネルギーは、1個の電磁気のエネルギー÷磁気の光子の数=1個の電磁気のエネルギー÷(7.96×107)
質量ができた場のエネルギーを地表のA倍とする。
E=mc2×A
であるから、1個の磁気の光子のエネルギー=1個の磁気の光子の質量×9×1016×A、です。
1
個の電磁気のエネルギー÷(7.96×107)1.628×1056Kg×9×1016×A
A=1
個の電磁気のエネルギー÷(7.96×107)÷(1.628×1056Kg×9×1016)1個の電磁気のエネルギー÷(7.96×107)÷(1.465×1039J)
この式により質量ができた場のAを求める。
1eV
の場合。
1
個の磁気の光子のエネルギーは、1.602×1019J÷(7.96×107)2.013×1027J、です。この質量は1.628×1056Kgです。
2.013×10
27J1.628×1056Kg×9×1016×A
A=2.013×10
27J÷(1.628×1056Kg×9×1016)2.013×1027J÷(1.465×1039J)1.374×1012
質量は、A=1.374×1012の場でできた。
2.154×10
19Jの場合。
1
個の磁気の光子のエネルギーは、2.154×1019J÷(7.96×107)2.706×1027J、です。この質量は1.628×1056Kgです。
2.706×10
27J1.628×1056Kg×9×1016×A
A=2.706×10
27J÷(1.628×1056Kg×9×1016)2.706×1027J÷(1.465×1039J)1.847×1012
質量は、A=1.847×1012の場でできた。
1.423×10
18Jの場合。
1
個の磁気の光子のエネルギーは、1.423×1018J÷(7.96×107)1.788×1026J、です。この質量は1.628×1056Kgです。
1.788×10
26J1.628×1056Kg×9×1016×A
A=1.788×10
26J÷(1.628×1056Kg×9×1016)1.788×1028J÷(1.465×1039J)1.220×1013
質量は、A=1.220×1013の場でできた。
1.233×10
17Jの場合。
1
個の磁気の光子のエネルギーは、1.233×1017J÷(7.96×107)1.549×1025J、です。この質量は1.628×1056Kgです。
1.549×10
25J1.628×1056Kg×9×1016×A
A=1.549×10
25J÷(1.628×1056Kg×9×1016)1.549×1025J÷(1.465×1039J)1.057×1014
質量は、A=1.057×1014の場でできた。
4.499×10
15Jの場合。
1
個の磁気の光子のエネルギーは、4.499×1015J÷(7.96×107)5.652×1023J、です。この質量は1.628×1056Kgです。
5.652×10
23J1.628×1056Kg×9×1016×A
A=5.652×10
23J÷(1.628×1056Kg×9×1016)5.652×1023J÷(1.465×1039J)3.858×1016
質量は、A=3.858×1016の場でできた。
34. 質量ができた場のAは、放出した電磁気のエネルギーの何倍か。
質量ができた場の放出した電磁気のエネルギー、を求める。
eVの場合。
質量ができた場の放出した電磁気のエネルギー=1.374×1012÷(1.602×1019J)8.577×1030()
2.154×10
19Jの場合。
質量ができた場の放出した電磁気のエネルギー=1.847×1012÷(2.154×1019J)8.574×1030()
1.423×10
18Jの場合。
質量ができた場の放出した電磁気のエネルギー=1.220×1013÷(1.423×1018J)8.573×1030()
1.233×10
17Jの場合。
質量ができた場の放出した電磁気のエネルギー=1.057×1014÷(1.233×1017J)8.573×1030()
4.499×10
15Jの場合。
質量ができた場の放出した電磁気のエネルギー=3.858×1016÷(4.499×1015J)8.575×1030()
よって、質量ができた場のAは、放出した電磁気のエネルギーの8.574×1030倍です。
質量ができた場は、放出した電磁気のエネルギーの8.574×1030倍のエネルギーの場です。
質量ができた場のA8.574×1030a
35. 質量ができた場のAと、電子のラブができた場のAと陽子のラブができた場のAとの関係はどのようであるか。
一般式より求める。
陽子のラブができる場の電子のラブができる場のA=3.421×1041a÷(1.865×1038a)=1.834×103
電子のラブができる場の質量ができた場のA1.865×1038a÷(8.574×1030a)2.175×107
陽子のラブができる場のAは電子のラブができる場のA1.834×103倍です。
電子のラブができる場のAは質量ができた場のA2.175×107倍です。

36. 質量ができた場において、磁気の光子の大きさはいくらか。
質量ができた場において、磁気の光子の大きさ=3.14×電磁気の軌道÷磁気の光子の数÷A、を求める。
電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷電磁気のエネルギー
よって、磁気の光子の大きさ=3.14×電磁気の軌道÷磁気の光子の数÷A=3.14×1.233×1041Jm÷電磁気のエネルギー÷(7.96×107)÷A4.864×1049÷電磁気のエネルギー÷A
eVの場合。
磁気の光子の大きさ=4.864×1049÷電磁気のエネルギー÷A4.864×1049÷(1.602×1019J)÷(1.374×1012)2.210×1042m
2.154×10
19Jの場合。
4.864×10
49÷電磁気のエネルギー÷A4.864×1049÷(2.154×1019J)÷(1.847×1012)1.223×1042m
1.423×10
18Jの場合。
4.864×10
49÷電磁気のエネルギー÷A4.864×1049÷(1.423×1018J)÷(1.220×1013)2.802×1044m
1.233×10
17Jの場合。
4.864×10
49÷電磁気のエネルギー÷A4.864×1049÷(1.233×1017J)÷(1.057×1014)3.732×1046m
4.499×10
15Jの場合。
4.864×10
49÷電磁気のエネルギー÷A4.864×1049÷(4.499×1015J)÷(3.858×1016)2.802×1051m
37. 質量ができた場において、磁気の光子はどのようであったか。
質量ができた場において、磁気の光子は、磁気の光子の大きさに、1.628×1056Kgの質量を持った。磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさはいくらか。磁気の光子の質量エネルギーは、E=mc2×Aです。
eVの場合。
磁気の光子の質量ができた場、A=1.374×1012において、磁気の光子は、磁気の光子の大きさ2.210×1042mに、1.628×1056Kgの質量を持った。
磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさ=1.628×1056Kg÷(2.210×1042m)7.367×1015Kg/m
磁気の光子の質量エネルギーは、E=mc2×A1.628×1056Kg×9×1016×1.374×10122.013×1027J、です。
2.154×10
19Jの場合。
磁気の光子の質量ができた場、A=1.847×1012において、磁気の光子は、磁気の光子の大きさ1.223×1042mに、1.628×1056Kgの質量を持った。
磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさ=1.628×1056Kg÷(1.223×1042m)1.331×1014Kg/m
磁気の光子の質量エネルギーは、E=mc2×A1.628×1056Kg×9×1016×1.847×10122.706×1027J、です。
1.423×10
18Jの場合。
磁気の光子の質量ができた場、A=1.220×1013において、磁気の光子は、磁気の光子の大きさ2.802×1044mに、1.628×1056Kgの質量を持った。
磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさ=1.628×1056Kg÷(2.802×1044m)5.810×1013Kg/m
磁気の光子の質量エネルギーは、E=mc2×A1.628×1056Kg×9×1016×1.220×10131.788×1026J、です。
1.233×10
17Jの場合。
磁気の光子の質量ができた場、A=1.057×1014において、磁気の光子は、磁気の光子の大きさ3.732×1046mに、1.628×1056Kgの質量を持った。
磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさ=1.628×1056Kg÷(3.732×1046m)4.362×1011Kg/m
磁気の光子の質量エネルギーは、E=mc2×A1.628×1056Kg×9×1016×1.057×10141.549×1025J、です。
4.499×10
15Jの場合。
磁気の光子の質量ができた場、A=3.858×1016において、磁気の光子は、磁気の光子の大きさ2.802×1051m に、1.628×1056Kgの質量を持った。
磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさ=1.628×1056Kg÷(2.802×1051m)5.810×106Kg/m
磁気の光子の質量エネルギーは、E=mc2×A1.628×1056Kg×9×1016×3.858×10165.653×1023J、です。
38. 質量ができた場において、磁気の光子はどのようになったか。
質量をもった磁気の光子は、7.96×107個集まって、1.628×1056Kg×7.96×107個=1.296×1048Kgの質量になった。
これが1個の電磁気の質量です。
質量エネルギーは、E=mc2×A、です。
eVの場合。
質量ができた場、A=1.374×1012において、磁気の光子は7.96×107個集まって、1.296×1048Kgの質量になった。
質量エネルギーは、E=mc2×A1.296×1048Kg×9×1016×1.374×10121.603×1019J、です。
2.154×10
19Jの場合。
質量ができた場、A=1.847×1012において、磁気の光子は7.96×107個集まって、1.296×1048Kgの質量になった。
質量エネルギーは、E=mc2×A1.296×1048Kg×9×1016×1.847×10122.154×1019J、です。
1.423×10
18Jの場合。
質量ができた場、A=1.220×1013において、磁気の光子は7.96×107個集まって、1.296×1048Kgの質量になった。
質量エネルギーは、E=mc2×A1.296×1048Kg×9×1016×1.220×10131.423×1018J、です。
1.233×10
17Jの場合。
質量ができた場、A=1.057×1014において、磁気の光子は7.96×107個集まって、1.296×1048Kgの質量になった。
質量エネルギーは、E=mc2×A1.296×1048Kg×9×1016×1.057×10141.233×101J、です。
4.499×10
15Jの場合。
質量ができた場、A=3.858×1016において、磁気の光子は7.96×107個集まって、1.296×1048Kgの質量になった。
質量エネルギーは、E=mc2×A1.296×1048Kg×9×1016×3.858×10164.500×1015J、です。

まとめて表に記す。

 10

放出した電磁気のエネルギー

1個の磁気の光子の質量

1個の磁気の光子のエネルギー
aJ÷(7.96×107
)

質量ができた場のA

質量ができた場のAは、放出した電磁気のエネルギーの何倍か

質量ができた場における、磁気の光子の大きさ

質量ができた場における、磁気の光子の質量÷磁気の光子の大きさ

磁気の光子の質量エネルギー

質量に成る物質である集まった磁気の光子の質量

質量に成る物質である集まった磁気の光子の質量エネルギー

eV

1.628×1056Kg

2.013×1027J

1.3741×1012

8.577×1030

2.210×1042

7.367×1015Kg/m

2.013×1027J

1.298×1048Kg

1.603×1019J

2.154×1019J

1.628×1056Kg

2.706×1027J

1.847×1012

8.574×1030

1.233×1042

1.331×1014Kg/m

2.706×1027J

1.298×1048Kg

2.154×1019J

1.423×1018J

1.628×1056Kg

1.788×1026J

1.220×1013

8.573×1030

2.802×1044

5.810×1013Kg/m

1.788×1026J

1.298×1048Kg

1.423×1018J

1.233×1017J

1.628×1056Kg

1.549 ×1025J

1.057×1014

8.573×1030

3.732×1046

4.362×1011Kg/m

1.549×1025J

1.298×1048Kg

1.233×1017J

4.499×1015J

1.628×1056Kg

5.652×1023J

3.858×1016

8.575×1030

2.802×1051

5.810×106Kg/m

5.653×1023J

1.298×1048Kg

4.500×1015J

 

39. 電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、はたして、ビッグバンの以前、電子のラブができる以前に存在したのか、存在しなかったのか。どちらが正しいか。
もし、電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、ビッグバンの以前、電子のラブができる以前に存在したとすると、宇宙ができた時、宇宙の1番初めにも、電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は存在したことになる。電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は存在したのであれば、この状態は物質が存在した状態であり、宇宙の1番初めでは無い。よって、電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、電子のラブができる以前に存在しなかった。

 

【図面の簡単な説明】
 【図1】図1は、この宇宙ができる以前の宇宙で、−273の場で、自転だけしている電子のラブは、自分のエネルギーを7.028×1017分の1にし、7.028×1017個の電磁気に分離する。1.296×1048Kgの電磁気になる。更に電磁気は、7.96×107個の磁気の光子に分離する。1.628×1056Kgの磁気の光子になる。それから、1.628×1056Kgの磁気の光子は7.96×107個集まり、質量になる物質になる。

【図2】図2は、電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、はたして、ビッグバンの以前、電子のラブができる以前に存在したのか、存在しなかったのか。もし存在しなかったとしたら、電子のラブと陽子のラブの質量になった物質は、放出した電磁気でできたと考えられる。
質量は電磁気の最小単位である磁気の光子のエネルギーが質量に変換されたと考える。質量ができた場のエネルギーを地表のA倍とする。
E=mc2×A
であるから、1個の磁気の光子のエネルギー=1個の磁気の光子の質量×9×1016×A、です。
磁気の光子1個の質量は1.628×1056Kgです。1個の磁気の光子のエネルギーは1個の電磁気のエネルギー÷(7.96×107)です。これよりAを求める。
そして、Aの場でできる、1.628×1056Kgの磁気の光子の磁気の光子の大きさは4.864×1049÷電磁気のエネルギー÷A、です。この磁気の光子が7.96×107個集まり、質量になる物質になる。
【符号の説明】
 1  −273の場で、自転だけしている電子のラブ
 2  分離した7.028×1017個の電磁気
 3  分離した7.96×107個の磁気の光子
 4  1.628×1056Kgの磁気の光子
 5  磁気の光子は7.96×107個集まり、質量になる物質になる
 6  質量ができた場の電磁気
 7  1.628×1056Kgの磁気の光子
 8  磁気の光子は7.96×107個集まり、質量になる物質になる

図面
【図1】
026.jpg
【図2】
027.jpg
参照



 

(40番から52番の考察は、20101026日に提出した特願2010240127に記した。)
40. 質量はどのようにできたか。
ある特定のエネルギーの場で質量ができたとする。その特定のエネルギーの場で、質量エネルギーができる。その特定のエネルギーの場で、放出したエネルギーは質量になっていて、質量エネルギーとなっている。特定の場のエネルギーを地表のA倍とする。
質量エネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A1.166×1031J×A=放出した電磁気のエネルギー=aJ
A=aJ÷(1.166×10
31J)8.576×1030a
A=8.576×1030a
の場で、放出した電磁気のエネルギー=質量エネルギーになる。8.576×1030aJのエネルギーの場で、放出したエネルギーは質量エネルギーと成り、質量ができている。
放出したエネルギーが質量エネルギーになる。この事はエネルギーが質量になることです。
A=8.576×1030a
の場で、エネルギーは質量エネルギーになる事ができます。
それで、A=8.576×1030aの場で、質量ができます。
41. 質量ができた磁気の光子は、電磁気から独立し、7.96×107個の磁気の光子になり、7.96×107個の磁気の光子が重なり合って、存在するのか。又は、磁気の光子は電磁気の輪になって存在するのか。(特願2010229174、では、7.96×107個の磁気の光子が重なり合って、存在すると考えた。)
a.
磁気の光子が独立して存在し、7.96×107個の磁気の光子が重なり合い、これが7.028×1017個集合する場合の電子のラブの大きさ=磁気の光子の軌道×(7.028×1017)1/3
b.
磁気の光子は電磁気の輪になって存在する場合の電子のラブの大きさ=電磁気の軌道×(7.028×1017)1/3
c.
電子のラブの大きさ=地表の電子のラブの自転軌道÷質量ができた場のA
c
の値に近いのは、aの値かbの値か、によって答が出る。
質量ができる場のA=8.576×1030a、です。
質量ができる場の磁気の光子の軌道は、磁気の光子の軌道=質量ができる場の電磁気の軌道×3.14÷(7.96×10)1.233×10-41Jm÷(aJ×A)×3.14÷(7.96×10)4.864×10-49m÷(a×A)4.864×10-49m÷(a×8.576×1030a)5.672×10-80÷a2m

質量ができる場の電磁気の軌道は、電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷エネルギー=1.233×1041Jm÷(aJ×8.574×1030a)1.438×1072÷a2m
それで、
a.
磁気の光子が独立して存在し、7.96×107個の磁気の光子が重なり合い、これが7.028×1017個集合する場合の電子のラブの大きさ=磁気の光子の軌道×(7.028×1017)1/35.672×10-80÷a2m×8.891×105.043×10-74÷a2m
b.
磁気の光子は電磁気の輪になって存在する場合の電子のラブの大きさ=電磁気の軌道×(7.028×1017)1/31.438×1072÷a2m×8.891×1051.279×10-66÷a2m
c.
電子のラブの大きさ=地表の電子のラブの自転軌道÷質量ができた場のA4.175×10-18m÷(8.576×1030a)4.868×10-49÷am
この式により、各々の放出した電磁気でできる電子のラブの大きさを求め、a.b.c.を比較する。
1eV
の場合。
a.
の値は、電子のラブの大きさ=5.043×10-74÷a2m5.043×10-74÷(1.602×10-19)2m5.043×10-74÷(2.566×10-38)m1.965×10-36m
b.
の値は、電子のラブの大きさ=1.279×10-66÷a2m1.279×10-66÷(1.602×10-19)2m1.279×10-66÷(2.566×10-38)m4.984×10-29m
c.
の値は、電子のラブの大きさ=4.868×10-49÷am4.868×10-49÷(1.602×10-19)m3.039×10-30m
よって、c.の値に近いのはb.の値です。
2.154×10-19J
の場合。
a.
の値は、電子のラブの大きさ=5.043×10-74÷a2m5.043×10-74÷(2.154×10-19)2m5.043×10-74÷(4.640×10-38)m1.087×10-36m
b.
の値は、電子のラブの大きさ=1.279×10-66÷a2m1.279×10-66÷(2.154×10-19)2m1.279×10-66÷(4.640×10-38)m2.756×10-29m
c.
の値は、電子のラブの大きさ=4.868×10-49÷am4.868×10-49÷(2.154×10-19)m2.260×10-30m
よって、c.の値に近いのはb.の値です。
1.423×10-18J
の場合。
a.
の値は、電子のラブの大きさ=5.043×10-74÷a2m5.043×10-74÷(1.423×10-18)2m5.043×10-74÷(2.025×10-36)m2.490×10-38m
b.
の値は、電子のラブの大きさ=1.279×10-66÷a2m1.279×10-66÷(1.423×10-18)2m1.279×10-66÷(2.025×10-36)m6.316×10-31m
c.
の値は、電子のラブの大きさ=4.868×10-49÷am4.868×10-49÷(1.423×10-18)m3.421×10-31m
よって、c.の値に近いのはb.の値です。
1.233×10-17J
の場合。
a.
の値は、電子のラブの大きさ=5.043×10-74÷a2m5.043×10-74÷(1.233×10-17)2m5.043×10-74÷(1.520×10-34)m4.090×10-40m
b.
の値は、電子のラブの大きさ=1.279×10-66÷a2m1.279×10-66÷(1.233×10-17)2m1.279×10-66÷(1.520×10-34)m8.414×10-33m
c.
の値は、電子のラブの大きさ=4.868×10-49÷am4.868×10-49÷(1.233×10-17)m3.948×10-32m
よって、c.の値に近いのはb.の値です。
4.499×10-15J
の場合。
a.
の値は、電子のラブの大きさ=5.043×10-74÷a2m5.043×10-74÷(4.499×10-1)2m5.043×10-74÷(2.024×10-29)m2.492×10-45m
b.
の値は、電子のラブの大きさ=1.279×10-66÷a2m1.279×10-66÷(4.499×10-1)2m1.279×10-66÷(2.024×10-29)m6.319×10-38m
c.
の値は、電子のラブの大きさ=4.868×10-49÷am4.868×10-49÷(4.499×10-15)m1.082×10-34m
よって、c.の値に近いのはb.の値です。
一般式で解く。
c
の値÷aの値=4.868×10-49÷am÷(5.043×10-74÷a2m)9.653×1024×a
c
の値÷bの値=4.868×10-49÷am÷(1.279×10-66÷a2m)3.806×1017×a
よって、c.の値に近いのはb.の値です。
即ち、質量ができた磁気の光子は電磁気の輪になって存在する。
42. 質量ができた場のAは、できる電子のラブのエネルギーの何倍のエネルギーか。
放出した電磁気のエネルギー別に、質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー、を計算する。
1eV
の場合。
質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー=1.374×1012÷(1.602×10-19J×7.028×1017)1.220×1013()
2.154×10-19J
の場合。
質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー=1.847×1012÷(2.154×10-19J×7.028×1017)1.220×1013()
1.423×10-18J
の場合。
質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー=1.220×1013÷(1.423×10-18J×7.028×1017)1.220×1013()
1.233×10-17J
の場合。
質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー=1.057×1014÷(1.233×10-17J×7.028×1017)1.220×1013()
4.499×10-15J
の場合。
質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー=3.858×1016÷(4.499×10-15J×7.028×1017)1.220×1013()
一般式から、
質量ができた場のできる電子のラブのエネルギー=8.574×1030a÷(aJ×7.028×1017)1.220×1013
よって、質量ができた場のAは、できる電子のラブのエネルギーの1.220×1013倍です。
43. 電子のラブができた場のAは、できる電子のラブのエネルギーの何倍のエネルギーか。
放出した電磁気のエネルギー別に、電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー、を計算する。
1eV
の場合。
電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー=2.987×1019÷(1.602×10-19J×7.028×1017)2.653×1020
2.154×10-19J
の場合。
電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー=4.017×1019÷(2.154×10-19J×7.028×1017)2.654×1020
1.423×10-18J
の場合。
電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー=2.655×1020÷(1.423×10-18J×7.028×1017)2.655×1020
1.233×10-17J
の場合。
電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー=2.299×1021÷(1.233×10-17J×7.028×1017)2.653×1020
4.499×10-15J
の場合。
電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー=8.389×1023÷(4.499×10-15J×7.028×1017)2.653×1020
一般式から、
電子のラブができた場のできる電子のラブのエネルギー=1.865×1038a÷(aJ×7.028×1017)2.654×1020
よって、質量ができた場のAは、できる電子のラブのエネルギーの2.654×1020倍です。
44. 陽子のラブができた場のAは、できる陽子のラブのエネルギーの何倍のエネルギーか。
放出した電磁気のエネルギー別に、陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー、を計算する。
1eV
の場合。
陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー=5.479×1022÷(1.602×10-19J×1.289×1021)2.653×1020
2.154×10-19J
の場合。
陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー=7.367×1022÷(2.154×10-19J×1.289×1021)2.653×1020
1.423×10-18J
の場合。
陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー=4.867×1023÷(1.423×10-18J×1.289×1021)2.653×1020
1.233×10-17J
の場合。
陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー=4.220×1024÷(1.233×10-17J×1.289×1021)2.655×1020
4.499×10-15J
の場合。
陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー=1.540×1027÷(4.499×10-15J×1.289×1021)2.656×1020
一般式から、
陽子のラブができた場のできる陽子のラブのエネルギー=3.421×1041a÷(aJ×1.289×1021)2.654×1020
よって、陽子のラブができた場のAは、できる陽子のラブのエネルギーの2.654×1020倍です。
45. 放出した電磁気の状態はどのようであったか。
一般式を示す。
電磁気のエネルギー=aJ
電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷エネルギー=1.233×1041Jm÷aJ
電磁気の軌道エネルギー=1.233×1041Jm÷aJ×aJ=1.233×1041Jm
磁気の光子のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)aJ÷(7.96×107)=1.256×10-8×aJ
磁気の光子の軌道=電磁気の軌道×3.14÷(7.96×107)1.233×1041Jm÷aJ×3.14÷(7.96×107)4.864×10-49÷am
磁気の光子の軌道エネルギー=4.864×10-49÷am×1.256×10-8×aJ6.109×10-57Jm
この式により、各々の放出した電磁気の状態を理解する。
各々の放出した電磁気の状態を表に示す。

11

aJ

1eV

2.154×1019J

1.423×1018J

1.233×1017J

4.499×1015J

放出した電磁気の軌道

7.697×1023

5.724×1023

8.659×1024

1024

2.741×1027

磁気の光子のエネルギー

2.013×1027J

2.706×1027J

1.788×1026J

1.549×1025J

5.652×1023J

磁気の光子の軌道

3.036×1030

2.258×1030

3.418×1031

3.945×1032

1.081×1034

 

46. 放出した電磁気の場の状態はどのようであったか。
一般式を示す。

A=2.653×1020×a
電磁気のエネルギー=aJ×A2.653×1020×a2J
電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷エネルギー=1.233×1041Jm÷(2.653×1020×a2J)4.648×10-62÷a2m
電磁気の軌道エネルギー=4.648×10-62÷a2m×2.653×1020×a2J1.233×10-41Jm
磁気の光子のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)2.653×1020×a2J÷(7.96×107)3.333×1012×a2J
磁気の光子の軌道=電磁気の軌道×3.14÷(7.96×107)4.648×10-62÷a2m×3.14÷(7.96×107)1.834×10-69÷a2m
磁気の光子の軌道エネルギー=1.834×10-69÷a2m×3.333×1012×a2J6.113×10-57Jm
この式により、各々の放出した電磁気の場の状態を理解する。
各々の放出した電磁気の場の状態を表に示す。

12

aJ

1eV

2.154×1019J

1.423×1018J

1.233×1017J

4.499×1015J

A

42.50

57.15

3.776×102

3.271×103

1.195×106

電磁気のエネルギー

6.809×1018J

1.231×1017J

5.373×1016J

4.033×1014J

5.376×109J

電磁気の軌道

1.811×1024

1.002×1024

2.293×1026

3.057×1028

2.294×1033

磁気の光子のエネルギー

8.555×1026J

1.546×1025J

6.751×1024J

5.067×1022J

6.754×1017J

磁気の光子の軌道

7.144×1032

3.951×1032

9.052×1034

1.206×1035

9.046×1041

 

47. 質量ができた場の状態はどのようであったか。
一般式を示す。
質量=1.296×1048Kg
A=8.574×1030a
電磁気のエネルギー=aJ×A8.574×1030a2J
電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷エネルギー=1.233×1041Jm÷(aJ×8.574×1030a)1.438×1072÷a2m
電磁気の質量エネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A=1.166×1031J×8.574×1030aaJ
電磁気の軌道エネルギー=1.438×1072÷a2m×aJ1.438×1072÷am
電磁気の質量エネルギー×軌道=aJ×1.438×1072÷a2m1.438×1072÷am
磁気の光子の質量=1.628×1056Kg
磁気の光子のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)8.574×1030a2J÷(7.96×107)1.077×1023a2J

磁気の光子の軌道=電磁気の軌道×3.14÷(7.96×107)1.438×1072÷a2m×3.14÷(7.96×107)5.673×1080÷a2m
磁気の光子の質量エネルギー=1.628×1056Kg×9×1016×A=1.465×1039×8.574×1030a1.256×108×a
磁気の光子の軌道エネルギー=5.673×1080÷a2m×1.077×1023a2J6.110×1057Jm
磁気の光子の質量エネルギー×軌道=1.256×108×a×5.673×1080÷a2m7.125×1088÷a Jm
この式により、各々の放出した電磁気における質量ができた場の状態を理解する。
各々の放出した電磁気における質量ができた場の状態を表に示す。

 

13

aJ

1eV

2.154×1019J

1.423×1018J

1.233×1017J

4.499×1015J

A

1.374×1012

1.847×1012

1.220×1013

1.057×1014

3.858×1016

電磁気のエネルギー

2.200×107J

3.978×107J

1.736×105J

1.303×103J

1.735×10J

電磁気の軌道

5.603×1035

3.099×1035

7.101×1037

9.459×1039

7.104×1044

電磁気の質量エネルギー

1.602×1019J

2.154×1019J

1.423×1018J

1.233×1017J

4.499×1015J

電磁気の質量エネルギー×軌道

8.976×1054Jm

6.676×1054Jm

1.010×1054Jm

1.166×1055Jm

3.196×1058Jm

磁気の光子のエネルギー

2.764×1015J

4.997×1015J

2.181×1013J

1.637×1011J

2.180×106J

磁気の光子の軌道

2.210×1042

1.223×1042

2.802×1044

3.732×1048

2.803×1051

磁気の光子の質量エネルギー

2.012×1027J

2.705×1027J

1.787×1026J

1.549×10235

5.651×1023J

磁気の光子の質量エネルギー×軌道

4.448×1069Jm

3.308×1069Jm

5.007×1070Jm

5.779×1071Jm

1.584×1073Jm

 

48. 電子のラブができた場の状態はどのようであったか。
一般式を示す。
質量=1.296×1048Kg
A=1.865×1038a
電磁気のエネルギー=aJ×A1.865×1038a2J

電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷エネルギー=1.233×1041Jm÷(1.865×1038a2J)=6.611×10-80m÷a2
電磁気の質量エネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A=1.166×1031J×1.865×1038a=2.175×10a J

電磁気の軌道エネルギー=6.611×10-80m÷a2×1.865×1038a2J1.233×10-41Jm

電磁気の質量エネルギー×軌道=2.175×10a J×6.611×10-80m÷a21.438×10-72÷a Jm

磁気の光子の質量=1.628×1056Kg
磁気の光子のエネルギー=電磁気のエネルギー÷(7.96×107)1.865×1038a2J÷(7.96×107)2.343×1030a2J

磁気の光子の軌道=電磁気の軌道×3.14÷(7.96×107)6.611×10-80m÷a2×3.14÷(7.96×107)2.608×10-87m÷a2
磁気の光子の質量エネルギー=1.628×1056Kg×9×1016×A=1.465×1039×1.865×1038a=2.732×10-1a J
磁気の光子の軌道エネルギー=2.608×10-87m÷a2×2.343×1030a2J=6.111×10-57Jm
磁気の光子の質量エネルギー×軌道=2.732×10-1a J×2.608×10-87m÷a27.125×10-88÷a Jm
電子のラブの大きさ=電磁気の軌道×(7.028×1017)1/3=電磁気の軌道×8.891×105
電子のラブの大きさ=地表の電子のラブの自転軌道÷A=4.18×10-18m÷A
電子のラブのエネルギー=電磁気の質量エネルギー×7.028×1017
電子のラブのエネルギー=地表の電子のラブのエネルギー×A=8.187×10-14J×A
この式により、各々の放出した電磁気における電子のラブができた場の状態を理解する。

各々の放出した電磁気における電子のラブができた場の状態を表に示す。

 

14

aJ

1eV

2.154×1019J

1.423×1018J

1.233×1017J

4.499×1015J

A

2.987×1019

4.017×1019

2.655×1019

2.299×1019

8.389×1019

電磁気のエネルギー

4.785J

8.653J

3.778×102J

2.835×104J

3.774×109J

電磁気の軌道

2.577×1042

1.452×1042

3.261×1044

4.350×1046

3.267×1051

電磁気の質量エネルギー

3.484×1012J

4.685×1012J

3.095×1011J

2.682×1010J

9.785×108J

電磁気の質量エネルギー×軌道

8.976×1054J

6.676×1054J

1.011×1054J

1.166×1055J

3.196×1058J

磁気の光子のエネルギー

6.013×108J

1.087×107J

4.747×106J

3.561×104J

4.741×10J

磁気の光子の軌道

1.016×1049

5.621×1050

1.287×1051

1.716×1053

1.289×1058

磁気の光子の質量エネルギー

4.377×1020J

5.885×1020J

3.888×1019J

3.369×1018J

1.229×1015J

磁気の光子の質量エネルギー×軌道

4.448×1069Jm

3.308×1069Jm

5.007×1070Jm

5.779×1071Jm

1.584×1073Jm

電子のラブの大きさ
電磁気の軌道×8.891×105

2.291×1036

1.267×1036

2.899×1038

3.868×1040

2.905×1045

電子のラブの大きさ=4.18×1018÷A

1.399×1037

1.041×1037

1.574×1038

1.818×1039

4.983×1042

電子のラブのエネルギー=電磁気の質量エネルギー×7.028×1017

2.449×106J

3.293×106J

2.175×107J

1.885×108J

6.877×1010J

電子のラブのエネルギー=8.187×1014J×A

2.445×106J

3.289×106J

2.174×107J

1.882×108J

6.868×1010J

 

49. 陽子のラブができた場の状態はどのようであったか。
一般式を示す。
質量=1.296×1048Kg
A=3.421×1041a
電磁気のエネルギー=aJ×A3.421×1041a2J
電磁気の軌道=1.233×1041Jm÷エネルギー=1.233×1041Jm÷(3.421×1041a2J)3.604×10-83÷a2 m
電磁気の質量エネルギー=1.296×1048Kg×9×1016×A=1.166×1031J×3.421×1041a=3.989×1010aJ
電磁気の軌道エネルギー=3.604×10-83÷a2 m×3.421×1041a2J=1.233×10-41Jm
電磁気の質量エネルギー×軌道=3.989×1010aJ×3.604×10-83÷a2 m1.438×10-72÷a Jm

磁気の光子の質量=電磁気の質量÷1公転の自転数=1.296×1048Kg÷(4.34×10)2.986×10-53Kg

磁気の光子のエネルギー=電磁気のエネルギー÷1公転の自転数=電磁気のエネルギー÷(4.34×104)3.421×1041a2J÷(4.34×104) 7.882×1036a2J
磁気の光子の軌道=電磁気の軌道×3.14÷1公転の自転数=3.604×10-83÷a2 m×3.14÷(4.34×104)2.608×10-87÷a2 m
磁気の光子の質量エネルギー=2.986×10-53Kg×9×1016×A2.687×10-36J×3.421×1041a=9.194×10aJ

磁気の光子の軌道エネルギー=2.608×10-87÷a2 m×7.882×1036a2J2.056×10-50Jm
磁気の光子の質量エネルギー×軌道=9.194×10aJ×2.608×10-87÷a2 m2.398×10-81÷a Jm

陽子のラブの大きさ=電磁気の軌道×(1.289×1021)1/3=電磁気の軌道×1.088×10
陽子のラブの大きさ=地表の陽子のラブの大きさ÷A=4.18×10-18m÷A
陽子のラブのエネルギー=電磁気の質量エネルギー×1.289×1021
陽子のラブのエネルギー=地表の陽子のラブのエネルギー×A1.5×10-10J×A
この式により、各々の放出した電磁気における陽子のラブができた場の状態を理解する。

各々の放出した電磁気における陽子のラブができた場の状態を表に示す。

15

aJ

1eV

2.154×1019J

1.423×1018J

1.233×1017J

4.499×1015J

A

5.474×1022

7.367×1022

4.867×1023

4.220×1024

1.540×1027

電磁気のエネルギー

8.777×103J

1.587×104J

6.926×105J

5.203×107J

6.928×1012J

電磁気の軌道

1.405×1045

7.770×1046

1.779×1047

2.370×1049

1.780×1054

電磁気の質量エネルギー

6.390×109J

8.592×109J

5.676×108J

4.918×107J

1.795×104J

電磁気の質量エネルギー×軌道

8.976×1052Jm

6.676×1052Jm

1.011×1054Jm

1.166×1055Jm

3.196×1056Jm

磁気の光子のエネルギー

2.023×101J

3.607×101J

1.596×10J

1.198×103J

1.595×108J

磁気の光子の軌道

1.066×1049

5.521×1050

1.288×1051

1.715×1053

1.288×1058

磁気の光子の軌道エネルギー

2.055×1050Jm

2.056×1050Jm

2.056×1050Jm

2.055×1050Jm

2.054×1050Jm

磁気の光子の質量エネルギー

1.473×1013J

1.980×1013J

1.308×1012J

1.133×1011J

4.135×109J

磁気の光子の質量エネルギー×軌道

1.496×1062Jm

1.113×1062Jm

1.684×1063Jm

1.944×1064Jm

5.328×1067Jm

陽子のラブの大きさ=電磁気の軌道エネルギー×1.088×107

1.529×1038

8.454×1039

1.936×1040

2.579×1042

1.937×1047

陽子のラブの大きさ=4.18×1018÷A

7.629×1041

5.674×1041

8.588×1042

9.905×1043

2.714×1045